日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

パラミヂンカプセル300mgの基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
12.9円(300mg1カプセル)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 外傷後の炎症の緩解
  • 外傷後の腫脹の緩解
  • 急性中耳炎の解熱
  • 急性中耳炎の消炎
  • 急性中耳炎の鎮痛
  • 急性副鼻腔炎の解熱
  • 急性副鼻腔炎の消炎
  • 急性副鼻腔炎の鎮痛
  • 子宮付属器炎の解熱
  • 子宮付属器炎の消炎
  • 子宮付属器炎の鎮痛
  • 手術後の炎症の緩解
  • 手術後の腫脹の緩解
  • 痛風の高尿酸血症の是正
  • 変形性関節症の解熱
  • 変形性関節症の消炎
  • 変形性関節症の鎮痛
  • 膀胱炎の解熱
  • 膀胱炎の消炎
  • 膀胱炎の鎮痛
  • 関節リウマチの解熱
  • 関節リウマチの消炎
  • 関節リウマチの鎮痛
  • 多形滲出性紅斑の解熱
  • 多形滲出性紅斑の消炎
  • 多形滲出性紅斑の鎮痛
注意すべき副作用
白血球減少 、 出血傾向 、 過敏症 、 発疹 、 悪心 、 下痢 、 食欲不振 、 胃痛 、 腹痛 、 胃部不快感
用法・用量(主なもの)
  • ブコロームとして、通常成人1日600〜1200mgを2〜4回に分割経口投与する
  • ただし、リウマチ疾患には1日900〜1200mg、痛風の高尿酸血症の是正には1日300〜900mgとする
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
  • (用法及び用量に関連する注意)7.1. 他の消炎鎮痛剤との併用は避けることが望ましい

副作用

主な副作用
白血球減少 、 出血傾向 、 過敏症 、 発疹 、 悪心 、 下痢 、 食欲不振 、 胃痛 、 腹痛 、 胃部不快感 、 眠気
重大な副作用
中毒性表皮壊死融解症 、 Toxic Epidermal Necrolysis 、 TEN 、 皮膚粘膜眼症候群 、 Stevens−Johnson症候群
上記以外の副作用
貧血 、 肝機能検査値異常 、 AST上昇 、 ALT上昇 、 ALP上昇 、 血小板減少 、 嘔吐 、 軟便 、 腹部不快感 、 口内炎 、 口渇 、 頭痛 、 ふらつき感 、 発熱 、 胸部灼熱感

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • アスピリン喘息
    • 過敏症
    • 重篤な肝障害
    • 重篤な腎障害
    • 消化性潰瘍
    • 重篤な血液異常
    • 非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作
  • 慎重投与
    • 感染症
  • 注意
    • 潰瘍性大腸炎
    • クローン病
    • 血液異常<重篤な血液異常を除く>
    • 気管支喘息<アスピリン喘息又はその既往歴を除く>
  • 投与に際する指示
    • 感染症
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 希望禁止
    • 妊婦・産婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
  • 慎重投与
    • 乳児
    • 幼児・小児
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 希望禁止
    • 新生児(0日〜27日)
    • 低出生体重児(0日〜27日)
  • 注意
    • 長期間投与されている女性

相互作用

処方理由

尿酸排泄促進薬
この薬をファーストチョイスする理由(2020年7月更新)
  • ・副作用が少なく、効果も多くの場合に認められるため、使用頻度が高い。(30歳代病院勤務医、心臓血管外科)

尿酸排泄促進薬
この薬をファーストチョイスする理由(2018年11月更新)
  • ・使い慣れているから。(30歳代病院勤務医、神経内科)

  • ・エビデンスあり。(50歳代開業医、一般内科)

  • ・治療効果が高い。(50歳代病院勤務医、消化器内科)

尿酸排泄促進薬
この薬をファーストチョイスする理由(2015年9月更新)
  • ・ブコロームは痛風発作時にも処方しているので、処方頻度が高くなる。(50代勤務医、一般内科)

  • ・尿酸排泄促進作用に加え、抗炎症作用があるため。(50代開業医、一般内科)

  • ・高尿酸血症治療薬としてよりも、ワーファリン増強剤として使用することが多い。(50代勤務医、リハビリテーション科)

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1). 手術後及び外傷後の炎症及び腫脹の緩解。
2). 次記疾患の消炎、鎮痛、解熱:関節リウマチ、変形性関節症、膀胱炎、多形滲出性紅斑、急性副鼻腔炎、急性中耳炎、子宮付属器炎。
3). 痛風の高尿酸血症の是正。

用法・用量(添付文書全文)

ブコロームとして、通常成人1日600〜1200mgを2〜4回に分割経口投与する。ただし、リウマチ疾患には1日900〜1200mg、痛風の高尿酸血症の是正には1日300〜900mgとする。なお、年齢、症状により適宜増減する。
(用法及び用量に関連する注意)
7.1. 他の消炎鎮痛剤との併用は避けることが望ましい。

副作用(添付文書全文)

