日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ブロナック点眼液0.1%基本情報

先発品(後発品あり)

一般名:ブロムフェナクナトリウム水和物液

製薬会社:千寿製薬

薬価・規格: 99.6円(0.1%1mL) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

非ステロイド性抗炎症薬(点眼薬)詳しく見る

  • シクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素を阻害し、炎症などを引き起こす体内物質プロスタグランジン(PG)の生成を抑え炎症や痛みなどを抑えることで、主に結膜炎や眼手術時などに使われる薬
非ステロイド性抗炎症薬(点眼薬)の代表的な商品名
  • ジクロード
  • ニフラン
  • ブロナック
  • ネバナック

効能・効果詳しく見る

  • 眼瞼炎の対症療法
  • 強膜炎の対症療法
  • 結膜炎の対症療法
  • 術後炎症の対症療法
  • 上強膜炎の対症療法
  • 外眼部の炎症性疾患の対症療法
  • 前眼部の炎症性疾患の対症療法

注意すべき副作用詳しく見る

角膜糜爛結膜炎眼瞼炎眼痛[一過性]点状表層角膜炎眼刺激感眼そう痒感角膜潰瘍角膜穿孔角膜上皮障害

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1回1〜2滴、1日2回点眼する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

角膜糜爛結膜炎眼瞼炎眼痛[一過性]点状表層角膜炎眼刺激感眼そう痒感過敏症接触性皮膚炎角膜上皮剥離熱感[眼瞼]

重大な副作用

角膜潰瘍角膜穿孔角膜上皮障害

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • 角膜上皮障害

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
    • 授乳婦

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    外眼部及び前眼部の炎症性疾患の対症療法[眼瞼炎、結膜炎、強膜炎(上強膜炎を含む)、術後炎症の対症療法]。

    用法・用量(添付文書全文)

    1回1〜2滴、1日2回点眼する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    承認時及び使用成績調査での総症例3,843例中72例(1.87%)に副作用が認められた。主な副作用は、角膜糜爛16件(0.42%)、結膜炎(結膜充血、結膜濾胞を含む)11件(0.29%)、眼瞼炎9件(0.23%)、刺激感8件(0.21%)、眼痛[一過性]8件(0.21%)、点状表層角膜炎6件(0.16%)、そう痒感6件(0.16%)、角膜上皮剥離1件(0.03%)、熱感[眼瞼]1件(0.03%)であった(再審査終了時)。次の副作用は前記の調査あるいは自発報告等で認められたものである。
    1.重大な副作用
    角膜潰瘍、角膜穿孔(頻度不明)が現れることがあるので、角膜上皮障害等が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用
    1).過敏症:(頻度不明)接触性皮膚炎[発現した場合には、投与を中止する]。
    2).眼:(0.1〜5%未満)角膜糜爛、結膜炎、眼瞼炎、眼刺激感、眼痛[一過性]、点状表層角膜炎、眼そう痒感、(0.1%未満)角膜上皮剥離、熱感[眼瞼][発現した場合には、投与を中止する]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    角膜上皮障害のある患者[角膜糜爛、更に角膜潰瘍、角膜穿孔へと進行する恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤による治療は原因療法ではなく対症療法であることに留意する。
    2.眼の感染症を不顕性化する恐れがあるので、感染による炎症に対して用いる場合には観察を十分に行い、慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中及び授乳中の投与に関する安全性は確立していない]。
    (小児等への投与)
    低出生体重児又は新生児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:点眼用にのみ使用する。
    2.投与時:点眼のとき、容器の先端が直接目に触れないように注意する。
    (その他の注意)
    外国において、ブロムフェナクナトリウムの経口剤を1カ月以上の長期にわたり総投与量として1500mg以上投与した患者に重篤な肝障害(死亡を含む)が認められたとの報告があることから、肝障害の初期症状に関連すると考えられる異常所見が認められた場合は投与を中止し、適切な処置を行う。
    (取扱い上の注意)
    使用期限内であっても、開栓後は速やかに使用する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 患者の言葉を封じ込める「お変わりないですか」 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《1》
    2. 6歳女児。発熱、咽頭痛、皮疹 日経メディクイズ●小児
    3. 81歳女性。フェニトイン服用中の転倒 日経メディクイズ●脳神経内科
    4. 自分が運転するのは80歳まで 医師1000人に聞きました
    5. 瞬間的心電図判読方法の良書 医学書ソムリエ
    6. 呼吸器内科医の勤務状況をまとめた珍しい論文 Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
    7. 特効薬がない緊張型頭痛こそ漢方の活用を 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
    8. 緩和ケアの若手医師、69%に燃え尽き、30%に心… 学会トピック◎第24回日本緩和医療学会学術大会
    9. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
    10. TAVIやAVRを受けた後は心房細動発症率が高い JAMA Intern Med誌から
    医師と医学研究者におすすめの英文校正