日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ホーリット散10%基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:オキシペルチン散

製薬会社:アルフレッサ ファーマ

薬価・規格: 58.3円(10%1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 統合失調症

注意すべき副作用詳しく見る

不眠錐体外路症状手指振戦アカシジア筋強剛不安焦燥倦怠感便秘起立性低血圧

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • オキシペルチンとして最初1回20mgを1日2〜3回経口投与し、漸次増量して1回40〜80mgを1日2〜3回経口投与する
  • 場合により1回100mgを1日3回経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

主な副作用

不眠錐体外路症状手指振戦アカシジア筋強剛不安焦燥倦怠感便秘起立性低血圧血圧降下

重大な副作用

食欲不振Syndrome malin悪性症候群無動緘黙強度筋強剛嚥下困難頻脈血圧変動発汗発熱白血球増加血清CK上昇血清CPK上昇ミオグロビン尿腎機能低下高熱が持続意識障害呼吸困難循環虚脱脱水症状急性腎障害麻痺性イレウス腸管麻痺悪心嘔吐著しい便秘腹部膨満腹部弛緩腸内容物うっ滞無顆粒球症白血球減少肺塞栓症深部静脈血栓症静脈血栓症血栓塞栓症息切れ胸痛四肢疼痛浮腫

上記以外の副作用

血圧上昇心悸亢進白血球数異常AST上昇ALT上昇肝機能検査値異常眼球挙上下痢過敏症発疹眠気鼻閉眩暈流涎口渇

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 肝障害
    • 血液障害
    • 低血圧
    • 栄養不良状態を伴う身体的疲弊
    • 脱水を伴う身体的疲弊
  • 注意
    • 脱水状態
    • 肥満
    • 長期臥床
    • 不動状態

患者の属性に応じた注意事項

  • 希望禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 認知症に関連した精神病症状<承認外効能・効果>を有する高齢(65歳〜)
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
モノアミン酸化酵素阻害剤 中枢神経系の興奮及び心悸亢進・血圧上昇などの副作用が発現

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    統合失調症。

    用法・用量(添付文書全文)

    オキシペルチンとして最初1回20mgを1日2〜3回経口投与し、漸次増量して1回40〜80mgを1日2〜3回経口投与する。場合により1回100mgを1日3回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    承認前及び承認後における調査1,761例中報告された主な副作用は不眠13.3%(234件)、錐体外路症状[手指振戦11.6%(204件)、アカシジア5.6%(99件)、筋強剛3.1%(54件)]、不安・焦燥3.0%(53件)、低血圧3.2%(57件)、食欲不振3.1%(55件)、倦怠感3.3%(58件)であった(再審査対象外)。
    1.重大な副作用
    1).Syndrome malin(悪性症候群)(頻度不明):無動緘黙、強度筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧変動、発汗等が発現し、それに引き続き発熱がみられる場合は、投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行う(本症発症時には、白血球増加や血清CK上昇(血清CPK上昇)がみられることが多く、また、ミオグロビン尿を伴う腎機能低下がみられることがある)、なお、高熱が持続し、意識障害、呼吸困難、循環虚脱、脱水症状、急性腎障害へと移行し、死亡した例が報告されている。
    2).麻痺性イレウス(頻度不明):腸管麻痺(初期症状:食欲不振、悪心・嘔吐、著しい便秘、腹部膨満あるいは腹部弛緩、腸内容物うっ滞等)を来し、麻痺性イレウスに移行することがあるので、腸管麻痺が認められた場合には、投与を中止する。なお、この悪心・嘔吐は、本剤の制吐作用により不顕性化することもあるので注意する。
    3).無顆粒球症、白血球減少(頻度不明):無顆粒球症、白血球減少が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。
    4).肺塞栓症、深部静脈血栓症(頻度不明):抗精神病薬において、肺塞栓症、静脈血栓症等の血栓塞栓症が報告されているので、観察を十分に行い、息切れ、胸痛、四肢疼痛、浮腫等が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    2.その他の副作用:次記の副作用が現れることがあるので、異常が認められた場合には必要に応じ投与を中止するなど適切な処置を行う。
    1).循環器:(0.1〜5%未満)起立性低血圧、血圧降下、血圧上昇、心悸亢進。
    2).血液:(0.1〜5%未満)白血球数異常。
    3).肝臓:(0.1〜5%未満)AST上昇(GOT上昇)・ALT上昇(GPT上昇)等の肝機能検査値異常。
    4).錐体外路症状:(5%以上)手指振戦(11.6%)、アカシジア等、(0.1〜5%未満)筋強剛、眼球挙上等[症状が現れた場合には、減量又は抗パーキンソン病薬を併用することが望ましい]。
    5).精神神経系:(5%以上)不眠(13.3%)、(0.1〜5%未満)不安・焦燥等。
    6).消化器:(0.1〜5%未満)食欲不振、悪心、便秘、下痢。
    7).過敏症:(0.1〜5%未満)発疹等。
    8).その他:(0.1〜5%未満)眠気、鼻閉、倦怠感、眩暈、流涎、口渇。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (慎重投与)
    1.低血圧のある患者[一過性の血圧降下が現れることがある]。
    2.肝障害又は血液障害のある患者[症状が悪化する恐れがある]。
    3.脱水を伴う身体的疲弊・栄養不良状態を伴う身体的疲弊等のある患者[Syndrome malin(悪性症候群)が起こる恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が現れることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意する。
    2.抗精神病薬において、肺塞栓症、静脈血栓症等の血栓塞栓症が報告されているので、不動状態、長期臥床、肥満、脱水状態等の危険因子を有する患者に投与する場合には注意する。
    (相互作用)
    併用注意:モノアミン酸化酵素阻害薬[中枢神経系の興奮及び心悸亢進・血圧上昇などの副作用が発現する恐れがある(相互に作用を増強すると考えられている)]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので少量から投与を開始するなど注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい[動物実験(ラット)で、流産、胎仔死亡等の胎仔毒性が認められている。また、妊娠後期に抗精神病薬が投与されている場合、新生児に哺乳障害、傾眠、呼吸障害、振戦、筋緊張低下、易刺激性等の離脱症状や錐体外路症状が現れたとの報告がある]。
    (その他の注意)
    外国で実施された認知症に関連した精神病症状<承認外効能・効果>を有する高齢患者を対象とした17の臨床試験において、非定型抗精神病薬投与群はプラセボ投与群と比較して死亡率が1.6〜1.7倍高かったとの報告があり、また、外国での疫学調査において、定型抗精神病薬も非定型抗精神病薬と同様に死亡率上昇に関与するとの報告がある。
    (保管上の注意)
    遮光。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 13歳女児。繰り返す発熱 日経メディクイズ●小児
    2. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急
    3. tPAや血栓回収が使える脳梗塞が大幅に広がる! トレンド◎脳卒中治療ガイドライン追補2019がまもなく公開
    4. 今季のインフルエンザ、異常な立ち上がりに インフルエンザ診療Next:トピックス
    5. 「夜型体質による不眠」を誤診していませんか 三島和夫の「知って得する睡眠臨床」
    6. 10歳代に増えるOTC薬の乱用、やっぱり危険! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
    7. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
    8. 遠隔ロボット手術、今後どう進む? 日本外科学会理事長の森正樹氏が現状と今後を紹介
    9. 内視鏡前の梅毒・肝炎検査、要らなくないですか 記者の眼
    10. 憩室炎を繰り返す患者を診たら考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
    医師と医学研究者におすすめの英文校正