日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

イブプロフェン|ブルフェン(処方薬)、イブ(市販薬)など解説

いぶぷろふぇん、ぶるふぇん(しょほうやく)、いぶ(しはんやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 炎症、痛み、発熱などを引き起こす体内物質(プロスタグランジン)を抑えることで、抗炎症作用や解熱鎮痛作用などをあらわす薬
    • 医療用医薬品(処方薬)の主な用途・関節リウマチ、関節痛、関節炎、神経痛、月経困難症など・手術や外傷後の消炎・鎮痛・急性上気道炎などへの解熱・鎮痛
    • OTC医薬品(市販薬)の主な用途・月経痛(生理痛)、頭痛、歯痛、咽頭痛、関節痛、筋肉痛、神経痛、腰痛など・悪寒・発熱時の解熱
  • 本剤はNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)に分類される薬剤の一つ

詳しい薬理作用

体内で炎症や痛み、熱などを引きおこす物質にプロスタグランジン(PG)というものがある。体内でPGはアラキドン酸という物質からシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素の作用などによって生成される。

PGは炎症や痛みを引き起こす要因となる他、脳の視床下部にある体温調節中枢に指令を伝え、この指令を受け取った体温調節中枢は身体各部に体温を上げるように指示を出す。これにより発熱が生じる。

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)はCOXを阻害することでPGの生成を抑え、痛みや炎症、発熱などを抑える作用をあらわす。(医療用医薬品(処方薬)としてのNSAIDsの詳細

イブプロフェンはNSAIDsの薬剤の一つでPG生成を抑えることで、抗炎症作用、解熱鎮痛作用などをあらわす。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状(主に内服薬)
    • 胃部不快感、食欲不振、腹痛、吐き気などがあらわれる場合がある
  • 皮膚症状
    • 頻度は稀だが、かゆみ、発疹などがあらわれる場合がある
  • 喘息発作(アスピリン喘息など)(主に内服薬)
    • 頻度は非常に稀だが、気管支収縮作用などにより咳などの呼吸器症状があらわれる可能性がある
    • 息をするときゼーゼー・ヒューヒュー鳴る、息苦しい、息苦しいなどの症状がみられる場合はすみやかに医師に連絡する
  • 腎機能障害(急性腎障害など)(主に内服薬)
    • 頻度は非常に稀である
    • 尿量が少なくなる、ほとんど尿が出ない、一時的に尿量が多くなる、発疹、むくみ、体がだるいなどの症状がみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

ブルフェン(処方薬・内服薬)

  • 剤形に錠剤、顆粒剤があり、用途や嚥下状態などに合わせて選択可能
    • 必要に応じて用法用量などを調節することで通常、5歳の小児から使用が可能

イブ(市販薬・内服薬)

  • イブシリーズの多くはイブプロフェンを主な有効成分とする製剤
  • イブシリーズの製剤例
    • イブ:有効成分としてイブプロフェン単独を含む製剤
    • イブA錠:有効成分としてイブプロフェンに加え解熱鎮痛効果を高めるアリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェインを配合した製剤
    • イブA錠EX:「イブA錠」に含まれるイブプロフェンの1回量(150mg)を1回量200mgに増量した製剤
    • イブクイック頭痛薬:「イブA錠」に含まれる3種の有効成分に加え、胃粘膜保護及びイブプロフェンの吸収促進成分の酸化マグネシウムを配合し、頭痛によりしっかり効くように設計された製剤
    • イブクイック頭痛薬EX:「イブクイック頭痛薬」に含まれるイブプロフェンの1回量(150mg)を1回量200mgに増量した製剤

スタデルム(処方薬・外用薬) ベシカム(処方薬・外用薬)

  • イブプロフェンを元に造られたイブプロフェンピコノールを主成分とする外用薬(塗り薬)
    • 軟膏剤、クリーム剤があり、用途などに合わせて選択される
  • 主な用途
    • 皮膚炎(接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎など)、帯状疱疹、尋常性ざ瘡など

メンソレータムアクネス25メディカルクリームb(市販薬・外用薬) ペアアクネクリームW(市販薬・外用薬) など

  • イブプロフェンを元に造られたイブプロフェンピコノールを主な有効成分とする外用薬(塗り薬)
  • 主な用途
    • ニキビ(尋常性ざ瘡)・イブプロフェンピコノールはニキビの原因菌(アクネ菌)による面ぽうの生成を抑え、抗炎症作用により赤いニキビを抑える作用などをあらわす
  • イブプロフェンピコノールとイソプロピルメチルフェノール(ニキビの原因となるアクネ菌などに対する殺菌作用をあらわす)の配合製剤の例
    • メンソレータムアクネス25メディカルクリームb
    • ペアアクネクリームW
    • モアファイン アクネ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. tPAや血栓回収が使える脳梗塞が大幅に広がる! トレンド◎脳卒中治療ガイドライン追補2019がまもなく公開
  2. 全てのラニチジン製剤の出荷が一時停止に 海外での発癌性物質NDMA検出を受け
  3. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
  4. 今季のインフルエンザ、異常な立ち上がりに インフルエンザ診療Next:トピックス
  5. 胃瘻ではなく経鼻胃管を選択したが…… 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」
  6. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急
  7. 日本人のオピオイド誘発性便秘の頻度は? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  8. 10歳代に増えるOTC薬の乱用、やっぱり危険! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  9. 【漫画】薬局で売れているもの ガンバレ薬剤師
  10. 憩室炎を繰り返す患者を診たら考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
医師と医学研究者におすすめの英文校正