日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

JAK阻害薬(外用塗布薬) 解説

じゃっくそがいやく(がいようとふやく)

JAK阻害薬(外用塗布薬)の解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • アトピー性皮膚炎の病態に深く関わる物質の働きを抑えることで痒みなどの症状を改善する薬
    • アトピー性皮膚炎は皮膚の乾燥やバリアー機能異常に様々な刺激やアレルギー反応が加わり痒みなどの症状があらわれる
    • アトピー性皮膚炎の病態には炎症性サイトカインという物質が深く関わる
    • 本剤は炎症性サイトカインによるシグナル伝達に関わるJAKという酵素の働きを阻害する作用をあらわす
詳しい薬理作用

アトピー性皮膚炎は、皮膚の乾燥やバリアー機能異常などがあり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じる慢性的な皮膚炎で主に痒みなどの症状を伴う。

体内では種々の炎症反応が引き起こされるが、炎症反応を引き起こす要因となる化学伝達物質のひとつに炎症性サイトカインがある。アトピー性皮膚炎などのアレルギー反応が関わる病態には、炎症性サイトカインが深く関わるとされ、その中でもインターロイキン(IL)などは主な炎症性サイトカインとなる。ILの情報伝達に必要な酵素としてヤヌスキナーゼ(JAK)がある。

本剤はJAKへの阻害作用により、ILなどの炎症性サイトカインによるシグナル伝達を阻害し、サイトカインにより誘発される免疫細胞や炎症細胞の活性化を抑えることで皮膚の炎症を抑える効果やサイトカインにより誘発される掻痒(痒み)などを抑える効果が期待できる。

主な副作用や注意点
  • 感染症(寄生虫などの感染を含む)
    • 毛包炎やヘルペスなどがあらわれる場合がある
  • 皮膚症状
    • 接触皮膚炎、ざ瘡、刺激感、紅斑、痒みなどがあらわれる場合がある
一般的な商品とその特徴
コレクチム
  • デルゴシチニブ製剤
    • 通常、1日2回塗布する

薬の種類一覧

JAK阻害薬(外用塗布薬)の医療用医薬品(処方薬)
外用薬:皮膚塗布剤

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。