日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ロキシーン錠4mgの基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
5.6円(4mg1錠)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 運動器疾患の有痛性痙縮
  • 肩関節周囲炎の有痛性痙縮
  • 頚肩腕症候群の有痛性痙縮
  • 変形性脊椎症の有痛性痙縮
  • 腰背痛症の有痛性痙縮
注意すべき副作用
眠気 、 眩暈 、 ふらつき 、 倦怠感 、 脱力感 、 悪心 、 嘔吐 、 下痢 、 心窩部痛 、 胃痛
用法・用量(主なもの)
  • プリジノールメシル酸塩として、1回4mgを1日3回経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 重篤な心疾患
    • 前立腺肥大による排尿障害
    • 麻痺性イレウス
    • 緑内障

副作用

主な副作用
眠気 、 眩暈 、 ふらつき 、 倦怠感 、 脱力感 、 悪心 、 嘔吐 、 下痢 、 心窩部痛 、 胃痛 、 食欲不振
上記以外の副作用
過敏症 、 発疹 、 胸やけ 、 胃もたれ 、 胃部不快感 、 口渇

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
    • 重篤な心疾患
    • 前立腺肥大による排尿障害
    • 麻痺性イレウス
    • 緑内障
  • 慎重投与
    • 肝障害
    • 腎障害
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 希望禁止
    • 授乳婦
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
中枢抑制剤
眠気・注意力低下・集中力低下・反射運動能力低下等を増強
フェノチアジン系薬剤
眠気・注意力低下・集中力低下・反射運動能力低下等を増強
バルビツール酸誘導体
眠気・注意力低下・集中力低下・反射運動能力低下等を増強
モノアミン酸化酵素阻害剤
眠気・注意力低下・集中力低下・反射運動能力低下等を増強
エタノール摂取
眠気・注意力低下・集中力低下・反射運動能力低下等を増強
飲食物との相互作用
  • アルコールを含むもの<ジン、ウオッカ、ラム、ウイスキー、ブランデー など>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

運動器疾患に伴う有痛性痙縮(腰背痛症、頚肩腕症候群、肩関節周囲炎、変形性脊椎症など)。

用法・用量(添付文書全文)

プリジノールメシル酸塩として、1回4mgを1日3回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

副作用(添付文書全文)

臨床試験974例中、副作用が報告されたのは135例(13.8%)で、症状別では眠気32例(3.3%)、眩暈・ふらつき感21例(2.2%)、倦怠感・脱力感17例(1.7%)、また、悪心・嘔吐・食欲不振等の消化器症状53例(5.4%)が主たるもので、重篤な症状は認められなかった。臨床検査値の変動は、白血球減少が1例(10例中)認められた(再評価終了時)。
1.過敏症:(5%以上又は頻度不明)発疹等[このような症状が現れた場合には、投与を中止する]。
2.精神神経系:(0.1〜5%未満)眠気、眩暈、ふらつき、脱力感、倦怠感等[このような症状が現れた場合には、減量又は休薬等、適切な処置を行う]。
3.消化器系:(5%以上又は頻度不明)食欲不振、胸やけ・胃もたれ・胃部不快感、口渇、(0.1〜5%未満)悪心・嘔吐、下痢、心窩部痛・胃痛等。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
1.本剤に対し過敏症の既往歴のある患者。
2.緑内障の患者[抗コリン作用により眼圧を上昇させる恐れがある]。
3.前立腺肥大による排尿障害のある患者[抗コリン作用により排尿障害を悪化させる恐れがある]。
4.重篤な心疾患の患者[心疾患の症状を悪化させる恐れがある]。
5.麻痺性イレウスの患者[麻痺性イレウスの症状を悪化させる恐れがある]。
(慎重投与)
1.肝障害の患者[肝障害を悪化させる恐れがある]。
2.腎障害の患者[腎障害を悪化させる恐れがある]。
(重要な基本的注意)
眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、本剤投与中の患者には、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意する。
(相互作用)
併用注意:中枢神経抑制剤(フェノチアジン系薬剤、バルビツール酸誘導体等)、モノアミン酸化酵素阻害剤、アルコール[眠気・注意力低下・集中力低下・反射運動能力低下等を増強することがあるので、単独投与することが望ましいが、止むを得ず併用する場合には、減量するなど注意する(相互に中枢神経抑制作用を増強することがある)]。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では生理機能が低下しているので、減量するなど注意する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
2.授乳中の婦人には投与しないことが望ましい。
(小児等への投与)
小児等に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。