日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

エペリゾン塩酸塩錠50mg「テバ」の基本情報

後発品(加算対象)
一般名
製薬会社
薬価・規格
5.9円(50mg1錠)
添付文書

基本情報

薬効分類
筋弛緩薬

脳から筋肉への筋肉緊張の伝達を抑え筋弛緩作用をあらわし、痛みやしびれ感などを緩和する薬

筋弛緩薬
  • ミオナール
  • テルネリン
  • リンラキサー
  • ダントリウム
効能・効果
  • SMONの痙性麻痺
  • 外傷後遺症の痙性麻痺
  • 肩関節周囲炎の筋緊張状態の改善
  • 筋萎縮性側索硬化症の痙性麻痺
  • 頚肩腕症候群の筋緊張状態の改善
  • 痙性脊髄麻痺の痙性麻痺
  • 頚部脊椎症の痙性麻痺
  • 術後後遺症の痙性麻痺
  • スモンの痙性麻痺
  • 脊髄血管障害の痙性麻痺
  • 脊髄腫瘍術後後遺症の痙性麻痺
  • 脊髄小脳変性症の痙性麻痺
  • 脊髄損傷後遺症の痙性麻痺
  • 頭部外傷後遺症の痙性麻痺
  • 脳血管障害の痙性麻痺
  • 脳腫瘍術後後遺症の痙性麻痺
  • 脳性小児麻痺の痙性麻痺
  • 脳脊髄疾患の痙性麻痺
  • 腰痛症の筋緊張状態の改善
注意すべき副作用
ショック 、 アナフィラキシー 、 発赤 、 そう痒 、 そう痒感 、 蕁麻疹 、 顔面浮腫 、 浮腫 、 呼吸困難 、 中毒性表皮壊死融解症
用法・用量(主なもの)
  • 1日量としてエペリゾン塩酸塩として150mgを3回に分けて食後に経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用
そう痒 、 AST上昇 、 ALT上昇 、 Al−P上昇 、 蛋白尿 、 BUN上昇 、 貧血 、 過敏症 、 発疹 、 多形滲出性紅斑 、 眠気
重大な副作用
ショック 、 アナフィラキシー 、 発赤 、 そう痒感 、 蕁麻疹 、 顔面浮腫 、 浮腫 、 呼吸困難 、 中毒性表皮壊死融解症 、 Toxic Epidermal Necrolysis 、 TEN 、 皮膚粘膜眼症候群 、 Stevens−Johnson症候群 、 重篤な皮膚障害 、 発熱 、 紅斑 、 水疱 、 眼充血 、 口内炎
上記以外の副作用
不眠 、 頭痛 、 四肢のしびれ 、 体のこわばり 、 四肢の震え 、 悪心 、 嘔吐 、 食欲不振 、 胃部不快感 、 腹痛 、 下痢 、 便秘 、 口渇 、 腹部膨満感 、 尿閉 、 尿失禁 、 残尿感 、 脱力感 、 ふらつき 、 全身倦怠感 、 筋緊張低下 、 眩暈 、 ほてり 、 発汗 、 動悸 、 しゃっくり

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • 肝障害
    • 薬物過敏症
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 希望禁止
    • 授乳婦
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
メトカルバモール
類似薬のトルペリゾン塩酸塩で眼の調節障害

処方理由

中枢系筋弛緩薬
この薬をファーストチョイスする理由(2019年7月更新)
  • ・エペリゾンは筋緊張性頭痛に対して使用することがあります。そのため、最も使用頻度が多くなっています。バクロフェンは吃逆に効果があるといわれており、実臨床でもその効果を感じています。(30歳代病院勤務医、腎臓内科)

  • ・長い使用経験があり、効果、副作用を知っているため。そもそも中枢性筋弛緩薬は、筋緊張性頭痛など支持薬として用いているので、作用が強いものは避けている。(60歳代診療所勤務医、一般内科)

  • ・臨床例が豊富でメリット、デメリットが比較的はっきりしている点。チザニジンも同様であるが、個人的にはエペリゾンの方が使用経験が多い。(50歳代診療所勤務医、一般内科)

  • ・他の筋弛緩薬と比べて効果がマイルドであるが、その分、副作用も少ない。第一選択薬として、筋緊張型頭痛や痙性に使用することが多い。(30歳代病院勤務医、神経内科)

  • ・エペリゾン、チザニジンを使い分けます。チザニジンの方が効果は良いですが、眠気が出やすいためエペリゾンが最も処方数が多くなっています。(50歳代開業医、一般内科)

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.次記疾患による筋緊張状態の改善:頚肩腕症候群、肩関節周囲炎、腰痛症。
2.次記疾患による痙性麻痺:脳血管障害、痙性脊髄麻痺、頚部脊椎症、術後後遺症(脳腫瘍術後後遺症・脊髄腫瘍術後後遺症を含む)、外傷後遺症(脊髄損傷後遺症、頭部外傷後遺症)、筋萎縮性側索硬化症、脳性小児麻痺、脊髄小脳変性症、脊髄血管障害、スモン(SMON)、その他の脳脊髄疾患。

用法・用量(添付文書全文)

1日量としてエペリゾン塩酸塩として150mgを3回に分けて食後に経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
1.重大な副作用(頻度不明)
1).ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキシーを起こすことがあるので、観察を十分に行い、発赤、そう痒感、蕁麻疹、顔面浮腫等の浮腫、呼吸困難等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
2).中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens−Johnson症候群):中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群等の重篤な皮膚障害を起こすことがあるので、観察を十分に行い、発熱、紅斑、水疱、そう痒感、眼充血、口内炎等の症状が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
2.その他の副作用(頻度不明)
1).肝臓:AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al−P上昇等[このような症状が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う]。
2).腎臓:蛋白尿、BUN上昇等[このような症状が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う]。
3).血液:貧血[このような症状が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う]。
4).過敏症:発疹、そう痒、多形滲出性紅斑[このような症状が現れた場合には、投与を中止する]。
5).精神神経系:眠気、不眠、頭痛、四肢のしびれ、体のこわばり、四肢の震え。
6).消化器:悪心・嘔吐、食欲不振、胃部不快感、腹痛、下痢、便秘、口渇、口内炎、腹部膨満感。
7).泌尿器:尿閉、尿失禁、残尿感。
8).全身症状:脱力感、ふらつき、全身倦怠感、筋緊張低下、眩暈。
9).その他:ほてり、発汗、浮腫、動悸、しゃっくり。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
(慎重投与)
1.薬物過敏症の既往歴のある患者。
2.肝障害のある患者[肝機能を悪化させることがある]。
(重要な基本的注意)
本剤投与中に脱力感、ふらつき、眠気等が発現することがあるので、その場合には減量又は休薬する。なお、本剤投与中の患者には自動車の運転など危険を伴う機械の操作には従事させないように注意する。
(相互作用)
併用注意:メトカルバモール[類似薬のトルペリゾン塩酸塩で眼の調節障害が現れたとの報告がある(機序不明)]。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
2.授乳中の婦人に投与することは避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合には、授乳を避けさせる[動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されている]。
(小児等への投与)
小児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。
(適用上の注意)
薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
(取扱い上の注意)
安定性試験結果の概要:長期保存試験(25℃、相対湿度60%、3年)の結果、エペリゾン塩酸塩錠50mg「テバ」は通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。
(保管上の注意)
気密容器。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。