日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

リドカイン静注液2%「タカタ」の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
94円(2%5mL1管)
添付文書

基本情報

薬効分類
Naチャネル遮断薬(I群抗不整脈薬)

脈に関与する電気信号の一つであるNa(ナトリウム)イオンの通り道を塞ぎ、乱れた脈(主に頻脈)を整える薬

Naチャネル遮断薬(I群抗不整脈薬)
  • リスモダン
  • シベノール
  • アスペノン
  • メキシチール
  • サンリズム
効能・効果
  • 手術の心室性不整脈の予防
  • 期外収縮<上室性>
  • 発作性頻拍<上室性>
  • 期外収縮<心室性>
  • 発作性頻拍<心室性>
  • 急性心筋梗塞時の心室性不整脈の予防
注意すべき副作用
刺激伝導系抑制 、 ショック 、 PQ間隔延長 、 QRS幅増大 、 徐脈 、 血圧低下 、 意識障害 、 心停止 、 アナフィラキシーショック 、 振戦
用法・用量(主なもの)
  • 静脈内1回投与法:リドカイン塩酸塩として、1回50〜100mg(1〜2mg/kg)を、1〜2分間で、緩徐に静脈内注射する
  • 効果が認められない場合には、5分後に同量を投与する
    • また、効果の持続を期待する時には10〜20分間隔で同量を追加投与してもさしつかえないが、1時間内の基準最高投与量は300mgとする
  • 本剤の静脈内注射の効果は、10〜20分で消失する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 完全房室ブロック
    • 重篤な刺激伝導障害

副作用

主な副作用
譫妄 、 眩暈 、 眠気 、 不安 、 多幸感 、 しびれ感 、 嘔吐 、 過敏症 、 蕁麻疹 、 皮膚症状 、 浮腫
重大な副作用
刺激伝導系抑制 、 ショック 、 PQ間隔延長 、 QRS幅増大 、 徐脈 、 血圧低下 、 意識障害 、 心停止 、 アナフィラキシーショック 、 振戦 、 痙攣 、 中毒症状 、 頻脈 、 不整脈 、 血圧変動 、 急激な体温上昇 、 筋強直 、 血液暗赤色化 、 チアノーゼ 、 過呼吸 、 発汗 、 アシドーシス 、 高カリウム血症 、 ミオグロビン尿 、 ポートワイン色尿 、 重篤な悪性高熱

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
    • 完全房室ブロック
    • 重篤な刺激伝導障害
  • 慎重投与
    • 刺激伝導障害
    • 重篤な肝機能障害
    • 重篤な腎機能障害
    • ショック状態
    • 心不全
    • 著明な洞性徐脈
    • 循環血液量減少
  • 注意
    • 徐拍性不整脈
    • 房室ブロック
    • ポルフィリン症
    • 高度洞性徐脈
  • 投与に際する指示
    • 徐拍性不整脈
    • 房室ブロック
    • 高度洞性徐脈
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 新生児(低出生体重児を含む)
年齢や性別に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)
  • 注意
    • 新生児(0日〜27日)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
シメチジン
リドカインの血中濃度が上昇
メトプロロール
リドカインの血中濃度が上昇
プロプラノロール
リドカインの血中濃度が上昇
ナドロール
リドカインの血中濃度が上昇
リトナビル
リドカインのAUCが上昇
ホスアンプレナビルカルシウム水和物
リドカインのAUCが上昇
硫酸アタザナビル
リドカインのAUCが上昇
3群不整脈用剤
心機能抑制作用が増強
アミオダロン
心機能抑制作用が増強
飲食物との相互作用
  • セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)を含むもの

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.期外収縮<心室性>、発作性頻拍<心室性>、急性心筋梗塞時及び手術に伴う心室性不整脈の予防。
2.期外収縮<上室性>、発作性頻拍<上室性>。

用法・用量(添付文書全文)

