日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

抗アンドロゲン薬(前立腺がん治療薬)解説

こうあんどろげんやく(ぜんりつせんがんちりょうやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 前立腺細胞においてアンドロゲン(男性ホルモン)のアンドロゲン受容体への結合を阻害し、抗腫瘍作用をあらわす薬
    • 前立腺がんは男性ホルモン(アンドロゲン)が前立腺のアンドロゲン受容体(AR)に作用することで発症リスクが高まり、がんが進行する
    • がん細胞が前立腺に存在する場合では男性ホルモンがARに作用することで、がんの悪化につながる
    • 本剤は男性ホルモンのARへの結合を阻害し抗アンドロゲン作用をあらわす
  • 本剤の中には抗アンドロゲン作用の他、前立腺がん細胞増殖の経路を複数阻害する作用をもつ薬剤もある

詳しい薬理作用

前立腺がんは前立腺にできるがんであり、男性ホルモン(アンドロゲン)が前立腺のアンドロゲン受容体(AR)に作用するほど、発症リスクが高まり、がん細胞が前立腺に存在する場合では悪化につながる。

男性ホルモンであるテストステロンは酵素によりジヒドロテストステロン(DHT)へ変換された後、ARへ結合しその結合体が核内へ移行しDNAと結合することで、がん細胞の増殖がおこる。

本剤はARへのDHTの結合を競合的に阻害し抗アンドロゲン作用をあらわすことで前立腺がんの進行を抑える抗腫瘍作用をあらわす。また本剤の中でエンザルタミド(商品名:イクスタンジ)は抗アンドロゲン作用に加え、ARの核内移行阻害作用やARと(細胞増殖に必要な)DNA上の転写因子結合領域との結合阻害作用により、前立腺がん細胞の増殖阻害作用をあらわす。

主な副作用や注意点

  • 内分泌症状
    • 乳房腫脹、女性化乳房などがあらわれる場合がある
  • 消化器症状
    • 吐き気・嘔吐、下痢などがあらわれる場合がある
  • 血液症状
    • 貧血、白血球減少、血小板減少などがあらわれる場合がある
  • 肝機能障害
    • 頻度は稀である
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸、発疹、吐き気、痒みなどがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

カソデックス

  • OD錠があり、嚥下能力の低下した患者などへのメリットが考えられる

イクスタンジ

  • 抗アンドロゲン作用に加え、前立腺がん細胞増殖の経路を複数阻害する作用をあらわす
  • 剤形に関して
    • カプセル剤40mgに加え、製剤の大きさをより小型化した錠剤製剤(40mg錠、80mg錠)があり服用時の負担軽減などのメリットが考えられる

薬の種類一覧

抗アンドロゲン薬(前立腺がん治療薬)の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:カプセル剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 病院側が語った「透析中止」の真相 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《2》
  2. 左足趾の潰瘍・疼痛で96歳女性が車いすで来院 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part IV
  3. 救急ロスタイムを防げ―現場離脱を阻むもの― 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. 裁判官は医師の過失をどのように判断するのか 裁判官が語る医療訴訟の実像
  5. おいおい、簡単に医師を辞めちゃいけないよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
  6. 強化療法論争の先にある糖尿病治療の未来 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」
  7. あなたは大丈夫!?新時代の医療人マナー講座! 研修医のための人生ライフ向上塾!
  8. 「年1860時間」の上限変更は十分あり得る シリーズ◎医師の「働き方改革」
  9. 【漫画】EDって何? ガンバレ薬剤師
  10. 若手医師が描くPC連合学会と病総診学会の明日 座談会◎日本の総合診療を確立するために学会に求められること
医師と医学研究者におすすめの英文校正