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.1. 重大な副作用
11.1.1. 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens−Johnson症候群)(いずれも頻度不明)。
11.2. その他の副作用
1). 血液:(0.1〜5%未満)白血球減少、出血傾向、(0.1%未満)血小板減少、(頻度不明)貧血。
2). 肝臓:(頻度不明)肝機能検査値異常(AST上昇、ALT上昇、ALP上昇等)。
3). 過敏症:(0.1〜5%未満)発疹。
4). 消化器:(0.1〜5%未満)悪心、下痢、食欲不振、胃痛、腹痛、胃部不快感、(0.1%未満)嘔吐、軟便、腹部不快感、口内炎、口渇。
5). 精神神経系:(0.1〜5%未満)眠気、(0.1%未満)頭痛、ふらつき感。
6). その他:(0.1%未満)発熱、胸部灼熱感。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
2.1. 消化性潰瘍のある患者[症状を悪化させるおそれがある]。
2.2. 重篤な血液異常のある患者[血液障害が報告されており、血液異常を悪化させるおそれがある]〔9.1.1参照〕。
2.3. 重篤な肝障害のある患者[肝障害を悪化させるおそれがある]〔9.3.1参照〕。
2.4. 重篤な腎障害のある患者[腎障害を悪化させるおそれがある]〔9.2.1参照〕。
2.5. 本剤の成分に対し過敏症の患者。
2.6. アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者[重症喘息発作を誘発する]〔9.1.2参照〕。
(重要な基本的注意)
8.1. 消炎鎮痛剤による治療は原因療法ではなく対症療法であることに留意すること。
8.2. 慢性疾患(関節リウマチ、変形性関節症等)に対し本剤を用いる場合には、次の事項を考慮すること。
8.2.1. 慢性疾患(関節リウマチ、変形性関節症等)に対し本剤を長期投与する場合には定期的に尿検査、血液検査及び肝機能検査等を行い、また、異常が認められた場合には、減量、休薬等の適切な措置を講ずること。
8.2.2. 慢性疾患(関節リウマチ、変形性関節症等)に対し本剤を用いる場合には、薬物療法以外の療法も考慮すること。
8.3. 急性疾患に対し本剤を用いる場合には、次の事項を考慮すること。
8.3.1. 急性疾患に対し本剤を用いる場合には、急性炎症、疼痛及び発熱の程度を考慮し、投与すること。
8.3.2. 急性疾患に対し本剤を用いる場合には、原則として長期投与を避けること。
8.3.3. 急性疾患に対し本剤を用いる場合には、原因療法があればこれを行うこと。
8.4. 患者の状態を十分観察し、副作用の発現に留意すること。
(特定の背景を有する患者に関する注意)
(合併症・既往歴等のある患者)
9.1.1. 血液異常<重篤な血液異常を除く>又はその既往歴のある患者:血液異常の悪化あるいは再発させるおそれがある〔2.2参照〕。
9.1.2. 気管支喘息<アスピリン喘息又はその既往歴を除く>の患者:喘息発作があらわれることがある〔2.6参照〕。
9.1.3. 潰瘍性大腸炎の患者:症状を悪化させるおそれがある。
9.1.4. クローン病の患者:症状を悪化させるおそれがある。
9.1.5. 感染症を合併している患者:必要に応じて適切な抗菌剤を併用し、観察を十分に行い慎重に投与すること(感染症を不顕性化するおそれがある)。
(腎機能障害患者)
9.2.1. 重篤な腎障害のある患者:投与しないこと(腎障害を悪化させるおそれがある)〔2.4参照〕。
(肝機能障害患者)
9.3.1. 重篤な肝障害のある患者:投与しないこと(肝障害を悪化させるおそれがある)〔2.3参照〕。
(妊婦)
9.5.1. 妊娠末期の女性:投与しないことが望ましい(実験的高ビリルビン血症ラットで脳の限局性黄染を認めたとの報告があり、妊娠末期のラットに投与した実験で、弱い胎仔動脈管収縮が報告されている)。
9.5.2. 妊婦<妊娠末期を除く>又は妊娠している可能性のある女性:治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること(投与する際には、必要最小限にとどめ、適宜羊水量を確認するなど慎重に投与すること)。シクロオキシゲナーゼ阻害剤(経口剤、坐剤)を妊婦に使用し、胎児の腎機能障害及び尿量減少、それに伴う羊水過少症が起きたとの報告がある。
(小児等)
副作用の発現に特に注意し、必要最小限の使用にとどめるなど慎重に投与すること。新生児・低出生体重児には投与しないことが望ましい(実験的高ビリルビン血症ラットで脳の限局性黄染を認めたとの報告がある)。小児等を対象とした臨床試験は実施していない。
(高齢者)
副作用の発現に特に注意し、少量から投与を開始するなど必要最小限の使用にとどめ患者の状態を観察しながら慎重に投与すること(副作用があらわれやすい)。
(相互作用)
10.2. 併用注意:
クマリン系抗凝血剤(ワルファリンカリウム)[併用が必要な場合、本剤の投与量を減らすこと(抗凝血剤の作用を増強することがある)]。
(適用上の注意)
14.1. 薬剤交付時の注意
PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある)。
(その他の注意)
15.1. 臨床使用に基づく情報
非ステロイド性消炎鎮痛剤を長期間投与されている女性において、一時的不妊が認められたとの報告がある。
(保管上の注意)
室温保存。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。