日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ピモベンダン(心不全治療薬) 解説

ピモベンダン(しんふぜんちりょうやく)

ピモベンダン(心不全治療薬)の解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • 心筋におけるCa(カルシウム)イオンの感受性の増強作用などにより、心筋機能を改善させ、心不全による症状を改善する薬
    • 心不全は何らかの原因により心臓の働きが弱くなり、息切れや息苦しさなどの症状があらわれる
    • 心筋の収縮は心筋細胞内のCaイオンなどの働きによっておこる
    • 本剤は心筋のCaイオン感受性の増強作用やPDE3(ホスホジエステラーゼ3)という酵素の阻害作用により心筋機能の改善作用をあらわす
詳しい薬理作用

心不全は何らかの原因により心臓の働きが弱くなり、全身に血液を送りづらくなる病気で、息切れ、息苦しさ、体のむくみなどの症状があらわれる。

心筋の収縮は筋小胞体というところからCa2+(カルシウムイオン)が放出され、筋原線維のトロポニンCという物質と結合し、アクチンとミオシンが相互作用(滑走)することによりおこる。

ピモベンダンはトロポニンCに対するCa2+の結合親和性を高めることで心筋のCa2+感受性を増強する作用をあらわす。

またピモベンダンはPDE3(ホスホジエステラーゼ3)という酵素を阻害する作用をあらわしcAMPの濃度を上昇させ、これによりPKA(プロテインキナーゼA)という物質が活性化する。PKAは心筋細胞内Ca2+濃度を上昇させ、心筋の収縮力を高めるとともに、筋小胞体へのCa2+の再取り込みを促進させ心筋拡張機能を改善する作用をあらわす。

ピモベンダンはこれらの作用によって心筋機能を改善させ、心不全による息切れ、息苦しさなどの症状を改善する作用をあらわす。

主な副作用や注意点
  • 消化器症状
    • 腹痛、食欲不振、吐き気などがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状
    • 頭痛、めまいなどがあらわれる場合がある
  • 循環器症状
    • 動悸、低血圧などがあらわれ、場合によっては心房細動や心室頻拍などの重篤な症状があらわれる可能性もある
  • 肝機能障害
    • 頻度は非常に稀とされるが、AST、ALT、γ-GTPの上昇などを伴う肝機能障害があらわれる可能性がある
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸、発疹、吐き気・嘔吐、痒みなどがみられ症状が続く場合には放置せず、医師や薬剤師に連絡する
一般的な商品とその特徴
アカルディ
  • ピモベンダンのカプセル剤
    • 規格として1.25mgと2.5mgがある
ピモベンダン「TE」
  • ピモベンダンの錠剤
    • 規格として0.625mg、1.25mg、2.5mgがある

薬の種類一覧

ピモベンダン(心不全治療薬)の医療用医薬品(処方薬)
内用薬:カプセル剤
内用薬:錠剤

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。