日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

エリックス点眼液0.25%基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:アンレキサノクス液

製薬会社:千寿製薬

薬価・規格: 780.5円(12.5mg5mL1瓶) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

抗アレルギー薬(点眼薬)詳しく見る

  • 目におけるアレルギー反応を抑えることで、目のかゆみや充血などのアレルギー症状を抑える薬
抗アレルギー薬(点眼薬)の代表的な商品名
  • アレジオン
  • パタノール
  • リボスチン
  • ケタス
  • リザベン
  • インタール

効能・効果詳しく見る

  • アレルギー性結膜炎
  • 花粉症
  • 春季カタル

注意すべき副作用詳しく見る

接触皮膚炎眼瞼炎結膜充血過敏症眼刺激感結膜濾胞眼そう痒感眼脂

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1回1〜2滴を1日4回(朝、昼、夕方及び就寝前)点眼する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

接触皮膚炎眼瞼炎結膜充血過敏症眼刺激感結膜濾胞眼そう痒感眼脂

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    アレルギー性結膜炎、花粉症、春季カタル。

    用法・用量(添付文書全文)

    1回1〜2滴を1日4回(朝、昼、夕方及び就寝前)点眼する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    承認時及び使用成績調査での総症例2,862例中64例(2.24%)に副作用が認められた。主な副作用は、接触皮膚炎26件(0.91%)、刺激感17件(0.59%)、眼瞼炎9件(0.31%)、結膜充血8件(0.28%)であった(再審査終了時)。
    次の副作用は前記の調査あるいは自発報告等で認められたものである。
    1.過敏症:(0.1〜5%未満)接触皮膚炎、眼瞼炎[発現した場合には、投与を中止する(なお、長期連用によりこれらの副作用の発現率が高くなる傾向が認められているので、慎重に投与する)]。
    2.眼:(0.1〜5%未満)眼刺激感、結膜充血、結膜濾胞形成、眼そう痒感、(0.1%未満)眼脂。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    高齢者。
    (高齢者への投与)
    使用成績調査において、高齢者に接触皮膚炎、眼瞼炎の副作用の発現率が高い傾向が認められているので、慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    (小児等への投与)
    低出生体重児、新生児又は乳児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:点眼用にのみ使用する。
    2.投与時:
    1).点眼したときに、点眼液が目からあふれ出て、眼瞼皮膚等に付いた場合には、すぐに拭き取るように指導する。
    2).点眼のとき、容器の先端が直接目に触れないように注意する。
    (取扱い上の注意)
    使用期限内であっても、開栓後は速やかに使用する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急
    2. 今季のインフルエンザ、異常な立ち上がりに インフルエンザ診療Next:トピックス
    3. 遠隔ロボット手術、今後どう進む? 日本外科学会理事長の森正樹氏が現状と今後を紹介
    4. 【動画】オッカムの剃刀、ヒッカムの格言、どちらを… 動画で学ぶ「英国式vs米国式 外来診療の進め方」
    5. 13歳女児。繰り返す発熱 日経メディクイズ●小児
    6. 内視鏡前の梅毒・肝炎検査、要らなくないですか 記者の眼
    7. 働き方改革で即効性高い「切り札」とは? 日経ヘルスケアon the web
    8. 憩室炎を繰り返す患者を診たら考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
    9. 時代遅れになった「退院支援」 医師が知らない介護の話
    10. 発熱と嘔吐の乳児に投与する急速輸液は 日経DIクイズ 病院篇
    医師と医学研究者におすすめの英文校正