日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

アフリベルセプト ベータ製剤(VEGF阻害剤) 解説

あふりべるせぷとべーたせいざい(ぶいいーじーえふそがいざい)

アフリベルセプト ベータ製剤(VEGF阻害剤)の解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • がん細胞の増殖に必要なVEGFという物質の働きを阻害し、血管新生を阻害することで抗腫瘍効果をあらわす薬
    • がん細胞は無秩序な増殖を繰り返したり転移を行うことで、正常な細胞を障害し組織を壊す
    • がん細胞の増殖には、がんに栄養を送る血管の新生が必要となり血管内皮増殖因子(VEGF)という物質が深く関わる
    • 本剤はVEGFとその受容体(VEGFR)との結合を阻害することで腫瘍における血管新生を阻害する作用をあらわす
詳しい薬理作用

がん細胞は無秩序な増殖を繰り返し正常な細胞を障害し、転移を行うことで本来がんのかたまりがない組織でも増殖する。

がん細胞の増殖に伴い、がんに栄養を送る血管を新たにつくる血管新生が必要となる。血管新生にはVEGF(Vascular Endothelial Growth Factor:血管内皮増殖因子)という物質が深く関わり、自身の受容体であるVEGFR(血管内皮増殖因子受容体)に結合することで作用をあらわす。(VEGFにはVEGF-AやVEGF-Bなどの種類があり、これら血管新生や血管形成などに関与する増殖因子をVEGFファミリーと呼ぶ。)

本剤はVEGF-A、VEGF-B及びPlGF(Placenta Groeth Factor:胎盤増殖因子といって大腸がんや乳がんなどでも発現が報告されているVEGFファミリーのひとつ)とVEGFRとの結合を阻害することで腫瘍における血管新生を阻害し、抗腫瘍効果をあらわすとされる。

大腸がんの化学療法において、フルオロウラシル(5-FU)、レボホリナート(LV、l-ロイコボリン)及びイリノテカン(IRI、CPT-11)を併用するFOLFIRI療法が標準治療となっているが、本剤は主に大腸がん治療におけるオキサリプラチン主体の一次治療後の二次治療において、FOLFIRI療法との併用による有効性が確認されている。

がん細胞は無秩序な増殖を繰り返し正常な細胞を障害し、転移を行うことで本来がんのかたまりがない組織でも増殖する。

がん細胞の増殖に伴い、がんに栄養を送る血管を新たにつくる血管新生が必要となる。血管新生にはVEGF(Vascular Endothelial Growth Factor:血管内皮増殖因子)という物質が深く関わり、自身の受容体であるVEGFR(血管内皮増殖因子受容体)に結合することで作用をあらわす。(VEGFにはVEGF-AやVEGF-Bなどの種類があり、これら血管新生や血管形成などに関与する増殖因子をVEGFファミリーと呼ぶ。)

本剤はVEGF-A、VEGF-B及びPlGF(Placenta Groeth Factor:胎盤増殖因子といって大腸がんや乳がんなどでも発現が報告されているVEGFファミリーのひとつ)とVEGFRとの結合を阻害することで腫瘍における血管新生を阻害し、抗腫瘍効果をあらわすとされる。

大腸がんの化学療法において、フルオロウラシル(5-FU)、レボホリナート(LV、l-ロイコボリン)及びイリノテカン(IRI、CPT-11)を併用するFOLFIRI療法が標準治療となっているが、本剤は主に大腸がん治療におけるオキサリプラチン主体の一次治療後の二次治療において、FOLFIRI療法との併用による有効性が確認されている。

主な副作用や注意点
  • 消化器症状
    • 下痢、吐き気、口内炎などがあらわれる場合がある
  • 心・血管系症状
    • 高血圧、頻脈、動悸などがあらわれる場合がある
  • 出血
    • 鼻出血、消化管出血(吐血、下血)、肺出血(血痰、喀血)、頭蓋内出血などがあらわれる場合がある
  • 創傷治癒遅延
    • 創傷治癒に影響を及ぼす場合がある
  • 全身症状
    • 疲労、体重減少、脱水などがあらわれる場合がある
  • インフュージョンリアクション
    • 気管支痙攣、呼吸困難、血管浮腫、アナフィラキシー、痒みや皮疹などの皮膚症状などがあらわれる場合がある
  • 骨髄抑制
    • 好中球減少、血小板減少、白血球減少貧血などがあらわれる場合がある
    • 場合によっては発熱を伴う症状(発熱性好中球減少症)などを引き起こすこともあり、特に突然の発熱、さむけ、喉の痛みなどの症状が見られる場合は放置せず医師や薬剤師に連絡する
  • 血栓症(血栓塞栓症 など)
    • 手足のまひやしびれ、しゃべりにくい、胸の痛み、呼吸困難、片方の足の急激な痛みや腫れなどがみられた場合は放置せず、速やかに医師や薬剤師に連絡する
一般的な商品とその特徴
ザルトラップ
  • 通常、進行・再発の大腸がん(結腸がん・直腸がん)に使用する
  • 併用する薬剤や投与方法などに関して
    • 本剤は通常、FOLFIRI療法(フルオロウラシル、レボホリナート、イリノテカンの併用療法)と併用する
    • 本剤の投与は通常、2週間に1回行う

薬の種類一覧

アフリベルセプト ベータ製剤(VEGF阻害剤)の医療用医薬品(処方薬)
注射薬:液剤

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。