日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

カルシウム拮抗薬・スタチン系薬配合剤解説

かるしうむきっこうやく・すたちんけいやくはいごうざい

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 血管収縮を阻害し血管を拡張させる作用とコレステロール合成過程で必要な酵素を阻害する作用により主に血圧やコレステロールを下げる薬
    • カルシウムイオンがカルシウムチャネルという通り道から細胞内へ流入すると血管収縮がおこり血圧が上昇する
    • 肝臓ではHMG-CoA還元酵素などの働きによりコレステロールが合成され、作られたコレステロールは血液中などへ移行する
    • 本剤はカルシウムチャネルを拮抗的に阻害し血圧を下げるカルシウム拮抗薬とコレステロール合成を阻害するHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の配合剤

詳しい薬理作用

血圧上昇の要因の一つに血管の収縮がある。血管平滑筋細胞内にカルシウムイオン(Ca2+)が通り道であるカルシウムチャネルから流入することで血管収縮がおこる。

コレステロールは肝臓において合成され、コレステロール合成の過程で必要な酵素にHMG-CoA還元酵素というものがある。肝臓で作られたコレステロールは各組織に移行したり、胆汁酸として排泄されたりする。

本剤はカルシウムチャネルを拮抗的に阻害することで細胞内へのCa2+の流入を阻害し血管拡張作用をあらわすカルシウム拮抗薬とHMG-CoA還元酵素を阻害しコレステロール合成を抑えるスタチン系薬剤の配合剤となる。

本剤はカルシウム拮抗作用により高血圧や狭心症(カルシウム拮抗作用により冠動脈を拡張することで心筋への血流改善などが期待できる)の治療薬として、またHMG-CoA還元酵素阻害作用により脂質異常症(高脂血症)や家族性高コレステロール血症の治療薬としての改善効果が期待でき、通常は先に挙げた疾患を合併している患者へ使用する製剤となる。

主な副作用や注意点

  • 精神神経系症状
    • 頭痛、めまい、ふらつきなどがあらわれる場合がある
  • 循環器症状
    • 動悸、浮腫、ほてりなどがあらわれる場合がある
  • 横紋筋融解症
    • 頻度は非常に稀である
    • 手足・肩・腰などの筋肉が痛む、手足がしびれたり力が入らない、全身がだるい、尿の色が赤褐色になるなどがあらわれる場合がある
    • 上記の様な症状がみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 肝機能障害
    • 頻度は非常に稀である
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸、発疹、吐き気・嘔吐、痒みなどがみられ症状が続くする場合には放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • フィブラート系薬剤との飲み合わせに関して
    • 治療上必要とする場合などを除き、原則として併用しない(本剤と併用することで横紋筋融解症があらわれやすいとされる)
  • グレープフルーツジュースとの飲み合わせに関して
    • グレープフルーツに含まれる成分により本剤の2つの成分の血中濃度が上昇し降圧作用などが増強する可能性が考えられるため注意する
    • 本剤の成分の一つであるアムロジピンはカルシウム拮抗薬の中でもグレープフルーツジュースによる影響が比較的少ないとされている

一般的な商品とその特徴

カデュエット配合錠

  • アムロジピン(カルシウム拮抗薬)とアトルバスタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)の配合剤
  • 規格が番号(1〜4番)によって分かれておりそれぞれ成分の含有量が異なる
    • 1番:アムロジピン2.5mg、アトルバスタチン5mg含有
    • 2番:アムロジピン2.5mg、アトルバスタチン10mg含有
    • 3番:アムロジピン5mg、アトルバスタチン5mg含有
    • 4番:アムロジピン5mg、アトルバスタチン10mg含有

薬の種類一覧

カルシウム拮抗薬・スタチン系薬配合剤の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レッスン11◆異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  2. 咳嗽診療、どこから「本気」を出す? 喘息・咳喘息診療アップデート
  3. とがった新人にナイスなおばちゃんナース 病院珍百景
  4. 延命治療の回避に努めるのが医療者の役割 インタビュー◎看取りの最前線に立つ救急医にこそ緩和ケアの視点を
  5. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  6. 授乳中の服薬は控えた方がいい? Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
  7. 安定狭心症患者に対する鍼治療のRCT JAMA Intern Med誌から
  8. 「東京2020」を機にHIV感染対策の強化を 記者の眼
  9. セファゾリン供給不足に見る臨床現場の温度差 感染症コンサルタントの青木眞氏に聞く
  10. 40歳代男性。長引く咳 日経メディクイズ●胸部X線
医師と医学研究者におすすめの英文校正