日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

リンコマイシン系抗菌薬(クリンダマイシン内服薬・注射剤) 解説

りんこまいしんけいこうきんやく(くりんだまいしんないふくやく・ちゅうしゃざい)

リンコマイシン系抗菌薬(クリンダマイシン内服薬・注射剤)の解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • 細菌のタンパク質合成を阻害し、細菌の増殖を抑えることで抗菌作用をあらわす薬
    • 細菌の生命維持や増殖にはタンパク質合成が必要となる
    • タンパク質合成はリボソームという器官で行われ、細菌のリボソームは30Sと50Sのサブユニットに分けられる
    • 本剤は細菌の50Sサブユニットに作用し、タンパク質合成を阻害することで細菌の増殖を抑える
詳しい薬理作用

細菌の生命維持や増殖にはタンパク質合成が必要となり、それはリボソームという器官で行われる。細菌のリボソームは30Sと50Sというサブユニットに分けられる。

クリンダマイシンはリンコマイシン系という種類に分類される抗菌薬で、細菌のリボソーム50Sサブユニットに作用し、ペプチド転移酵素反応の阻害作用により、タンパク質合成阻害作用をあらわす。

クリンダマイシンは細菌の種類の中でも、グラム陽性球菌群(黄色ブドウ球菌〔MRSA以外〕、A群溶血性連鎖球菌、肺炎球菌)、嫌気性菌群(バクテロイデス、プレボテラなど)などに対して抗菌作用をあらわす。(嫌気性菌であっても、クロストリジウム・ディフィシルには活性を示さない。また近年では、バクテロイデス・フラジリスへの耐性がみられる)

主な副作用や注意点
  • 皮膚症状
    • 頻度は稀だが、発疹、痒み、紅斑などがあらわれる場合がある
  • 消化器症状
    • 頻度は稀だが、下痢、吐き気、食欲不振、腹痛などがあらわれる場合がある
  • 肝機能障害
    • 頻度は非常に稀だが、ASTやALTなどの上昇を伴う肝機能障害や黄疸があらわれる可能性がある
一般的な商品とその特徴
ダラシン
  • クリンダマイシン製剤
  • 内服薬(ダラシンカプセル)と注射剤(ダラシンS注射液)があり、用途などに合わせて選択される
    • ダラシンには外用塗布薬(ゲル剤、ローション剤)もあり、尋常性ざ瘡(にきび)などの治療薬として使われる
  • 内服薬(ダラシンカプセル)の服用に関する注意
    • 飲み込んだ後、食道に留まると、稀に食道潰瘍を引き起こす可能性があるため、十分量の水で飲むなど適切に服用する

薬の種類一覧

リンコマイシン系抗菌薬(クリンダマイシン内服薬・注射剤)の医療用医薬品(処方薬)
注射薬:キット類
注射薬:液剤
内用薬:カプセル剤

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。