日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

アシクロビル眼軟膏3%「ニットー」基本情報

一般名:アシクロビル3%眼軟膏

製薬会社:東亜薬品

薬価・規格: 390.9円(3%1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

ヘルペスウイルス感染症治療薬(外用薬)詳しく見る

  • ヘルペスウイルスの増殖を抑えて、痛みなどの皮膚症状を改善する薬
ヘルペスウイルス感染症治療薬(外用薬)の代表的な商品名
  • アラセナ
  • ゾビラックス

効能・効果詳しく見る

  • 単純ヘルペスウイルスの角膜炎

注意すべき副作用詳しく見る

びまん性表在性角膜炎結膜炎角膜潰瘍結膜糜爛眼瞼炎一過性眼刺激接触皮膚炎過敏症血管浮腫蕁麻疹

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 適量を1日5回塗布する
    • なお、症状により適宜回数を減じる

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

びまん性表在性角膜炎結膜炎角膜潰瘍結膜糜爛眼瞼炎一過性眼刺激接触皮膚炎過敏症血管浮腫蕁麻疹

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦

処方理由

抗ヘルペスウイルス薬この薬をファーストチョイスする理由(2019年6月更新)もっと見る

  • ・免疫抑制状態にある子どもの水痘接触に効果があるのは非常にありがたいです。おかげでネフローゼ患児が水痘で死亡することがなくなりました。ただし、保険が利かないのだけはなんとかしていただきたいです。(60歳代病院勤務医、小児科)
  • ・特に問題となる副作用・有害事象もなく、効果も確実で使用できている。(50歳代病院勤務医、呼吸器外科)
  • ・治療よりも予防的投与として使用する頻度が高いです。(40歳代病院勤務医、血液内科)
  • ・使い慣れている。作用機序の説明に慣れている。(50歳代病院勤務医、小児科)

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    単純ヘルペスウイルスに起因する角膜炎。

    用法・用量(添付文書全文)

    適量を1日5回塗布する。なお、症状により適宜回数を減じる。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、副作用発現頻度は不明である。
    次のような症状が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    1.眼:(頻度不明)びまん性表在性角膜炎[このような症状が現れた場合には、必要最小限の使用にとどめるなど適切な処置を行う]、結膜炎、角膜潰瘍、結膜糜爛、眼瞼炎、一過性眼刺激。
    2.皮膚:(頻度不明)接触皮膚炎。
    3.過敏症:(頻度不明)血管浮腫、蕁麻疹。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分あるいはバラシクロビル塩酸塩に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (重要な基本的注意)
    本剤を7日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替える。また、投与を継続する場合は副作用の発現に十分注意し、長期投与はできるだけ避ける。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[動物実験(ラット)の妊娠10日目に、母動物に腎障害の現れる大量(200mg/kg/day以上)を皮下投与した実験では、胎仔頭部異常及び胎仔に尾の異常が認められたと報告されている]。
    (小児等への投与)
    小児等に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:眼科用のみに使用する。
    2.投与時:使用中はコンタクトレンズの着用を避けるように指導する[本剤がコンタクトレンズに付着する可能性がある]。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装形態を用いた加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、アシクロビル眼軟膏3%「ニットー」は通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。
    (保管上の注意)
    気密容器(高温を避ける)。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 要注意!A/H1N1pdm09ウイルスに変化の兆… インフルエンザ診療Next:トピックス
    2. あなたの知らないゴッホ 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編
    3. 「抗菌薬不足」に解決策はあるか? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《7》
    4. 「薬が自由に使えない」をどう思いますか? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《8》
    5. 寝返りができるまで離乳してはいけない? 泣かせない小児診療ABC
    6. 高齢者の飲酒量は認知機能に関係するか? JAMA Network Open誌から
    7. マッチング最終、市中病院マッチ者が6割超 【2019年度】フルマッチの大学は10校も、市中病院人気が加速
    8. サクビトリル・バルサルタンの国内治験成績発表 学会トピック◎第23回日本心不全学会学術集会
    9. 52歳男性。両腋窩の紅色びらん面と陰股部・臍部の… 日経メディクイズ●皮膚
    10. 糖尿病領域の注目すべき最新エビデンスを吟味 記者の眼
    医師と医学研究者におすすめの英文校正