日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

分子標的薬(BRAF阻害薬)解説

ぶんしひょうてきやく(びーらふそがいやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 異常な細胞増殖の因子となる変異型BRAFというキナーゼタンパク質の活性を阻害し抗腫瘍効果をあらわす薬
    • がん細胞は無秩序な増殖を繰り返したり転移を行うことで正常ながん細胞を障害し組織を壊す
    • 細胞増殖のシグナル伝達で重要な因子となるBRAFというキナーゼタンパク質があり、このBRAFに変異がおこると細胞増殖が異常に促進する
    • 転移性悪性黒色腫ではBRAF変異がみられる場合がある
    • 本剤は活性化変異型のBRAFキナーゼを阻害することで抗腫瘍効果をあらわす
  • 本剤はがん細胞の増殖などに関わる特定の分子の情報伝達を阻害することで抗腫瘍効果をあらわす分子標的薬となる

詳しい薬理作用

がん細胞は無秩序な増殖を繰り返し、正常な細胞を障害し転移を行うことで本来がんのかたまりがない組織でも増殖する。

細胞増殖のシグナル伝達で重要な因子となるBRAFというキナーゼタンパク質があり、このBRAFに変異がおこると、常に活性をもち細胞増殖が異常に促進する。転移性悪性黒色腫ではBRAF変異がみられる場合がある。

本剤はBRAFのV600変異(アミノ酸配列600番目のバリンが変異:V600E、V600D など)を含む活性化変異型のBRAFキナーゼを阻害することで、BRAFのV600変異を有する腫瘍の増殖抑制作用をあらわす。本剤は通常、BRAF変異がみられる悪性黒色腫に使用し、がん細胞の増殖などに関わる分子の情報伝達を阻害することで抗腫瘍効果をあらわす分子標的薬となる。

主な副作用や注意点

  • 皮膚症状
    • 発疹、過敏症、脱毛などがあらわれる場合がある
    • 皮膚状態の確認や紫外線対策なども重要となる
  • 筋・骨格症状
    • 関節痛、筋骨格痛、四肢痛などがあらわれる場合がある
  • 消化器症状
    • 吐き気・嘔吐、下痢、腹痛、口内炎などがあらわれる場合がある
  • 肝機能障害
    • 頻度は稀だがおこる場合がある
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸、吐き気・嘔吐、痒みなどがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 循環器症状(QT間隔延長 など)
    • 動悸、めまいなどがあらわれる場合があり十分注意する

一般的な商品とその特徴

ゼルボラフ

  • 食事の影響に関して
    • 本剤を食後に服用した場合、血中濃度が上昇するなどの可能性がある
    • 本剤は通常、食事の1時間前から食後2時間までの間の服用は“避けること”が望ましい

薬の種類一覧

分子標的薬(BRAF阻害薬)の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 主訴便秘、腹部X線で見えた不透過像の正体 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:48
  2. 感染拡大中のA型肝炎を見逃すな トレンド◎食品媒介感染症が性感染症として流行 FBシェア数:162
  3. 開業医の転医義務が問われた2つの最高裁判決 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:18
  4. 炭水化物摂取率と死亡率の関係にU字カーブあり 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:382
  5. 実は身近に起きている「コレステロール塞栓症」 記者の眼 FBシェア数:37
  6. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:310
  7. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1617
  8. 異常酵素の折りたたみを修正するシャペロン療法 トレンド◎ファブリー病に新機序の治療薬登場 FBシェア数:21
  9. 医療面談で役立つ「言葉」を身に付けよう 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか partII FBシェア数:43
  10. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:79
医師と医学研究者におすすめの英文校正