日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

タナドーパ顆粒75%の基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
386.5円(75%1g)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 循環不全のドパミン塩酸塩注射液の少量静脈内持続点滴療法から経口剤への早期離脱
  • 循環不全のドブタミン塩酸塩注射液の少量静脈内持続点滴療法から経口剤への早期離脱
注意すべき副作用
動悸 、 心室性期外収縮 、 頻脈 、 食欲不振 、 悪心 、 胃不快感 、 嘔吐 、 心房細動 、 肝機能障害 、 心室頻拍
用法・用量(主なもの)
  • ドカルパミンとして1日量2250mg(本剤3g)を3回に分けて経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 褐色細胞腫
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 授乳婦

副作用

主な副作用
動悸 、 心室性期外収縮 、 頻脈 、 食欲不振 、 悪心 、 胃不快感 、 嘔吐 、 心房細動 、 過敏症 、 発疹 、 血小板減少
重大な副作用
肝機能障害 、 心室頻拍 、 不整脈 、 AST上昇 、 ALT上昇 、 Al−P上昇 、 LDH上昇 、 γ−GTP上昇 、 黄疸
上記以外の副作用
眩暈

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 褐色細胞腫
  • 慎重投与
    • 肥大型閉塞性心筋症
    • 特発性肥厚性大動脈弁下狭窄
患者の属性に応じた注意事項
  • 原則禁止
    • 授乳婦
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
フェノチアジン系薬剤
本剤の腎動脈血流量増加等の作用が減弱
クロルプロマジン
本剤の腎動脈血流量増加等の作用が減弱
ブチロフェノン系製剤
本剤の腎動脈血流量増加等の作用が減弱
ハロペリドール
本剤の腎動脈血流量増加等の作用が減弱
ドロペリドール
本剤の腎動脈血流量増加等の作用が減弱
モノアミン酸化酵素阻害剤
本剤の作用が増強かつ延長

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

ドパミン塩酸塩注射液、ドブタミン塩酸塩注射液等の少量静脈内持続点滴療法(5μg/kg/min未満)からの離脱が困難な循環不全で、少量静脈内持続点滴療法から経口剤への早期離脱を必要とする場合。

用法・用量(添付文書全文)

ドカルパミンとして1日量2250mg(本剤3g)を3回に分けて経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

副作用(添付文書全文)

臨床試験(治験):総症例516例中、副作用が報告されたのは14例(2.71%)であり、主な副作用は、動悸3例(0.58%)、心室性期外収縮2例(0.39%)、上室性頻脈2例(0.39%)、食欲不振2例(0.39%)等であった。
使用成績調査(承認時〜再審査終了時):総症例2,995例中、副作用が報告されたのは94例(3.14%)で、主な副作用は、悪心24例(0.80%)、食欲不振12例(0.40%)、胃不快感10例(0.33%)、嘔吐10例(0.33%)、心房細動9例(0.30%)、心室性期外収縮8例(0.27%)、肝機能障害6例(0.20%)等であった。
小児特別調査及び使用成績調査の小児患者(15歳未満)173例中、副作用が報告されたのは5例(2.89%)で、嘔吐1例(0.58%)、苦味1例(0.58%)、頻脈1例(0.58%)、肝機能障害1例(0.58%)、BUN上昇・血清カリウム上昇1例(0.58%)であった。
1.重大な副作用
1).心室頻拍(1%未満)等の不整脈が現れることがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には、抗不整脈剤を投与するなど適切な処置を行う。
2).AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al−P上昇、LDH上昇、γ−GTP上昇等を伴う肝機能障害(1%未満)や黄疸(0.1%未満)が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
2.その他の副作用:副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
1).過敏症:(0.1〜5%未満)発疹。
2).循環器:(0.1〜5%未満)頻脈、心室性期外収縮、心房細動等の不整脈、動悸。
3).精神神経系:(0.1%未満)眩暈。
4).消化器:(0.1〜5%未満)悪心、嘔吐、食欲不振、胃不快感。
5).血液:(頻度不明)血小板減少。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
褐色細胞腫の患者[褐色細胞腫の患者では血中にカテコラミンが過剰に分泌されているので、ドパミン産生物質を投与すると、一層の過剰反応が起こったり、期待した効果が得られない恐れがある]。
(慎重投与)
肥大型閉塞性心筋症(特発性肥厚性大動脈弁下狭窄)の患者[心収縮力増強作用により、左室流出障害を増強させる恐れがある]。
(重要な基本的注意)
1.ドパミン塩酸塩注射液、ドブタミン塩酸塩注射液等の少量静脈内持続点滴療法(5μg/kg/min未満)が行われている時期(発症後約1週間)において、点滴剤からの早期離脱を必要とする場合に本剤に切り替える。
2.本剤の切り替え投与に当たっては、血圧低下、尿量減少、呼吸困難、倦怠感、脈拍変動等に注意し、切り替えが困難と考えられる場合はもとの点滴療法にもどす。
3.治療に当たっては、経過を十分に観察し、病状に応じ、治療上必要最小限の使用にとどめる。なお、長期の使用経験は十分でないので、長期の維持療法には用いないことが望ましい。
(相互作用)
併用注意:
1.フェノチアジン系誘導体(クロルプロマジン)、ブチロフェノン系誘導体(ハロペリドール、ドロペリドール等)[本剤の腎動脈血流量増加等の作用が減弱することがあるので、併用する場合には、用量に注意する(フェノチアジン系薬剤、ブチロフェノン系薬剤のドパミン受容体遮断作用により、本剤の腎血流増加作用を減弱させる)]。
2.MAO阻害剤[本剤の作用が増強かつ延長する恐れがあるので、異常が認められた場合には、本剤を減量するなど適切な処置を行う(本剤の代謝が阻害され、作用<血圧上昇等>を増強させる)]。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では生理機能が低下していることが多く、副作用が現れやすいので、患者の状態を観察しながら、慎重に投与する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[動物実験(ラット)で出産仔毒性(発育抑制)が報告されている]。
2.授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させる[動物実験(ラット)で血清プロラクチン低下及び動物実験(ラット)で乳汁中への移行が認められている]。
(小児等への投与)
小児等に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。
(保管上の注意)
開封後防湿。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。