日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

アジマイシン点眼液1%の基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
306.4円(1%1mL)
添付文書

基本情報

薬効分類
抗菌薬(点眼薬)

細菌増殖を阻害し、抗菌作用をあらわすことで結膜炎などを治療したり、眼の手術前後の細菌感染を予防する薬

抗菌薬(点眼薬)
  • エコリシン
  • ベストロン
  • ガチフロ
  • クラビット
  • ベガモックス
効能・効果
  • 眼瞼炎
  • 結膜炎
  • 麦粒腫
  • 涙嚢炎
注意すべき副作用
眼刺激 、 眼そう痒症 、 眼痛 、 眼乾燥 、 霧視 、 羞明 、 点状角膜炎 、 角膜上皮欠損 、 糸状角膜炎 、 眼瞼炎
用法・用量(主なもの)
  • 〈結膜炎〉通常、成人及び7歳以上の小児には、1回1滴、1日2回2日間、その後、1日1回5日間点眼する
  • 〈眼瞼炎、麦粒腫、涙嚢炎〉通常、成人には、1回1滴、1日2回2日間、その後、1日1回12日間点眼する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用
眼刺激 、 眼そう痒症 、 眼痛 、 眼乾燥 、 霧視 、 羞明 、 点状角膜炎 、 角膜上皮欠損 、 糸状角膜炎 、 眼瞼炎 、 アレルギー性結膜炎
重大な副作用
角膜潰瘍 、 角膜障害 、 角膜びらん 、 ショック 、 アナフィラキシー 、 紅斑 、 発疹 、 呼吸困難 、 血圧低下 、 眼瞼浮腫
上記以外の副作用
結膜充血 、 結膜沈着物 、 顔面神経麻痺 、 尿中血陽性 、 尿中蛋白陽性 、 白血球数増加 、 肝機能検査異常 、 過敏症 、 接触皮膚炎 、 蕁麻疹 、 眼灼熱感 、 眼脂 、 視力低下 、 味覚異常 、 鼻閉 、 副鼻腔炎 、 顔面腫脹

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
  • 注意
    • 過敏症
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 授乳婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 低出生体重児(0日〜27日)
    • 新生児(0日〜27日)
    • 乳児(0日〜364日)
    • 幼児(0歳〜6歳)
    • 小児等(0歳〜14歳)

相互作用

処方理由

マクロライド系抗菌薬
この薬をファーストチョイスする理由(2020年6月更新)
  • ・ドライシロップは1週間に1回でよいので、高齢者の場合、目の前で服用させれば服用忘れもなく便利。(40歳代病院勤務医、心臓血管外科)

  • ・3日使用でいい。成人用ドライシロップもあって剤型がいろいろあり使いやすい。(50歳代開業医、一般内科)

  • ・クラリスロマイシンの耐性菌が増えているため、選択することが多くなりました。(40歳代診療所勤務医、脳神経内科)

  • ・マイコプラズマが疑われる時に外来で処方する。消化器の副作用があるが、1回の投与で済むので、あまり気にならない。(50歳代診療所勤務医、一般内科)

  • ・クラミジアへの単回投与が便利。(50歳代病院勤務医、産科・婦人科)

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1). 結膜炎。
2). 眼瞼炎、麦粒腫、涙嚢炎。
(効能又は効果に関連する注意)
「17.臨床成績」の項の内容を熟知し、本剤の有効性及び安全性を十分に理解した上で、適応患者の選択を行うこと。

用法・用量(添付文書全文)

〈結膜炎〉
通常、成人及び7歳以上の小児には、1回1滴、1日2回2日間、その後、1日1回5日間点眼する。
〈眼瞼炎、麦粒腫、涙嚢炎〉
通常、成人には、1回1滴、1日2回2日間、その後、1日1回12日間点眼する。

副作用(添付文書全文)

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.1. 重大な副作用
11.1.1. 角膜潰瘍等の角膜障害(頻度不明):角膜びらん等が認められた場合には投与を中止すること〔8.2、15.2参照〕。
11.1.2. ショック、アナフィラキシー(頻度不明):紅斑、発疹、呼吸困難、血圧低下、眼瞼浮腫等が認められた場合には投与を中止すること。
11.2. その他の副作用
1). 過敏症:(0.1〜1%未満)発疹、(頻度不明)接触皮膚炎、蕁麻疹。
2). 眼:(1〜5%未満)眼刺激、眼そう痒症、(0.1〜1%未満)眼痛、眼乾燥、霧視、羞明、点状角膜炎、角膜上皮欠損、糸状角膜炎、眼瞼炎、眼瞼浮腫、アレルギー性結膜炎、結膜充血、結膜沈着物、(頻度不明)眼灼熱感、眼脂、視力低下、角膜びらん。
3). 消化器:(頻度不明)味覚異常。
4). 呼吸器:(頻度不明)鼻閉、副鼻腔炎。
5). 精神神経系:(0.1〜1%未満)顔面神経麻痺。
6). その他:(0.1〜1%未満)尿中血陽性、尿中蛋白陽性、白血球数増加、肝機能検査異常、(頻度不明)顔面腫脹。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
(重要な基本的注意)
8.1. 本剤の投与にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、用法及び用量を遵守するよう患者に十分指導すること。
8.2. 本剤の投与により角膜障害があらわれることがあるので、霧視、異物感、眼痛等の自覚症状があらわれた場合には、直ちに投与を中止し受診するよう患者に十分指導すること〔11.1.1、15.2参照〕。
(特定の背景を有する患者に関する注意)
(合併症・既往歴等のある患者)
9.1.1. 他のマクロライド系又はケトライド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者:本剤投与後に過敏症を発現するおそれがある。
(妊婦)
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること(周産期及び授乳期のラットに、最大で200mg/kgまでを経口投与した結果、臨床投与量の1500〜3000倍の投与量である50mg/kg以上で軽度の出生仔発育遅延が認められたが、母動物には影響は認められなかった)。
(授乳婦)
治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること(経口投与により、ヒト母乳中に移行することが報告されている)。
(小児等)
9.7.1. 〈結膜炎〉低出生体重児、新生児、乳児又は幼児を対象とした臨床試験は実施していない〔17.1.2参照〕。
9.7.2. 〈眼瞼炎、麦粒腫、涙嚢炎〉小児等を対象とした臨床試験は実施していない。
(適用上の注意)
14.1. 薬剤交付時の注意
患者に対し次の点に注意するよう指導すること。
・ キャップをしたまま点眼容器を下に向け、数回振ってからキャップを開けて点眼すること。
・ 薬液汚染防止のため、点眼のとき、容器の先端が直接目に触れないように注意すること。
(その他の注意)
15.1. 臨床使用に基づく情報
海外で承認されているアジスロマイシン点眼液の製造販売後において、失明が報告されている。
15.2. 非臨床試験に基づく情報
本剤をウサギに1日2回28日間点眼投与したとき、15日目までは毒性所見は認められなかったが、22日目から眼科学的検査において角膜混濁が認められた(ただし、この所見は休薬により回復した)。また、本剤をサルに1日2回2日間、その後、1日1回12日間、合計で14日間点眼投与したとき、毒性所見は認められなかった〔8.2、11.1.1参照〕。
(取扱い上の注意)
開栓後は室温保存とする。
(保険給付上の注意)
本剤は新医薬品であるため、厚生労働省告示第97号(平成20年3月19日付)に基づき、2020年9月末日までは、投薬は1回14日分が限度とされている。
(保管上の注意)
2〜8℃に保存。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。