日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ジプロフィリン注300mg「日医工」の基本情報

後発品(加算対象)
一般名
製薬会社
薬価・規格
51円(15%2mL1管)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 気管支喘息
  • 喘息性<様>気管支炎
  • うっ血性心不全
注意すべき副作用
ショック 、 痙攣 、 意識障害 、 譫妄 、 昏睡 、 急性脳症 、 横紋筋融解症 、 CK上昇 、 CPK上昇 、 頭痛
用法・用量(主なもの)
  • ジプロフィリンとして1回300〜600mgを、筋肉内、静脈内又は皮下注射する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 重篤な副作用

副作用

主な副作用
頭痛 、 不眠 、 心悸亢進 、 悪心 、 嘔吐 、 食欲不振 、 腹痛 、 下痢
重大な副作用
ショック 、 痙攣 、 意識障害 、 譫妄 、 昏睡 、 急性脳症 、 横紋筋融解症 、 CK上昇 、 CPK上昇

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 重篤な副作用
  • 慎重投与
    • 急性腎炎
    • 急性心筋梗塞
    • 甲状腺機能亢進症
    • 重篤な心筋障害
    • てんかん
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 幼児・小児
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)
    • 小児(0歳〜14歳)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
キサンチン系薬剤
過度の中枢神経刺激作用
テオフィリン
過度の中枢神経刺激作用
アミノフィリン製剤
過度の中枢神経刺激作用
コリンテオフィリン
過度の中枢神経刺激作用
カフェイン
過度の中枢神経刺激作用
中枢興奮剤
過度の中枢神経刺激作用
エフェドリン塩酸塩
過度の中枢神経刺激作用
エフェドリン含有製剤
過度の中枢神経刺激作用
飲食物との相互作用
  • カフェインを含むもの<コーヒー、日本茶、紅茶、コーラ、チョコレート など>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

うっ血性心不全、気管支喘息、喘息性<様>気管支炎。

用法・用量(添付文書全文)

ジプロフィリンとして1回300〜600mgを、筋肉内、静脈内又は皮下注射する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
1.重大な副作用(頻度不明)
ショック:ショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
2.重大な副作用(類薬)
1).痙攣、意識障害:類薬(テオフィリン)で痙攣又は譫妄、昏睡等の意識障害が現れることが報告されているので、抗痙攣剤の投与等適切な処置を行う。
2).急性脳症:類薬(テオフィリン)で痙攣、意識障害等に引き続き急性脳症に至ることが報告されているので、このような症状が現れた場合は、投与を中止し、抗痙攣剤の投与等適切な処置を行う。
3).横紋筋融解症:類薬(テオフィリン)で横紋筋融解症が現れることが報告されているので、CK上昇(CPK上昇)等に注意する。
3.その他の副作用(頻度不明)
1).精神神経系:頭痛、不眠。
2).循環器:心悸亢進。
3).消化器:悪心・嘔吐、食欲不振、腹痛、下痢。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤又は他のキサンチン系薬剤に対し重篤な副作用の既往歴のある患者。
(慎重投与)
1.急性心筋梗塞、重篤な心筋障害のある患者[心筋刺激作用を有するため、症状を悪化させる恐れがある]。
2.てんかんの患者[中枢刺激作用によって発作を起こす恐れがある]。
3.甲状腺機能亢進症の患者[甲状腺機能亢進に伴う代謝亢進、カテコールアミンの作用を増強する恐れがある]。
4.急性腎炎の患者[腎臓に対する負荷を高め、尿蛋白が増加する恐れがある]。
5.高齢者。
6.小児[本剤の副作用が現れやすい]。
(相互作用)
併用注意:他のキサンチン系薬剤(テオフィリン、アミノフィリン水和物、コリンテオフィリン、カフェイン水和物等)、中枢神経興奮薬(エフェドリン塩酸塩、マオウ等)[過度の中枢神経刺激作用が現れることがあるので、副作用の発現に注意し、異常が認められた場合は減量又は投与を中止するなど適切な処置を行う(併用により中枢神経刺激作用が増強される)]。
(高齢者への投与)
本剤は、主として腎臓から排泄されるが、高齢者では腎機能が低下していることが多いため、高い血中濃度が持続する恐れがあるので、慎重に投与する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[類薬(テオフィリン)の動物実験(マウス、ラット、ウサギ)で催奇形作用等の生殖毒性が報告されている]。
(小児等への投与)
副作用が現れやすいので慎重に投与する。
(適用上の注意)
1.投与速度:本剤を急速に静脈内注射すると、前記の副作用のほか、顔面潮紅、熱感、不整脈、まれにショック等が現れることがあるので、ゆっくり注射する。
2.筋肉内注射時:筋肉内に投与する場合には、組織・神経などへの影響を避けるため、次記の点に注意する。
1).筋肉内注射時同一部位への反復注射は避ける。なお、新生児、低出生体重児、乳児、小児には特に注意する。
2).筋肉内注射時神経走行部位を避けるよう注意する。
3).注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き、部位を変えて注射する。
3.アンプルカット時:本品はワンポイントアンプルであるが、アンプルのカット部分をエタノール綿等で清拭してからカットすることが望ましい。
(取扱い上の注意)
安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験の結果、ジプロフィリン注300mg「日医工」は通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。