日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

レボカバスチン塩酸塩点眼液0.025%「TOA」基本情報

後発品(加算対象)

一般名:レボカバスチン塩酸塩液

製薬会社:東亜薬品

薬価・規格: 73.4円(0.025%1mL) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

抗アレルギー薬(点眼薬)詳しく見る

  • 目におけるアレルギー反応を抑えることで、目のかゆみや充血などのアレルギー症状を抑える薬
抗アレルギー薬(点眼薬)の代表的な商品名
  • アレジオン
  • パタノール
  • リボスチン
  • ケタス
  • リザベン
  • インタール

効能・効果詳しく見る

  • アレルギー性結膜炎

注意すべき副作用詳しく見る

ショックアナフィラキシー呼吸困難顔面浮腫眼瞼炎眼刺激角膜上皮障害角膜糜爛点状表層角膜炎結膜充血

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1回1〜2滴を1日4回(朝、昼、夕方及び就寝前)点眼する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 授乳婦

副作用

主な副作用

眼瞼炎眼刺激角膜上皮障害角膜糜爛点状表層角膜炎結膜充血霧視霧視感眼そう痒感結膜炎眼脂

重大な副作用

ショックアナフィラキシー呼吸困難顔面浮腫

上記以外の副作用

眼球乾燥感羞明流涙眼瞼浮腫眼痛血管神経性浮腫接触皮膚炎蕁麻疹動悸頭痛眠気

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症

患者の属性に応じた注意事項

  • 原則禁止
    • 授乳婦
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
オキシメタゾリン 本剤の吸収が低下

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    アレルギー性結膜炎。

    用法・用量(添付文書全文)

    1回1〜2滴を1日4回(朝、昼、夕方及び就寝前)点眼する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、副作用発現頻度は不明である。
    1.重大な副作用(頻度不明)
    ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキシー(呼吸困難、顔面浮腫等)が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    1).眼:眼瞼炎、眼刺激、角膜上皮障害(角膜糜爛、点状表層角膜炎等)、結膜充血、霧視(霧視感)、眼そう痒感、結膜炎、眼脂、眼球乾燥感、羞明、流涙、眼瞼浮腫、眼痛。
    2).免疫系:血管神経性浮腫。
    3).皮膚:接触皮膚炎、蕁麻疹。
    4).循環器:動悸。
    5).精神神経系:頭痛、眠気。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (重要な基本的注意)
    本剤はベンザルコニウム塩化物を含有するため、含水性ソフトコンタクトレンズ装用時の点眼は避ける。
    (相互作用)
    併用注意:オキシメタゾリン[本剤の吸収が低下する可能性がある(機序不明)]。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[動物実験(ラット)で、レボカバスチン80mg/kg経口投与(臨床投与量の33000倍以上に相当)により、胎仔死亡及び催奇形性(多指、水頭、過剰中足骨及び無眼球)が報告されている]。
    2.ヒト母乳中へ移行することが報告されているので、授乳中の婦人への投与は避け、やむを得ず投与する場合は、授乳を中止させる。
    (小児等への投与)
    低出生体重児、新生児、乳児、幼児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:点眼用にのみ使用する。
    2.投与時
    1).本剤は懸濁液のため、使用の際にはその都度容器をよく振盪するよう指導する。
    2).点眼したときに液が眼瞼皮膚等についた場合は、すぐにふき取るよう指導する。
    3).薬液汚染防止のため、点眼のとき、容器の先端が直接目に触れないように注意するよう指導する。
    (その他の注意)
    本剤の保存剤であるベンザルコニウム塩化物による過敏症が知られている。
    (取扱い上の注意)
    1.本剤は、保管の仕方によっては振り混ぜても粒子が分散しにくくなる場合があるので、上向きに保管する。
    2.小児の手の届かない所に保管する。
    3.安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(25℃、60%RH、3年)の結果、通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 要注意!A/H1N1pdm09ウイルスに変化の兆… インフルエンザ診療Next:トピックス
    2. あなたの知らないゴッホ 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編
    3. 「抗菌薬不足」に解決策はあるか? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《7》
    4. 「薬が自由に使えない」をどう思いますか? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《8》
    5. 寝返りができるまで離乳してはいけない? 泣かせない小児診療ABC
    6. 高齢者の飲酒量は認知機能に関係するか? JAMA Network Open誌から
    7. マッチング最終、市中病院マッチ者が6割超 【2019年度】フルマッチの大学は10校も、市中病院人気が加速
    8. サクビトリル・バルサルタンの国内治験成績発表 学会トピック◎第23回日本心不全学会学術集会
    9. 52歳男性。両腋窩の紅色びらん面と陰股部・臍部の… 日経メディクイズ●皮膚
    10. 糖尿病領域の注目すべき最新エビデンスを吟味 記者の眼
    医師と医学研究者におすすめの英文校正