日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

メトロニダゾールゲル製剤 解説

めとろにだぞーるげるせいざい

メトロニダゾールゲル製剤の解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • 細菌などのDNA障害作用などにより抗菌作用をあらわし、細菌が産生する臭気物質の発生を抑える薬
    • 細菌などが生命活動を行うには遺伝情報が刻まれているDNAが必要となる
    • がん性皮膚潰瘍部位などにおいて、数種類の細菌により臭気物質が発生する場合がある
    • 本剤は臭気物質を発生される細菌などに対して、DNA障害作用などをあらわす
詳しい薬理作用

 

細菌などが生命活動を行うためには、遺伝情報が刻まれたDNAが必要となる。メトロニダゾールは細菌などの病原微生物に取り込まれた後、還元反応を受け、ニトロソ化合物に変換される。このニトロソ化合物は細菌などに対して抗菌作用などをあらわす。また反応の途中でヒドロキシラジカルという物質が生成され、この物質がDNAを切断することで細菌などの生命活動を阻害する作用をあらわす。

本剤はメトロニダゾールの外用塗布剤(ゲル剤)であり、臭気物質(プトレシン、カダベリン)を発生する数種類のグラム陽性及びグラム陰性嫌気性菌に対して抗菌作用をあらわすことで主にがん性皮膚潰瘍の殺菌・臭気の軽減目的で使用する。

主な副作用や注意点
  • 皮膚症状
    • 潰瘍部位からの出血、皮膚乾燥、紅斑、痒み、刺激感、蕁麻疹などがあらわれる場合がある
  • 神経系症状
    • 末梢神経障害(四肢のしびれ など)、味覚異常などがあらわれる可能性がある
  • 消化器症状
    • 吐き気などがあらわれる可能性がある
一般的な商品とその特徴
ロゼックス
  • 使用中の注意
    • 日光又は日焼けランプなどによる紫外線暴露を避けること(本剤は紫外線照射により効果が減弱する場合がある)

薬の種類一覧

メトロニダゾールゲル製剤の医療用医薬品(処方薬)
外用薬:皮膚塗布剤

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。