日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ペミリドン点眼液0.1%基本情報

後発品(加算対象)

一般名:ペミロラストカリウム液

製薬会社:テイカ製薬

薬価・規格: 337.2円(5mg5mL1瓶) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

抗アレルギー薬(点眼薬)詳しく見る

  • 目におけるアレルギー反応を抑えることで、目のかゆみや充血などのアレルギー症状を抑える薬
抗アレルギー薬(点眼薬)の代表的な商品名
  • アレジオン
  • パタノール
  • リボスチン
  • ケタス
  • リザベン
  • インタール

効能・効果詳しく見る

  • アレルギー性結膜炎
  • 春季カタル

注意すべき副作用詳しく見る

過敏症眼瞼炎眼瞼皮膚炎結膜充血眼刺激感眼脂眼そう痒感結膜炎

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1回1滴、1日2回(朝、夕)点眼する

副作用

主な副作用

過敏症眼瞼炎眼瞼皮膚炎結膜充血眼刺激感眼脂眼そう痒感結膜炎

注意事項

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    アレルギー性結膜炎、春季カタル。

    用法・用量(添付文書全文)

    1回1滴、1日2回(朝、夕)点眼する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    副作用が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行なう。
    1.過敏症:(頻度不明)眼瞼炎、眼瞼皮膚炎。
    2.眼:(頻度不明)結膜充血、眼刺激感、眼脂、眼そう痒感、結膜炎。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    (小児等への投与)
    低出生体重児、新生児、乳児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:点眼用にのみ使用する。
    2.投与時:
    1).点眼した時に液が眼瞼皮膚等についた場合は、すぐにふき取るよう指導する。
    2).薬液汚染防止のため、点眼のとき、容器の先端が直接目に触れないように注意するよう指導する。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(25℃、相対湿度60%、36カ月)の結果、外観及び含量等は規格の範囲内であり、ペミリドン点眼液0.1%は通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. レッスン12◆異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
    2. シャワーで頭痛発生!疑うべき疾患は? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
    3. 「志水太郎 vs AI診断」は志水氏の圧勝 診断エラー学のすすめ
    4. 「無診察治療」を巡る訴訟、裁判所の判断は? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
    5. 妊婦さん悶絶!? そんなときはあの漢方! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
    6. 感染性腸炎の問診を「昨夜、生ものを食べませんでし… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
    7. ACSへのプラスグレルはチカグレロルより優れる 学会トピック◎欧州心臓病学会会議(ESC2019)
    8. 医療崩壊を盾に勤務医を犠牲にするのか シリーズ◎医師の「働き方改革」
    9. 18歳女性。辺縁系脳炎症状 日経メディクイズ●脳神経内科
    10. 吉本興業と大学医局の共通点 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
    医師と医学研究者におすすめの英文校正