日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ジラゼプ塩酸塩錠100mg「TCK」基本情報

後発品(加算対象)

一般名:ジラゼプ塩酸塩水和物錠

製薬会社:辰巳化学

薬価・規格: 5.8円(100mg1錠) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 狭心症
  • IgA腎症の尿蛋白減少
  • 虚血性心疾患<心筋梗塞を除く>

注意すべき副作用詳しく見る

頭痛頭重感眩暈ふらつき不眠いらいら感眠気動悸頻脈熱感

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.狭心症、その他の虚血性心疾患(心筋梗塞を除く)に用いる場合には1回ジラゼプ塩酸塩水和物として50mgを1日3回経口投与する
  • 2.腎疾患に用いる場合には1回ジラゼプ塩酸塩水和物として100mgを1日3回経口投与する
  • 年齢及び症状により適宜増減する

副作用

主な副作用

頭痛頭重感眩暈ふらつき不眠いらいら感眠気動悸頻脈熱感顔面潮紅感

上記以外の副作用

胸部圧迫感胸部違和感起立性低血圧悪心嘔吐便秘腹痛下痢軟便食欲不振口渇過敏症発疹そう痒感紅斑一過性ALT上昇白血球増多苦味感易疲労感喉頭部息づまり感発汗手指の張る感じ肩こり

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 重篤な肝機能障害

患者の属性に応じた注意事項

  • 希望禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.狭心症、その他の虚血性心疾患<心筋梗塞を除く>。
    2.次記疾患における尿蛋白減少:腎機能障害軽度〜中等度のIgA腎症。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.狭心症、その他の虚血性心疾患(心筋梗塞を除く)に用いる場合には1回ジラゼプ塩酸塩水和物として50mgを1日3回経口投与する。
    2.腎疾患に用いる場合には1回ジラゼプ塩酸塩水和物として100mgを1日3回経口投与する。
    年齢及び症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.精神神経系:(頻度不明)頭痛、頭重感、眩暈、ふらつき、不眠、いらいら感、眠気。
    2.循環器:(頻度不明)動悸、頻脈、熱感、顔面潮紅感、胸部圧迫感、胸部違和感、起立性低血圧。
    3.消化器:(頻度不明)悪心・嘔吐、便秘、腹痛、下痢、軟便、食欲不振、口渇。
    4.過敏症:(頻度不明)発疹、そう痒感、紅斑。
    5.肝臓:(頻度不明)一過性ALT上昇(一過性GPT上昇)。
    6.血液:(頻度不明)白血球増多。
    7.感覚器:(頻度不明)苦味感。
    8.その他:(頻度不明)易疲労感、喉頭部息づまり感、発汗、手指の張る感じ、肩こり。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (慎重投与)
    重篤な肝機能障害のある患者[副作用として一過性ALT上昇(一過性GPT上昇)が報告されているため、肝機能障害を悪化させる恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    腎疾患への適用にあたっては次の点に留意する。
    1.腎疾患への適用にあたっては、腎機能障害が軽度〜中等度(クレアチニンクリアランスとして50mL/min以上)のIgA腎症における尿蛋白減少の目的にのみ使用する。
    2.腎疾患への適用にあたっては、適切な病型診断(腎生検、あるいは血尿、尿蛋白、腎機能等多面的な検査に基づく臨床診断)のもとで使用を開始し、経過を見ながら投与開始後6カ月を目標として、尿蛋白・腎機能等を定期的に検査し以後の投薬継続の可否を検討する。腎疾患への適用にあたっては、病態の急速な進展がみられる場合には中止又は他の療法を考慮するなど適切な処置をとる。腎疾患への適用にあたっては、尿蛋白減少が認められ、投薬継続が必要な場合は、以後定期的に尿蛋白・腎機能等を測定しながら投薬する。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    (小児等への投与)
    低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:PTP包装したものを用いた加速試験(40℃75%RH、6カ月)の結果、通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
    2. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
    3. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
    4. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
    5. HFpEFの正体はNOの異常? 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
    6. 溶連菌治療は本当にペニシリンでいいのか? かぜ診療での“困った”に答えます
    7. 腰に力が入らなくなったのは圧迫骨折のせい? AntaaQAピックアップ
    8. 医師のネット風評被害、急増中のケースは… 日経ヘルスケアon the web
    9. 好みのバーチャル医師が診察? 医師側にも意外な利… 記者の眼
    10. アナムネで困ったことBest3 こんな私も3年目 みちよのナース道
    医師と医学研究者におすすめの英文校正