日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

アズレンスルホン酸ナトリウム水和物・L−グルタミン顆粒薬一覧

主成分/剤形が同じ製品同士の薬価比較

薬剤名 薬価 製薬会社 先発/後発
マーズレンS配合顆粒 13.9円(1g) 寿製薬 先発品
アズクレニンS配合顆粒 6.4円(1g) 長生堂製薬 後発品
アズレンスルホン酸ナトリウム・L−グルタミン配合顆粒「クニヒロ」 6.4円(1g) 皇漢堂製薬 後発品
グリマック配合顆粒 6.4円(1g) 沢井製薬 後発品
グロリアミン配合顆粒 6.4円(1g) サンド 後発品
トーワズレン配合顆粒 6.4円(1g) 東和薬品 後発品
ポドニンS配合顆粒 6.4円(1g) 武田テバファーマ 後発品
マナミンGA配合顆粒 6.4円(1g) 鶴原製薬 後発品
ヨウズレンS配合顆粒 6.4円(1g) 陽進堂 後発品
ルフレン配合顆粒 6.4円(1g) 日医工 後発品

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 抗凝固薬の服用を怖がる患者にどう説明する? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ
  2. 寿司を食べた翌日の心窩部痛、正しい診断は? 診断エラー学のすすめ
  3. 眼の奥の激痛、群発頭痛以外で見落としNGは? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  4. 抗体医薬裁判の行方「1抗原1薬剤」の未来も 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
  5. 総合感冒薬3製品の違いをどう説明するか 伊東明彦の「解けるか?薬学生!」
  6. 2診体制の導入でよくある失敗例 診療所経営駆け込み寺
  7. 【動画】仲良くも冷たくもしない医師患者関係 國松淳和の「患者を磁石のように惹き付ける初診外来術」
  8. フルオロキノロン系薬とキノロン系薬の重大な副作用… 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」
  9. 選択肢が広がる生理用品――月経ディスクの場合 緒方さやかの「米国NPの診察日記」
  10. ゾフルーザ耐性変異株で初のヒト-ヒト感染例 インフルエンザ診療Next:トピックス
医師と医学研究者におすすめの英文校正