静脈内1回投与法:リドカイン塩酸塩として、1回50〜100mg(1〜2mg/kg)を、1〜2分間で、緩徐に静脈内注射する。効果が認められない場合には、5分後に同量を投与する。また、効果の持続を期待する時には10〜20分間隔で同量を追加投与してもさしつかえないが、1時間内の基準最高投与量は300mgとする。本剤の静脈内注射の効果は、10〜20分で消失する。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
1.重大な副作用(頻度不明)
1).刺激伝導系抑制、ショック:PQ間隔延長又はQRS幅増大等の刺激伝導系抑制、あるいは徐脈、血圧低下、ショック、意識障害等を生じ、心停止を来すことがある。また、アナフィラキシーショックを起こしたとの報告があるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には、適切な処置を行う。
2).意識障害、振戦、痙攣:意識障害、振戦、痙攣等の中毒症状が現れることがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。
3).悪性高熱:原因不明の頻脈・不整脈・血圧変動、急激な体温上昇、筋強直、血液暗赤色化(チアノーゼ)、過呼吸、発汗、アシドーシス、高カリウム血症、ミオグロビン尿(ポートワイン色尿)等を伴う重篤な悪性高熱が現れることがあるので、本剤を投与中、悪性高熱に伴うこれらの症状を認めた場合は、直ちに投与を中止し、ダントロレンナトリウムの静注、全身冷却、純酸素による過換気、酸塩基平衡の是正等、適切な処置を行う(また、本症は腎不全を続発することがあるので、尿量の維持を図る)。
2.その他の副作用(頻度不明)
1).中枢神経:譫妄、眩暈、眠気、不安、多幸感、しびれ感等[症状が現れた場合には、投与を中止又は減量し、必要に応じて適切な処置を行う]。
2).消化器:嘔吐等[症状が現れた場合には、投与を中止又は減量し、必要に応じて適切な処置を行う]。
3).過敏症:蕁麻疹等の皮膚症状、浮腫等。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
1.重篤な刺激伝導障害(完全房室ブロック等)のある患者[心停止を起こす恐れがある]。
2.本剤の成分又はアミド型局所麻酔薬に対し過敏症の既往歴のある患者。
(慎重投与)
1.著明な洞性徐脈、刺激伝導障害のある患者[症状を悪化させる恐れがある]。
2.循環血液量減少している患者、ショック状態にある患者、あるいは心不全のある患者[心停止を起こす恐れがある]。
3.重篤な肝機能障害又は重篤な腎機能障害のある患者[中毒症状が発現しやすくなる]。
4.高齢者。
(重要な基本的注意)
過量投与を避けるため、できるだけ頻回の血圧測定及び心電図の連続監視下で投与する。
(相互作用)
本剤は、主として肝代謝酵素CYP1A2及びCYP3A4で代謝される。
併用注意:
1.シメチジン[リドカインの血中濃度が上昇したとの報告がある(シメチジンの肝代謝酵素阻害作用により、リドカインの代謝が抑制されると考えられる)]。
2.メトプロロール、プロプラノロール、ナドロール[リドカインの血中濃度が上昇することがある(これらの薬剤の心拍出量、肝血流量減少作用により、リドカインの代謝が遅延すると考えられる)]。
3.リトナビル、ホスアンプレナビルカルシウム水和物、アタザナビル硫酸塩[リドカインのAUCが上昇することが予想される(肝代謝酵素に対する競合的阻害作用により、リドカインの代謝が遅延すると考えられる)]。
4.セイヨウオトギリソウ<セント・ジョーンズ・ワート>含有食品(St.John’s Wort)[リドカインの代謝が促進され血中濃度が低下する恐れがあるので、リドカイン投与時はセイヨウオトギリソウ含有食品を摂取しないよう注意する(肝代謝酵素誘導作用により、リドカインの代謝が促進され、血中濃度が低下すると考えられる)]。
5.クラス3抗不整脈剤(アミオダロン等)[心機能抑制作用が増強する恐れがあるので、心電図検査等によるモニタリングを行う(併用により血中濃度が上昇し、作用が増強することが考えられる)]。
(高齢者への投与)
本剤は主として肝臓で代謝されるが、高齢者では、肝機能が低下していることが多いため血中濃度が高くなりすぎ、振戦、痙攣等の中毒症状を起こす恐れがある。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
(小児等への投与)
低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。
(過量投与)
1.徴候、症状:
1).過量投与時の中枢神経系症状:初期症状として不安、興奮、多弁、口周囲知覚麻痺、舌のしびれ、ふらつき、聴覚過敏、耳鳴、視覚障害、振戦等が現れる(症状が進行すると意識消失、全身痙攣が現れ、これらの症状に伴い低酸素血症、高炭酸ガス血症が生じる恐れがあり、より重篤な場合には呼吸停止を来すこともある)。
2).過量投与時の心血管系症状:血圧低下、徐脈、心筋収縮力低下、心拍出量低下、刺激伝導系抑制、心室性頻脈及び心室細動等の心室性不整脈、循環虚脱、心停止等が現れる。
2.処置:過量投与時には呼吸を維持し、酸素を十分投与することが重要であり、必要に応じて人工呼吸を行う。過量投与による振戦や痙攣が著明であれば、ジアゼパム又は超短時間作用型バルビツール酸製剤(チオペンタールナトリウム等)を投与する。過量投与による心機能抑制に対しては、カテコールアミン等の昇圧剤を投与する。過量投与により心停止を来した場合には直ちに心マッサージを開始する。
(適用上の注意)
1.投与経路:静脈内1回投与のみに使用する。
2.投与時:高度洞性徐脈、あるいは房室ブロック等の徐拍性不整脈とともに心室性不整脈(期外収縮、頻拍)が認められる場合には、人工ペースメーカーによって心拍数を増加させ、本剤を用いる。
3.調製時:本剤中のリドカインは塩酸塩であり、アルカリ性注射液(炭酸水素ナトリウム注射液等)との配合により、リドカインが析出するので配合しない。
4.アンプルカット時:本剤はワンポイントカットアンプルであるが、アンプルのカット部分をエタノール綿等で清拭してからカットすることが望ましい。
(その他の注意)
1.本剤の投与により、新生児にメトヘモグロビン血症が現れたとの報告がある。
2.ポルフィリン症の患者に投与した場合、急性腹症、四肢麻痺、意識障害等の急性症状を誘発する恐れがある。
(取扱い上の注意)
安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(25℃、60%RH、36カ月)の結果、3年間安定であることが確認された。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。