日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

スプデル点眼液0.05%基本情報

後発品(加算対象)

一般名:ケトチフェンフマル酸塩3.45mg5mL点眼液

製薬会社:東和薬品

薬価・規格: 166.2円(3.45mg5mL1瓶) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • アレルギー性結膜炎

注意すべき副作用詳しく見る

過敏症眼瞼炎眼瞼皮膚炎そう痒感発疹眼部腫脹眼瞼浮腫顔面浮腫結膜充血眼刺激感

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1回1〜2滴を1日4回(朝、昼、夕方及び就寝前)点眼する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

過敏症眼瞼炎眼瞼皮膚炎そう痒感発疹眼部腫脹眼瞼浮腫顔面浮腫結膜充血眼刺激感角膜糜爛

上記以外の副作用

眼痛霧視眼乾燥結膜炎羞明眠気頭痛口渇

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    アレルギー性結膜炎。

    用法・用量(添付文書全文)

    1回1〜2滴を1日4回(朝、昼、夕方及び就寝前)点眼する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    副作用が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。
    1.過敏症:(頻度不明)眼瞼炎、眼瞼皮膚炎、そう痒感、発疹、眼部腫脹、眼瞼浮腫、顔面浮腫。
    2.眼:(頻度不明)結膜充血、眼刺激感、角膜糜爛、眼痛、霧視、眼乾燥、結膜炎、羞明。
    3.その他:(頻度不明)眠気、頭痛、口渇。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:点眼用にのみ使用する。
    2.投与時:
    1).点眼した時に液が眼瞼皮膚等についた場合は、すぐにふき取るよう指導する。
    2).薬液汚染防止のため、点眼のとき、容器の先端が直接目に触れないように注意するよう指導する。
    3).ベンザルコニウム塩化物によりソフトコンタクトレンズを変色させることがあるので、ソフトコンタクトレンズを装用している場合は、点眼前にレンズを外し、点眼15分以上経過後に再装用する。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、本剤は通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 肺炎を繰り返す若年女性、原因はまさかの… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
    2. 「0円求人」で4カ月で7人を採用できたわけ 診療所マネジメント実践記
    3. 勘違いが多い「離婚調停」の実情 裁判官が語る医療訴訟の実像
    4. がん薬物療法中に自損事故、運転禁止で済まぬ事情も 学会トピック◎第24回日本緩和医療学会学術大会
    5. 患者の言葉を封じ込める「お変わりないですか」 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《1》
    6. スタッフに私用を頼み過ぎた院長の後悔 開業の落とし穴
    7. 「誤嚥性肺炎か、心不全か」で悩んだら 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」
    8. 透析見合わせ105例から見えてくる課題 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《5》
    9. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
    10. 胃癌1次治療におけるペムブロリズマブの意義とは 日経メディカルOncologyリポート
    医師と医学研究者におすすめの英文校正