日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ズファジラン筋注5mgの基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
59円(0.5%1mL1管)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 過強陣痛の子宮収縮の抑制
  • 月経困難症
  • 血栓性静脈炎の末梢循環障害
  • 静脈血栓症の末梢循環障害
  • 凍傷の末梢循環障害
  • 凍瘡の末梢循環障害
  • 頭部外傷後遺症の随伴症状
  • 特発性脱疽の末梢循環障害
  • ビュルガー病の末梢循環障害
  • 閉塞性動脈硬化症の末梢循環障害
  • レイノー症候群の末梢循環障害
  • レイノー病の末梢循環障害
  • 切迫流産の子宮収縮の抑制
  • 切迫早産の子宮収縮の抑制
  • 糖尿病による末梢血管障害
注意すべき副作用
心悸亢進 、 悪心 、 嘔吐 、 血圧低下 、 顔面潮紅 、 眩暈 、 眠気 、 月経過多 、 発疹
用法・用量(主なもの)
  • 1.循環器領域の適応の重症・急性の場合には、イソクスプリン塩酸塩として1回5〜10mgを1日2〜3回筋肉内注射する
  • 2.子宮収縮の抑制には、イソクスプリン塩酸塩として1回5〜10mgを1〜2時間ごとに筋肉内注射する
  • 3.月経困難症の重症の場合には、イソクスプリン塩酸塩として1回5〜10mgを筋肉内注射する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
    • また、いずれの場合も症状がおさまったら経口投与に切り替える
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 脳出血
    • 分娩直後
    • 胎盤の早期剥離
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦

副作用

主な副作用
心悸亢進 、 悪心 、 嘔吐 、 血圧低下 、 顔面潮紅 、 眩暈 、 眠気 、 月経過多 、 発疹

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 脳出血
    • 分娩直後
    • 胎盤の早期剥離
  • 慎重投与
    • 心悸亢進
    • 低血圧
  • 注意
    • 頭蓋内出血
  • 投与に際する指示
    • 頭蓋内出血
患者の属性に応じた注意事項
  • 禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 新生児(0日〜27日)
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
β−刺激剤
本剤の作用が増強
β−遮断剤
本剤の作用が減弱

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.次記に伴う随伴症状:頭部外傷後遺症。
2.次記に伴う末梢循環障害:ビュルガー病、閉塞性動脈硬化症、血栓性静脈炎、静脈血栓症、レイノー病及びレイノー症候群、凍瘡・凍傷、特発性脱疽、糖尿病による末梢血管障害。
3.子宮収縮の抑制(切迫流産・切迫早産、過強陣痛)。
4.月経困難症。

用法・用量(添付文書全文)

1.循環器領域の適応の重症・急性の場合には、イソクスプリン塩酸塩として1回5〜10mgを1日2〜3回筋肉内注射する。
2.子宮収縮の抑制には、イソクスプリン塩酸塩として1回5〜10mgを1〜2時間ごとに筋肉内注射する。
3.月経困難症の重症の場合には、イソクスプリン塩酸塩として1回5〜10mgを筋肉内注射する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。また、いずれの場合も症状がおさまったら経口投与に切り替える。

副作用(添付文書全文)

[文献集計による(再審査対象外)]。
次記の副作用が現れることがあるので、異常が認められた場合には必要に応じ投与を中止するなど適切な処置を行う。
1.消化器:(0.1〜5%未満)悪心、嘔吐。
2.循環器:(5%以上)心悸亢進、(0.1〜5%未満)血圧低下、顔面潮紅。
3.精神神経系:(0.1〜5%未満)眩暈、眠気。
4.皮膚:(0.1%未満)発疹等。
5.その他:(0.1〜5%未満)月経過多。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
1.脳出血のある患者[症状が悪化する恐れがある]。
2.分娩直後の患者[分娩直後の出血を助長する恐れがある]。
3.胎盤の早期剥離患者[疼痛、出血、止血障害、急性貧血及びショック症状等が悪化する恐れがある]。
(慎重投与)
1.心悸亢進のある患者[心拍数、心拍出量が増大するため、症状が悪化する恐れがある]。
2.低血圧の患者[一過性の血圧低下が現れることがある]。
(重要な基本的注意)
頭蓋内出血の疑いのある患者には、止血が完成したと推定される発作後10日ないし2週間頃から投与する。
(相互作用)
併用注意:
1.β刺激薬[本剤の作用が増強される恐れがある(β受容体刺激の増強によると考えられている)]。
2.β遮断薬[本剤の作用が減弱される恐れがある(β受容体での阻害によると考えられている)]。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
妊娠12週未満の妊婦には投与しない[12週未満の投与に関する安全性は確立していない]。
(適用上の注意)
1.筋肉内注射時:筋肉内注射にあたっては、組織、神経等への影響を避けるため次記の点に注意する。
1).注射部位については、神経走行部位を避けて慎重に投与する。
2).繰り返し注射する場合には、左右交互に注射するなど、同一部位を避ける。なお、低出生体重児、新生児、乳児、幼児、小児には特に注意する。
3).注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き、部位をかえて注射する。
2.開封時:アンプルカット時の異物混入を避けるため、エタノール消毒綿等で清拭しカットする。
(その他の注意)
海外で本剤の点滴静注により、新生児に低血糖症、腸閉塞が現れたとの報告がある。
(取扱い上の注意)
本品は、「ワンポイントカットアンプル」を使用しているので、アンプル枝部のマークを上にして、反対方向に折りとる。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。