日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

α2刺激薬・β遮断薬配合剤(点眼薬) 解説

あるふぁつーしげきやく・べーたしゃだんやくはうごうざい(てんがんやく)

α2刺激薬・β遮断薬配合剤(点眼薬)の解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • 房水(眼房水)の産生を抑えたり房水流出を促進させることで眼圧を下げる薬
    • 緑内障では眼の中の圧力(眼圧)が高くなり、視野が狭くなるなどにより目が見えづらくなる
    • 眼圧上昇の主な要因として房水(眼房水)という体液があり、房水が過度に産生されたり流出が滞ると眼圧が上昇する
    • 本剤は房水産生を抑え房水流出を促進させるα2刺激薬と房水産生を抑えるβ遮断薬の配合剤
詳しい薬理作用

緑内障は、眼球内部の圧力(眼圧)が高くなり、視神経が障害され、眼が見えづらくなったり視野の欠損などがあらわれる目の病気。眼圧上昇の主な要因としては、眼球を満たす房水(眼房水)という体液が、過剰に産生されたり、うまく排出(流出)されないことなどがある。

交感神経の受容体にはα受容体やβ受容体があり、房水の産生などに深く関わる。交感神経のα受容体にはいくつかのタイプがあるが、その中のα2受容体を刺激すると、房水の産生を抑えたり、ぶどう膜強膜流出路からの房水流出を促進させることができる。β受容体を遮断すると房水の産生を抑えることができる。

本剤は、α2刺激薬とβ遮断薬の配合剤で、房水産生を抑えたり房水流出を促進させることで眼圧降下作用をあらわす。本剤は1回の点眼手技で2種類の成分を同時に点眼できるため、アドヒアランス(患者が積極的に治療方針の決定に参加し、その決定に従って治療を受けること)などへのメリットも考えられる。

主な副作用や注意点
  • 眼症状
    • 角膜炎、充血、刺激感、結膜炎などがあらわれる場合がある
  • 呼吸器症状
    • 鼻刺激感、鼻炎、気管支炎などがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状
    • めまい、頭痛、傾眠などがあらわれる可能性がある
  • 全身に対する副作用
    • 点眼後、薬液が眼と鼻をつなぐ管(鼻涙管)を通り体内へ吸収されることによって生じる
    • 頻度は稀とされるが、気管支喘息の誘発・悪化、血圧低下、不整脈などがあらわれる場合がある
一般的な商品とその特徴
アイベータ
  • ブリモニジン(α2刺激薬:アイファガン点眼液の成分)とチモロール(β遮断薬:チモプトール点眼液などの成分)の配合剤

薬の種類一覧

α2刺激薬・β遮断薬配合剤(点眼薬)の医療用医薬品(処方薬)
外用薬:目・耳鼻用剤

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。