日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ベンゾジアゼピン系抗てんかん薬解説

べんぞじあぜぴんけいこうてんかんやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 脳内のベンゾジアゼピン(BZD)受容体に作用し神経の興奮を抑制させ、けいれんや意識消失などの症状を抑える薬
    • てんかんは脳内神経の異常な興奮などによっておこるとされる
    • 脳内でBZD受容体が活性化されると、抑制系神経伝達物質であるGABA(γ-アミノ酪酸)の作用が亢進する
    • 本剤はBZD受容体に作動薬として結合し、GABAによる抑制性神経伝達を亢進する作用などをあらわす
  • てんかん治療の他、片頭痛発作発症の抑制や自律神経発作などで使用する薬剤もある

詳しい薬理作用

てんかんは脳内における神経の異常な興奮などによっておこるとされる。

脳内における神経興奮に対する抑制系の神経伝達物質としてGABA(γ-アミノ酪酸)があり、GABA受容体に結合することで神経興奮を抑える。神経細胞においてGABA受容体はベンゾジアゼピン(BZD)受容体というものと複合体を形成しており、BZD受容体が活性化させるとGABAのGABA受容体への結合親和性も高まり神経興奮の抑制性が亢進する。

本剤はBZD受容体に作動薬として結合し、GABAの受容体親和性を高めることで神経興奮の抑制作用をあらわす。本剤の中でもクロナゼパム(商品名:リボトリール、ランドセン)はてんかん発作治療の他、片頭痛発作発症抑制や精神科領域などでの自律神経発作など複数の疾患や症状などで使用されている薬剤となる。

主な副作用や注意点

  • 精神神経系症状
    • 眠気、ふらつき、運動失調などがあらわれる場合がある
  • 消化器症状
    • 吐き気、食欲不振、便秘、口渇などがあらわれる場合がある
  • 呼吸器症状
    • 喘鳴、気道分泌過多などがあらわれる場合がある
  • 過敏症
    • 頻度は稀だが、発疹などの過敏症状があらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

リボトリール ランドセン

  • てんかん治療の他、片頭痛発作発症抑制や自律神経発作などで使用する場合もある
  • 錠剤、細粒剤(0.1%、0.5%)があり、用途などによって選択が可能

マイスタン

  • 通常は、他の抗てんかん薬で十分な効果が認められない部分発作や全般発作において他の抗てんかん薬と併用で使用される(但し、本剤を単独で使用する場合もある)
  • 錠剤、細粒剤があり、用途などによって選択が可能

ベンザリン ネルボン

  • 主に不眠症(睡眠障害)で睡眠誘導剤として用いられるが、抗てんかん薬として使用する場合もある
  • 錠剤の他、ベンザリンには細粒剤、ネルボンには散剤があり、嚥下能力の低下した患者などへのメリットが考えられる

ダイアップ

  • 主に熱性けいれんなどで使用するジアゼパム製剤(坐剤)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:119
  2. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:186
  3. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:2
  4. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:16
  5. 学会のスライド撮影禁止はいつまで? 記者の眼 FBシェア数:21
  6. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:2
  8. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:116
  9. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  10. 抗不安薬:長期処方で減点もデパス人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:53
医師と医学研究者におすすめの英文校正