日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

トラベルミン注の基本情報

基本情報

効能・効果
  • 動揺病の悪心
  • 動揺病の嘔吐
  • 動揺病のめまい
  • メニエール症候群の悪心
  • メニエール症候群の嘔吐
  • メニエール症候群のめまい
注意すべき副作用
眠気 、 倦怠感 、 手足のしびれ感 、 頭重感 、 めまい 、 口渇 、 過敏症 、 発疹 、 動悸 、 神経過敏
用法・用量(主なもの)
  • 通常成人1回1mL(1管)を皮下又は筋肉内に注射する
    • なお、必要により適宜増減する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 下部尿路に閉塞性疾患
    • 前立腺肥大
    • 閉塞隅角緑内障

副作用

主な副作用
眠気 、 倦怠感 、 手足のしびれ感 、 頭重感 、 めまい 、 口渇 、 過敏症 、 発疹 、 動悸 、 神経過敏 、 頭痛
上記以外の副作用
悪心 、 嘔吐 、 下痢

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 下部尿路に閉塞性疾患
    • 前立腺肥大
    • 閉塞隅角緑内障
  • 注意
    • 開放隅角緑内障
    • 急性腎炎
    • 急性心筋梗塞
    • 甲状腺機能亢進症
    • てんかん
    • 重度心筋障害
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 授乳婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 低出生体重児(0日〜27日)
    • 新生児(0日〜27日)
    • 小児等(0歳〜14歳)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
中枢抑制剤
相互に作用を増強
バルビツール酸誘導体
相互に作用を増強
フェノチアジン系薬剤
相互に作用を増強
エタノール摂取
相互に作用を増強
モノアミン酸化酵素阻害剤
相互に作用を増強
キサンチン系薬剤
過度の中枢神経刺激作用
テオフィリン
過度の中枢神経刺激作用
アミノフィリン製剤
過度の中枢神経刺激作用
コリンテオフィリン
過度の中枢神経刺激作用
カフェイン
過度の中枢神経刺激作用
中枢興奮剤
過度の中枢神経刺激作用
エフェドリン塩酸塩
過度の中枢神経刺激作用
エフェドリン含有製剤
過度の中枢神経刺激作用
飲食物との相互作用
  • アルコールを含むもの<ジン、ウオッカ、ラム、ウイスキー、ブランデー など>
  • カフェインを含むもの<コーヒー、日本茶、紅茶、コーラ、チョコレート など>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

次記の疾患又は状態に伴う悪心・嘔吐・めまい:動揺病、メニエール症候群。

用法・用量(添付文書全文)

通常成人1回1mL(1管)を皮下又は筋肉内に注射する。
なお、必要により適宜増減する。

副作用(添付文書全文)

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.2. その他の副作用
1). 過敏症:(頻度不明)発疹。
2). 循環器:(頻度不明)動悸。
3). 精神神経系:(5%以上)眠気、倦怠感、(0.1〜5%未満)手足のしびれ感、頭重感、めまい、(頻度不明)神経過敏、頭痛。
4). 消化器:(0.1〜5%未満)口渇、(頻度不明)悪心・嘔吐、下痢。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
2.1. 閉塞隅角緑内障の患者[抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがある]。
2.2. 前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある患者[抗コリン作用により、排尿困難、尿閉等があらわれるおそれがある]。
(重要な基本的注意)
8.1. 眠気を催すことがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作には従事させないように十分注意すること。
(特定の背景を有する患者に関する注意)
(合併症・既往歴等のある患者)
9.1.1. 開放隅角緑内障の患者:抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがある。
9.1.2. 急性心筋梗塞、重度心筋障害のある患者:心筋刺激作用を有するため症状を悪化させるおそれがある。
9.1.3. てんかんの患者:中枢刺激作用によって発作を起こすおそれがある。
9.1.4. 甲状腺機能亢進症の患者:甲状腺機能亢進に伴う代謝亢進、カテコールアミンの作用を増強するおそれがある。
(腎機能障害患者)
9.2.1. 急性腎炎の患者:腎臓に対する負荷を高めるおそれがある。
(妊婦)
治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
(授乳婦)
授乳しないことが望ましい(動物実験(ラット)で乳汁中に移行することが認められており、ヒトでは哺乳中の児において昏睡が認められたとの報告がある)。
(小児等)
9.7.1. 小児等を対象とした臨床試験は実施していない。
9.7.2. 低出生体重児、新生児に使用する場合には十分注意すること。外国において、ベンジルアルコールの静脈内大量投与(99〜234mg/kg)により、中毒症状(あえぎ呼吸、アシドーシス、痙攣等)が低出生体重児に発現したとの報告がある(本剤は添加剤としてベンジルアルコールを含有している)。
(高齢者)
減量するなど注意すること(一般に生理機能が低下している)。
(相互作用)
10.2. 併用注意:
1). 中枢神経抑制剤(バルビツール酸誘導体、フェノチアジン誘導体等)、アルコール[本剤はジフェンヒドラミン塩酸塩を含有しているため、相互に作用を増強することがあるので、併用する場合は減量するなど慎重に投与すること(相加的に中枢神経抑制作用を増強する)]。
2). モノアミン酸化酵素阻害剤[本剤はジフェンヒドラミン塩酸塩を含有しているため、相互に作用を増強することがあるので、併用する場合は減量するなど慎重に投与すること(本剤の解毒機構に干渉し、作用を遷延化し増強する)]。
3). 他のキサンチン系薬剤(テオフィリン、アミノフィリン水和物、コリンテオフィリン、カフェイン水和物等)、中枢神経興奮薬(エフェドリン塩酸塩、マオウ等)[本剤はジプロフィリンを含有しているため、過度の中枢神経刺激作用があらわれることがあるので、副作用の発現に注意し、異常が認められた場合には減量又は投与を中止するなど適切な処置を行うこと(併用により中枢神経刺激作用が増強される)]。
(適用上の注意)
14.1. 薬剤投与時の注意
14.1.1. 皮下又は筋肉内注射にのみ使用すること。
14.1.2. 注射部位に発赤、硬結等があらわれることがある。
14.1.3. 筋肉内に投与する場合は、組織・神経などへの影響を避けるため、次の点に注意すること。
・ 筋肉内投与時同一部位への反復注射は避けること。なお、小児等には特に注意すること。
・ 筋肉内投与時神経走行部位を避けるよう注意すること。
・ 注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり血液の逆流を見た場合には、直ちに針を抜き、部位をかえて注射すること。
(保管上の注意)
室温保存。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。