日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

モノフィリン原末の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
13.8円(1g)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 気管支喘息
  • 喘息性<様>気管支炎
  • うっ血性心不全
注意すべき副作用
頭痛 、 不眠 、 心悸亢進 、 悪心 、 嘔吐 、 食欲不振 、 腹痛 、 下痢 、 ショック 、 痙攣
用法・用量(主なもの)
  • プロキシフィリンとして、通常成人1日200〜300mgを2〜3回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

主な副作用
頭痛 、 不眠 、 心悸亢進 、 悪心 、 嘔吐 、 食欲不振 、 腹痛 、 下痢 、 過敏症 、 発疹
重大な副作用
ショック 、 痙攣 、 意識障害 、 せん妄 、 昏睡 、 急性脳症 、 横紋筋融解症 、 脱力感 、 筋肉痛 、 CK上昇 、 急性腎障害

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 重篤な副作用
  • 注意
    • 急性腎炎
    • 甲状腺機能亢進症
    • てんかん
患者の属性に応じた注意事項
  • 希望禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 授乳婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
    • 小児等(0歳〜14歳)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
キサンチン系薬剤
過度の中枢神経刺激作用
テオフィリン
過度の中枢神経刺激作用
コリンテオフィリン
過度の中枢神経刺激作用
ジプロフィリン
過度の中枢神経刺激作用
カフェイン
過度の中枢神経刺激作用
中枢興奮剤
過度の中枢神経刺激作用
ハロタン
頻脈・心室性細動等の不整脈
飲食物との相互作用
  • カフェインを含むもの<コーヒー、日本茶、紅茶、コーラ、チョコレート など>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

気管支喘息、喘息性<様>気管支炎、うっ血性心不全。

用法・用量(添付文書全文)

プロキシフィリンとして、通常成人1日200〜300mgを2〜3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

副作用(添付文書全文)

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.1. 重大な副作用
11.1.1. ショック(頻度不明)。
11.1.2. 痙攣、意識障害(頻度不明):痙攣又はせん妄、昏睡等の意識障害があらわれることがあるので、抗痙攣剤の投与等適切な処置を行うこと。
11.1.3. 急性脳症(頻度不明):痙攣、意識障害等に引き続き急性脳症に至ることがあるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、抗痙攣剤の投与等適切な処置を行うこと。
11.1.4. 横紋筋融解症(頻度不明):脱力感、筋肉痛、CK上昇等に注意し、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うとともに横紋筋融解症による急性腎障害の発症に注意すること。
11.2. その他の副作用
1). 精神神経系:(0.1〜5%未満)頭痛、不眠。
2). 循環器:(0.1〜5%未満)心悸亢進。
3). 消化器:(0.1〜5%未満)悪心・嘔吐、食欲不振、腹痛、下痢。
4). 過敏症:(頻度不明)発疹。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤、又は他のキサンチン系薬剤に対し、重篤な副作用の既往歴のある患者。
(特定の背景を有する患者に関する注意)
(合併症・既往歴等のある患者)
9.1.1. てんかんの患者:中枢刺激作用によって発作を起こすおそれがある。
9.1.2. 甲状腺機能亢進症の患者:甲状腺機能亢進に伴う代謝亢進、カテコールアミンの作用を増強するおそれがある。
9.1.3. 急性腎炎の患者:腎臓に対する負荷を高め尿蛋白が増加するおそれがある。
(妊婦)
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には投与しないことが望ましい。
(授乳婦)
治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること。
(小児等)
小児等を対象とした臨床試験は実施していない。
(高齢者)
本剤は主として腎臓から排泄されるが、高齢者では腎機能が低下していることが多いため、高い血中濃度が持続するおそれがある。
(相互作用)
10.2. 併用注意:
1). 他のキサンチン系薬剤(テオフィリン、コリンテオフィリン、ジプロフィリン、カフェイン等)、中枢神経興奮薬[過度の中枢神経刺激作用があらわれることがあるので、これらの薬剤とは併用しないことが望ましいが、やむをえず併用する場合には減量するなど慎重に投与すること(キサンチン系薬剤の中枢神経興奮作用が、併用により増強されることがある)]。
2). ハロタン[頻脈・心室性細動等の不整脈を起こすおそれがある(本剤の血中濃度が上昇することがある)]。
(保管上の注意)
室温保存。

処方薬事典は、日経メディカル Onlineが配信する医療・医薬関係者向けのコンテンツです。一般の方もご覧いただけますが、内容に関するご質問にはお答えできません。服用中の医薬品についてはかかりつけの医師や薬剤師にご相談ください。