日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

リンラキサー錠250mgの基本情報

先発品(後発品あり)
一般名
製薬会社
薬価・規格
11.3円(250mg1錠)
添付文書

基本情報

薬効分類
筋弛緩薬

脳から筋肉への筋肉緊張の伝達を抑え筋弛緩作用をあらわし、痛みやしびれ感などを緩和する薬

筋弛緩薬
  • ミオナール
  • テルネリン
  • リンラキサー
  • ダントリウム
効能・効果
  • 運動器疾患の有痛性痙縮
  • 脊椎骨粗鬆症の有痛性痙縮
  • 脊椎分離症の有痛性痙縮
  • 椎間板ヘルニアの有痛性痙縮
  • 変形性脊椎症の有痛性痙縮
  • 腰背痛症の有痛性痙縮
  • 頸肩腕症候群の有痛性痙縮
  • 脊椎辷り症の有痛性痙縮
注意すべき副作用
めまい 、 ふらつき 、 ねむけ 、 腹痛 、 胃痛 、 胃部不快感 、 消化不良 、 胃もたれ 、 膨満感 、 胃重感
用法・用量(主なもの)
  • 通常、成人にはクロルフェネシンカルバミン酸エステルとして1回250mgを1日3回経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

主な副作用
めまい 、 ふらつき 、 ねむけ 、 腹痛 、 胃痛 、 胃部不快感 、 消化不良 、 胃もたれ 、 膨満感 、 胃重感 、 胸やけ
重大な副作用
ショック 、 中毒性表皮壊死症 、 Toxic Epidermal Necrolysis 、 TEN
上記以外の副作用
食欲不振 、 嘔気 、 胃腸障害 、 過敏症 、 発疹 、 皮疹 、 薬疹 、 白血球減少 、 血小板減少 、 頭痛 、 頭重感 、 倦怠感 、 脱力感 、 下痢 、 便秘 、 口内乾燥 、 舌炎 、 悪心 、 浮腫 、 腫脹感 、 そう痒感 、 口内炎 、 熱感

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
    • 肝障害
  • 注意
    • 肝障害
    • 腎機能障害
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 授乳婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 小児等(0歳〜14歳)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
フェノチアジン系薬剤
相互に作用を増強
塩酸クロルプロマジン
相互に作用を増強
中枢抑制剤
相互に作用を増強
バルビツール酸誘導体
相互に作用を増強
モノアミン酸化酵素阻害剤
相互に作用を増強
エタノール摂取
相互に作用を増強
飲食物との相互作用
  • アルコールを含むもの<ジン、ウオッカ、ラム、ウイスキー、ブランデー など>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

運動器疾患に伴う有痛性痙縮:腰背痛症、変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、脊椎分離症・脊椎辷り症、脊椎骨粗鬆症、頸肩腕症候群。

用法・用量(添付文書全文)

通常、成人にはクロルフェネシンカルバミン酸エステルとして1回250mgを1日3回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

副作用(添付文書全文)

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.1. 重大な副作用
11.1.1. ショック(頻度不明)。
11.1.2. 中毒性表皮壊死症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)(頻度不明)。
11.2. その他の副作用
1). 精神神経系:(0.1〜1%未満)めまい・ふらつき、ねむけ、(0.1%未満)頭痛・頭重感、倦怠感、脱力感。
2). 消化器:(0.1〜1%未満)腹痛[胃痛、胃部不快感を含む]、*消化不良[*:胃もたれ(膨満感、胃重感)、胸やけ、食欲不振を含む]、嘔気、胃腸障害、(0.1%未満)下痢、便秘、口内乾燥、舌炎、悪心。
3). 血液:(頻度不明)白血球減少、血小板減少。
4). 過敏症:(0.1〜1%未満)発疹[皮疹、薬疹を含む]、(0.1%未満)浮腫・腫脹感、そう痒感、口内炎、熱感。
頻度は承認時の一般臨床試験及び市販後の調査の合算に基づいている。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
2.1. 本剤及び類似化合物(メトカルバモール等)に対し、過敏症の既往歴のある患者。
2.2. 肝障害患者〔9.3.1参照〕。
(重要な基本的注意)
ねむけ、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、本剤投与中の患者には、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意すること。
(特定の背景を有する患者に関する注意)
(腎機能障害患者)
腎機能障害患者:The United States DISPENSATORY, 27th Ed.301(1973)及びMARTINDALE The Extra Pharmacopoeia, 26th Ed.1891(1972)に準拠した。
(肝機能障害患者)
9.3.1. 肝障害患者:投与しないこと(Modern Drug Encyclopedia, 13th Ed.155(1975)に準拠した)〔2.2参照〕。
9.3.2. 肝障害の既往歴のある患者。
(妊婦)
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
(授乳婦)
治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること。
(小児等)
小児等を対象とした臨床試験は実施していない。
(高齢者)
減量するなど注意すること(一般に生理機能が低下している)。
(相互作用)
10.2. 併用注意:
フェノチアジン系薬剤(クロルプロマジン塩酸塩等)、中枢神経抑制剤(バルビツール酸誘導体等)、モノアミン酸化酵素阻害剤、アルコール[相互に作用を増強することがあるので、用量を調節するなど注意すること(機序は不明である)]。
(適用上の注意)
14.1. 薬剤交付時の注意
PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある)。
(その他の注意)
15.1. 臨床使用に基づく情報
国内の臨床試験で8週間を超えた投与例は限られており、本剤を長期間投与する場合は、臨床検査(血液検査、尿検査及び肝機能検査等)を行うことが望ましい。
(保管上の注意)
室温保存。

処方薬事典は、日経メディカル Onlineが配信する医療・医薬関係者向けのコンテンツです。一般の方もご覧いただけますが、内容に関するご質問にはお答えできません。服用中の医薬品についてはかかりつけの医師や薬剤師にご相談ください。