日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

サリルマブ(IL-6阻害薬:関節リウマチ治療薬)解説

さりるまぶ(いんたーろいきん6そがいやく:かんせつりうまちちりょうやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 炎症をおこす要因となるIL-6(インターロイキン6)の働きを抑え、関節リウマチによる症状を改善し、骨などの損傷を防ぐ薬
    • 関節リウマチでは免疫の異常により炎症反応がおき関節の腫れなどがあらわれ、腫れが続くと骨が壊され変形する
    • 炎症をおこす要因となるIL-6という物質があり、IL-6受容体に結合してその作用をあらわす
    • 本剤はIL-6受容体に結合し、IL-6を介するシグナル伝達を阻害する作用をあらわす

詳しい薬理作用

関節リウマチは免疫の異常によって炎症反応がおこる自己免疫疾患の一つで、関節の腫れや痛みなどがあらわれ関節の腫れが続くと骨が壊されてしまう。

関節リウマチでは異常な免疫反応により炎症性のサイトカインという物質が過剰に産生されていてこれが炎症反応などを引き起こす要因となる。炎症性サイトカインの中にインターロイキン6(IL-6)という物質があり、炎症に由来する様々な症状を引き起こしている。IL-6は関節リウマチにおける全身性炎症、滑膜炎などの症状やこれらにつながるT細胞、B細胞、単球及び破骨細胞の関節箇所への浸潤や活性化などに関わるとされている。

サリルマブはIL-6の受容体であるIL-6受容体αサブユニット(IL-6Rα)に結合し、IL-6を介するシグナル伝達を阻害することで、関節の腫れや痛みなどの症状を緩和し関節や骨に対する損傷を防ぐ作用などをあらわす。(尚、本剤は特定物質に結合する抗体として造られたモノクローナル抗体となる)

主な副作用や注意点

  • 血液症状
    • 好中球減少症、血小板減少症などがあらわれる場合がある
    • 突然の高熱、寒気、あざができやすい、出血しやすいなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 感染症(重篤な感染症を含む)
    • 鼻咽頭炎、上気道感染などがあらわれることがあり、頻度は稀だが蜂巣炎、肺炎などの感染症があらわれる可能性もある
  • 肝機能障害
    • 肝機能異常によりAST、ALTの上昇等があらわれる場合がある
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • アナフィラキシー
    • 頻度は非常に稀とされるがおこる可能性がある
    • 皮膚の痒み、蕁麻疹、声のかすれ、息苦しさ、意識の混濁などがみられる場合がある
    • 上記のような症状がみられる場合はすみやかに医師に連絡する

一般的な商品とその特徴

ケブザラ

  • 関節リウマチに対しては通常、2週間隔で皮下投与する
  • シリンジ製剤の他、皮膚に押しあてることで注射が可能なオートインジェクターの剤形(剤型)がある

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 高齢者の「食べられない」に直面したら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part V
  2. ノーベル生理学医学賞受賞の「HIF」って何? 1分解説◎細胞の低酸素応答の仕組み、貧血や虚血障害治療に応用も
  3. 50代パート職員の「無期契約」依頼に院長は… 院長を悩ます職員トラブル大研究
  4. フォーミュラリーではゾフルーザを非推奨に インタビュー◎昭和大学病院薬剤部長の佐々木忠徳氏に聞く
  5. 開業医に経済的なメリットなし、だけど… 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《3》
  6. ラグビーW杯、熱狂と隣り合わせの危険 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  7. β3刺激薬のベタニスがシェア急拡大 NMO処方サーベイ
  8. 2型糖尿病は最初から併用療法を行うべき? Lancet誌から
  9. 70 歳女性。脈の結滞 日経メディクイズ●心電図
  10. 下肢静脈瘤を瞬間接着剤で低侵襲に治療する トレンド◎注目の「グルー治療」が登場間近
医師と医学研究者におすすめの英文校正