日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

クロモグリク酸Na点鼻液2%「トーワ」基本情報

後発品(加算対象)

一般名:クロモグリク酸ナトリウム液

製薬会社:東和薬品

薬価・規格: 284.6円(190mg9.5mL1瓶) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

抗アレルギー薬(点鼻薬)詳しく見る

  • 鼻粘膜におけるアレルギー反応を抑えることで、くしゃみ、鼻水などのアレルギー症状を抑える薬
抗アレルギー薬(点鼻薬)の代表的な商品名
  • ザジテン
  • リボスチン
  • インタール

効能・効果詳しく見る

  • アレルギー性鼻炎

注意すべき副作用詳しく見る

アナフィラキシー様症状呼吸困難血管浮腫蕁麻疹過敏症発疹鼻内刺激感鼻出血頭痛

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日6回(起床時、日中約3時間毎に4回、就寝前)、1回各鼻腔に1噴霧(クロモグリク酸ナトリウムとして2.6mg)ずつ、本剤専用の鼻用定量噴霧器を用いて噴霧吸入する
  • 症状の緩解が得られれば、その後の経過を観察しながら減量する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

過敏症発疹鼻内刺激感鼻出血頭痛

重大な副作用

アナフィラキシー様症状呼吸困難血管浮腫蕁麻疹

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    アレルギー性鼻炎。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日6回(起床時、日中約3時間毎に4回、就寝前)、1回各鼻腔に1噴霧(クロモグリク酸ナトリウムとして2.6mg)ずつ、本剤専用の鼻用定量噴霧器を用いて噴霧吸入する。症状の緩解が得られれば、その後の経過を観察しながら減量する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.重大な副作用(頻度不明)
    アナフィラキシー様症状:アナフィラキシー様症状(呼吸困難、血管浮腫、蕁麻疹等)が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    1).過敏症:発疹[発現した場合には投与を中止する]。
    2).鼻腔:鼻内刺激感、鼻出血。
    3).その他:頭痛。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[動物実験(ウサギ、マウス)で母体に毒性が現れる大量の注射により胎仔毒性(胎仔吸収、胎仔体重減少等)の報告がある]。
    (適用上の注意)
    1.投与法:本剤は保管袋に記載の図に従って噴霧吸入させる(内服しても効果はみられない)。
    2.投与経路:鼻腔内噴霧用にのみ使用する。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 脳卒中って、そんなに分かりにくいですか? うさコメント!
    2. 日本の医療訴訟、診断エラーが原因は39.3% 学会トピック◎第19回日本病院総合診療医学会学術総会
    3. 死亡診断書の「死亡場所」の整理に異議あり! 記者の眼
    4. 【動画】待合室から診察は始まる(前編) 國松淳和の「患者を磁石のように惹き付ける初診外来術」
    5. ゾフルーザ低感受性、小児例で症状が長引く傾向 インフルエンザ診療Next:トピックス
    6. 栄養補給の「ギアチェンジ」のタイミングは? 平方眞の「看取りの技術」
    7. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
    8. 2020年度診療報酬改定に向け第2ラウンド開始 シリーズ◎2020診療報酬改定
    9. その精神科診断は必要か 宮岡等の「精神科医のひとりごと」
    10. バスキアの描く頭部が「ドクロ」や「仮面」に似てい… 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編
    医師と医学研究者におすすめの英文校正