日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ビガバトリン 解説

びがばとりん

ビガバトリンの解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • 脳内の抑制性神経伝達物質であるGABA(γーアミノ酪酸)の濃度を高めることで、てんかん(主に点頭てんかん)発作を抑える薬
    • てんかんは脳内神経の過度な興奮などによりおこるとされ、てんかんの中でも点頭てんかん(West症候群)は小児期の難治性てんかんの一つ
    • 脳内でGABAは抑制性の神経伝達物質となるが、GABA-Tという酵素によって分解される
    • 本剤はGABA-Tを阻害することで、脳内のGABA濃度を増加させる作用をあらわす
  • 本剤は点頭てんかんの特徴であるスパズムの減少、ヒプスアリスミアの消失・改善などの効果が期待できる薬剤
詳しい薬理作用

てんかんは脳内で神経の過度な興奮がおこることによって痙攣などの発作があらわれる。てんかんの中でも点頭てんかん(West症候群)は小児期の難治性てんかんの一つで、スパズム(頸部、体幹、四肢の筋肉の短時間の痙縮)やヒプスアリスミア(もともとある脳波のリズムや他のてんかんで認めるリズムのある異常脳波とは異なり、多くの棘波、徐波が色々な場所から不規則に発現している状態)という脳波所見を特徴とし、しばしば精神運動発達の退行(遅滞)をきたす。

脳には神経細胞が集積していて、神経伝達物質などの作用により神経細胞が興奮しシグナルが伝わり神経伝達がおこる。神経伝達物質の中でもGABA(γーアミノ酪酸)は神経細胞の抑制性のシグナルとして作用する。GABAはGABAーT(GABAアミノ基転移酵素:GABAトランスアミナーゼ)という酵素によって分解される。

本剤(ビガバトリン)はGABAーTに結合し、この酵素活性を阻害することでGABAの分解を抑え、脳内のGABA濃度を増加させることで、てんかん発作を抑える作用をあらわすとされる。本剤は点頭てんかんの特徴である特有のスパズム頻度の減少、ヒプスアリスミアの消失・改善などの効果が確認されている。

主な副作用や注意点
  • 精神神経系症状
    • 感情の激しい高ぶり、不眠、眠気、めまいなどがあらわれる場合がある
  • 栄養障害
    • 食欲減退などがあらわれる場合がある
  • 眼症状
    • 網膜障害による視野障害や視力障害、視神経炎などがあらわれる可能性がある
    • 本剤服用中は定期的な視野検査を行うなど特に注意が必要とされる
一般的な商品とその特徴
サブリル
  • 服用方法など
    • 本剤は散剤であり通常、1日2回に分けて、用時溶解して服用する

薬の種類一覧

ビガバトリンの医療用医薬品(処方薬)
内用薬:散剤

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。