日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

エロビキシバット(胆汁酸トランスポーター阻害薬)解説

えろびきしばっと(たんじゅうさんとらんすぽーたーそがいやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 胆汁酸トランスポーター(IBAT)という物質を阻害し、大腸管腔内の水分分泌や消化管運動を促進させることで便秘を改善する薬
    • 便秘は排便が順調に行われない状態で、特に慢性便秘では長期間その状態が続いている
    • 肝臓で合成される胆汁酸は大腸管腔内への水分分泌や消化管運動を促進させる
    • 本剤はIBATを阻害することで胆汁酸の大腸への移行を促す作用をあらわす

詳しい薬理作用

便秘は排便が順調に行われない状態で、なんらかの原因によって腸の動きが弱くなっていたり神経機能が低下することなどによっておこる。お腹が張る、げっぷが出るなどの症状があらわれ、場合によっては高血圧や腸閉塞などへのリスクとなることも考えられる。

肝臓でコレステロールから合成された胆汁酸は胆汁の主な成分として胆嚢や胆管を経て十二指腸に分泌されるが、その多くは小腸で再吸収され肝臓に戻る腸肝循環が行われている。再吸収されなかった胆汁酸は大腸管腔内に水分を分泌させ、さらに消化管運動を促進させる作用などをあらわす。

エロビキシバットは回腸末端部の上皮細胞に発現している胆汁酸トランスポーター(IBAT:ileal bile acid transporter)を阻害し、胆汁酸の再吸収を抑制することで、大腸管腔内に流入する胆汁酸の量を増加させる作用をあらわす。これによって大腸管腔内への水分の分泌が増加し、さらに消化管運動を促進させることで便秘改善効果をあらわすとされる。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 腹痛、下痢、吐き気などがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状
    • 頻度は稀とされるが、頭痛、めまいなどがあらわれる場合がある
  • 肝機能検査異常
    • ALTやAST上昇などの肝機能検査異常があらわれる場合がある
  • 過敏症
    • 頻度は稀とされるが、蕁麻疹、発疹などがあらわれる場合がある
  • 胆汁酸を吸着する薬剤との相互作用(飲み合わせ)に関して
    • アルミニウム含有制酸剤(スクラルファート、アルジオキサなど)、コレスチミド、コレスチラミンなどは胆汁酸吸着作用により併用することで本剤の作用が減弱する可能性がある
    • スクラルファートやアルジオキサなどのアルミニウム含有制酸剤は処方薬(医療用医薬品)だけでなく多くの市販薬(一般用医薬品)の成分として使われているため注意が必要

一般的な商品とその特徴

グーフィス

  • 通常、1日1回食前に服用する

薬の種類一覧

エロビキシバット(胆汁酸トランスポーター阻害薬)の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 裁判官は医師の過失をどのように判断するのか 裁判官が語る医療訴訟の実像
  2. おいおい、簡単に医師を辞めちゃいけないよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
  3. 中古機器、「美品」を買えて喜んだのも束の間… 開業の落とし穴
  4. AIは放射線科医に代わるのか? 答えはNo 学会トピック◎第78回日本医学放射線学会総会
  5. 過去5年の得点率から今年の対策を考える 総合内科専門医試験 「一発合格」への道
  6. 糖尿病患者の腎症進行の原因物質を同定、新たな治療… シリーズ◎腎臓を守る最新の治療戦略
  7. 5年ぶり改訂、高血圧治療ガイドラインが発表 降圧目標を下げ早期からの生活習慣改善を強調
  8. 吸ステ単剤:オルベスコが初めてランクイン NMO処方サーベイ
  9. お別れを言いに来たミチオさん ぐるぐる訪問看護
  10. 100床の外国人専用病院計画で露見した制度の穴 リポート◎“自由診療だけの病院”は病床規制を無視できる?
医師と医学研究者におすすめの英文校正