日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

カタプレス錠150μgの基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
8.4円(0.15mg1錠)
添付文書

基本情報

薬効分類
α2刺激薬(高血圧治療薬)

中枢の交感神経α2受容体を刺激し、末梢における交感神経の活動を抑えることで、血管を拡張させ血圧を下げる薬

α2刺激薬(高血圧治療薬)
  • アルドメット
  • カタプレス
  • ワイテンス
効能・効果
  • 腎性高血圧症
  • 本態性高血圧症
注意すべき副作用
眩暈 、 不安 、 倦怠感 、 起立性低血圧 、 蒼白 、 レイノー様症状 、 悪心 、 食欲不振 、 下痢 、 便秘
用法・用量(主なもの)
  • 1回クロニジン塩酸塩として0.075mg〜0.150mgを1日3回経口投与する
    • なお、症状により適宜増減する
  • 重症の高血圧症には1回0.3mgを1日3回投与する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用
眩暈 、 不安 、 倦怠感 、 起立性低血圧 、 蒼白 、 レイノー様症状 、 悪心 、 食欲不振 、 下痢 、 便秘 、 心窩部膨満感
重大な副作用
幻覚 、 錯乱
上記以外の副作用
胸やけ 、 陰萎 、 過敏症 、 発疹 、 そう痒 、 鼻閉 、 血管神経性浮腫 、 口渇 、 眠気 、 鎮静作用 、 疲労感 、 徐脈 、 見当識障害 、 腹痛 、 眼乾燥 、 血糖値上昇

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • 著しい洞性徐脈
    • 虚血性心疾患
    • 高血圧以外の原因による心不全
    • 腎障害
    • 脳血管障害
    • 脳梗塞
    • 発熱
    • 高度徐脈
    • うっ血性心不全
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
中枢抑制剤
鎮静作用が増強
エタノール摂取
鎮静作用が増強
β−遮断剤
本剤の投与中止後のリバウンド現象が強められる
飲食物との相互作用
  • アルコールを含むもの<ジン、ウオッカ、ラム、ウイスキー、ブランデー など>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

各種高血圧症(本態性高血圧症、腎性高血圧症)。

用法・用量(添付文書全文)

1回クロニジン塩酸塩として0.075mg〜0.150mgを1日3回経口投与する。なお、症状により適宜増減する。重症の高血圧症には1回0.3mgを1日3回投与する。

副作用(添付文書全文)

国内調査症例8,074例(承認時及び再評価調査結果)中副作用が報告されたのは2,637件(32.66%)であった。主な副作用は口渇1,537件(19.04%)、眠気・鎮静492件(6.09%)、眩暈320件(3.96%)、倦怠・脱力感81件(1.00%)等であった。また、臨床検査値においては特に一定の傾向を示す変動は認められていない。
1.重大な副作用
1).幻覚:まれに幻覚が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には、適切な処置を行う。
2).錯乱:患者の状態に十分注意し、このような症状が現れた場合には、適切な処置を行う。
2.その他の副作用:次のような副作用が現れた場合には、症状に応じて適切な処置を行う。
1).精神神経系:(5%以上又は頻度不明)眠気、鎮静作用、疲労感、(0.1〜5%未満)不安、眩暈、倦怠感、(0.1%未満)見当識障害。
2).循環器:(5%以上又は頻度不明)徐脈、(0.1〜5%未満)起立性低血圧、蒼白・レイノー様症状。
3).消化器:(5%以上又は頻度不明)口渇、(0.1〜5%未満)悪心、食欲不振、下痢、便秘、心窩部膨満感、胸やけ、(0.1%未満)腹痛。
4).泌尿・生殖器:(0.1〜5%未満)陰萎。
5).過敏症:(0.1〜5%未満)発疹、そう痒[発現した場合には、投与を中止する]。
6).その他:(0.1〜5%未満)鼻閉、血管神経性浮腫、(0.1%未満)眼乾燥、血糖値上昇。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
(慎重投与)
1.腎障害のある患者[急激な降圧により腎機能を悪化させることがある]。
2.虚血性心疾患又は高血圧以外の原因による心不全のある患者[急激な降圧により心機能を悪化させることがある]。
3.虚血性心疾患及びうっ血性心不全の既往歴のある患者[急激な降圧により心機能を悪化させることがある]。
4.脳梗塞又は脳血管障害のある患者[急激な降圧により症状を悪化させることがある]。
5.高度徐脈(著しい洞性徐脈)のある患者[症状を悪化させることがある]。
6.発熱患者[血圧、心機能等に著明な変化を来す恐れがある]。
7.高齢者。
(重要な基本的注意)
1.ときに起立性低血圧が現れることがあるので、臥位のみならず、立位又は座位で血圧測定を行い、体位変換による血圧変化を考慮し、座位にて血圧をコントロールする。
2.本剤を投与している患者で急に投与を中止すると、まれに血圧上昇、神経過敏、頻脈、不安感、頭痛等の血圧リバウンド現象が現れることがあるので、投与を中止しなければならない場合には、高血圧治療で、一般に行われているように、投与量を徐々に減らす。
3.鎮静作用により反射運動等が減弱されることがあるので、高所作業、自動車の運転等危険を伴う作業に注意させる。
(相互作用)
併用注意:
1.中枢神経抑制剤、アルコール[鎮静作用が増強されることがある(本剤との併用により相加的に鎮静作用が増強される)]。
2.β遮断剤[本剤の投与中止後のリバウンド現象が強められる可能性があるので、本剤の投与を中止する場合には、β遮断剤を先に中止し、数日間経過を観察した後、本剤の投与を中止する(本剤はノルエピネフリンの遊離を抑制するため、急激な中止により血中ノルエピネフリンの上昇が起こり、β遮断剤の併用時は、β受容体が遮断されているため、ノルエピネフリンのα受容体刺激作用が増強され、血圧が急激に上昇する)]。
(高齢者への投与)
高齢者では一般に過度の降圧は好ましくないとされている(脳梗塞等が起こる恐れがある)ので、低用量から投与を開始するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない、また、本剤は胎盤を通過することが報告されている]。
2.授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせる[ヒト母乳中へ移行することが報告されている]。
(小児等への投与)
低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。
(過量投与)
1.症状:過量投与した場合、交感神経抑制によって一般的に認められる瞳孔収縮、嗜眠、徐脈、低血圧、低体温、昏睡、無呼吸等の症状が発現する。また、過量投与した場合、末梢のα1受容体の刺激による血圧上昇が起こる可能性もある。
2.処置:過量投与時には、注意深くモニタリングし、必要に応じて対症療法を行う。
(適用上の注意)
薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
(保管上の注意)
気密容器。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。