日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

塩酸パパベリン散10%「マルイシ」の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
6.2円(10%1g)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 胃炎の内臓平滑筋の痙攣症状
  • 冠循環障害の血管拡張
  • 冠循環障害の症状の改善
  • 急性動脈塞栓
  • 胆道<胆管・胆嚢>系疾患の内臓平滑筋の痙攣症状
  • 末梢循環障害
注意すべき副作用
アレルギー性肝障害 、 過敏症 、 発疹 、 心悸亢進 、 血圧上昇 、 眩暈 、 眠気 、 頭痛 、 便秘 、 口渇
用法・用量(主なもの)
  • パパベリン塩酸塩として、1日200mg(本剤:2g)を3〜4回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用
アレルギー性肝障害 、 過敏症 、 発疹 、 心悸亢進 、 血圧上昇 、 眩暈 、 眠気 、 頭痛 、 便秘 、 口渇 、 食欲不振
上記以外の副作用
心窩部痛 、 顔面潮紅 、 発汗

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • 緑内障
患者の属性に応じた注意事項
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
レボドパ
作用が減弱

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.次記疾患に伴う内臓平滑筋の痙攣症状:胃炎、胆道<胆管・胆嚢>系疾患。
2.急性動脈塞栓、末梢循環障害、冠循環障害における血管拡張と症状の改善。

用法・用量(添付文書全文)

パパベリン塩酸塩として、1日200mg(本剤:2g)を3〜4回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
1.肝臓:(頻度不明)アレルギー性肝障害[観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には、投与を中止する]。
2.過敏症:(頻度不明)発疹等[このような症状が現れた場合には、投与を中止する]。
3.循環器:(頻度不明)心悸亢進、血圧上昇等。
4.精神神経系:(頻度不明)眩暈、眠気、頭痛等。
5.消化器:(頻度不明)便秘、口渇、食欲不振、心窩部痛等。
6.その他:(頻度不明)顔面潮紅、発汗。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤に対し過敏症の既往歴のある患者。
(慎重投与)
緑内障の患者[眼圧上昇作用により、緑内障を悪化させる恐れがある]。
(相互作用)
併用注意:レボドパ[作用が減弱する恐れがある(機序は不明であるが、本剤によるドパミンレセプターの阻害が考えられている)]。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では生理機能が低下しているので、減量するなど注意する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
妊娠中の投与に関する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。
(小児等への投与)
小児等に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。
(保管上の注意)
遮光。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。