日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

レテルモビル(抗サイトメガロウイルス化学療法剤) 解説

れてるもびる(こうさいとめがろういるすかがくりょうほうざい)

レテルモビル(抗サイトメガロウイルス化学療法剤)の解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • サイトメガロウイルス(CMV)の増殖に必要な酵素(複合体)の働きを阻害することで抗ウイルス作用をあらわす薬
    • CMVはヘルペスウイルスの一種で特に免疫が弱っている状態で感染すると肺炎、網膜炎などを引き起こす場合がある
    • ウイルスの増殖には遺伝情報をもつDNAの複製が必要で、複製されたDNAはDNAターミナーゼという酵素によって切断される必要がある
    • 本剤はDNAターミナーゼ複合体を阻害する作用をあらわす
詳しい薬理作用

サイトメガロウイルス感染症はヘルペスウイルスの一種であるサイトメガロウイルス(CMV)の感染により肺炎(サイトメガロウイルス肺炎)や網膜炎(サイトメガロウイルス網膜炎)、胃腸炎、脳炎などが引き起こされる。通常(健常状態)では問題になることが少ないCMVによる感染だが、がん化学療法の実施や免疫抑制薬などによって免疫力が低下している状態では、潜伏感染していたCMVの再活性化やCMV感染症へのリスクが高く、全身状態の悪化や致死的な症状を引き起こす懸念が生じる。

CMVが宿主細胞に吸着・侵入すると、遺伝情報をもつウイルスDNAが核内へ注入され潜伏化する。なんらかの理由によってウイルスが再活性化されウイルスDNAの複製が開始されると、複製されたDNAはDNAターミナーゼという酵素によって切断され、殻(カプシド)に封入される。その後、テグメントやエンベロープといった構造を獲得し、完全なCMVとなって細胞外へ放出され感染がひろがる。

本剤(レテルモビル)は、CMVのウイルス粒子の形成に必要なDNAターミナーゼ複合体を阻害することでウイルスの増殖を抑える。なお、本剤は主にCMV感染によるリスクが高いとされる造血幹細胞移植(同種造血幹細胞移植)実施後のCMV感染症の発症抑制に対して使われる。

主な副作用や注意点
  • 消化器症状
    • 吐き気、下痢、嘔吐などがあらわれる場合がある
  • 過敏症
    • 頻度は非常に稀とされているが注意は必要
    • 皮膚の広い範囲が赤くなる、高熱、喉の痛み、全身のだるさ、リンパ節が腫れるなどがみられ、症状が続いたり急激に悪化する場合には放置せず、医師や薬剤師へ連絡する
  • 本剤との相互作用に関して
    • 本剤投与による薬物代謝酵素などへの影響により、一部の薬剤成分の血中濃度が変動する可能性がある
    • 本剤と併用禁忌(併用禁止)の薬剤例・ピモジド、エルゴタミン製剤
    • 本剤と併用注意の薬剤例・フェンタニル(オピオイド鎮痛薬)、ボリコナゾール(抗真菌薬)、アトルバスタチンやロスバスタチンなどの一部のスタチン系高脂血症治療薬、シクロスポリンやタクロリムスなどの一部の免疫抑制薬、などは本剤と併用により血中濃度が変動する可能性があり注意が必要
一般的な商品とその特徴
プレバイミス
  • レテルモビル製剤
  • 剤形に関して
    • 内服薬(錠剤)と注射剤があり用途などに合わせた選択が可能

薬の種類一覧

レテルモビル(抗サイトメガロウイルス化学療法剤)の医療用医薬品(処方薬)
注射薬:液剤
内用薬:錠剤

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。