日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

三環系抗うつ薬(第二世代) 解説

さんかんけいこううつやく(だいにせだい)

三環系抗うつ薬(第二世代)の解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • 脳内の神経伝達を改善し、意欲を高め、憂うつな気分などを改善する薬
    • うつ病では脳内のノルアドレナリンやセロトニンなどの神経伝達物質の働きが不調となり、意欲の低下、不安、不眠などの症状があらわれる
    • 本剤は主に脳内のノルアドレナリンやセロトニンの働きを改善することで抗うつ作用などをあらわす
  • 抗うつ効果の発現まで比較的時間を要する場合が多い(一般的に2〜4週間とされる)
  • 本剤は一般的に、第一世代の三環系抗うつ薬に比べると抗コリン作用(神経伝達物質アセチルコリンの働きを抑える作用)などへの懸念が少ないとされる
詳しい薬理作用

うつ病では脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンやセロトニンなどの働きが不調に陥ることで脳の機能不全が引き起こされ、意欲の低下、不安やいらいら、不眠などの症状があらわれる。

脳内の神経細胞はシナプスという部位を介して神経回路を形成している。シナプス前終末から神経伝達物質が遊離(放出)され、神経後シナプスの受容体へ作用(結合)することで情報が伝達される。遊離された神経伝達物質の一部は「再取り込み」といって神経前終末へ回収される。この再取り込みを阻害すると伝達に使われる神経伝達物質を増やすことができ、その神経伝達物質の働きを増強することができる。

本剤は脳内におけるノルアドレナリンやセロトニンの再取り込みを阻害し、これら神経伝達物質の働きを改善することで抗うつ作用をあらわすとされる。

三環系抗うつ薬は初期に開発された抗うつ薬だが、本剤はその中でも第一世代と呼ばれる薬剤に続き開発された第二世代にあたる薬剤で、第一世代に分類される三環系抗うつ薬に比べ、抗コリン作用(神経伝達物質アセチルコリンの働きを抑える作用)などへの懸念が少ないとされ、抗コリン作用による口渇、便秘などの症状軽減が期待できる。

主な副作用や注意点
  • 精神神経系症状
    • 眠気、ふらつき、せん妄などの症状があらわれる場合がある
    • 自動車の運転など危険を伴う作業は控える
  • 悪性症候群
    • 頻度は非常に稀である
    • 他の原因がなく高熱が出る、汗をかく、手足が震える、脈が速くなるなどの症状がみられる場合がある
    • 上記のような症状が同時に複数みられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 本剤の抗コリン作用への注意
    • 抗コリン作用とは神経伝達物質アセチルコリンの働きを抑える作用
    • 口渇、便秘、眼圧上昇、排尿困難などの症状があらわれる場合がある
    • 緑内障の持病がある患者などへは原則として使用しない
一般的な商品とその特徴
アモキサン
  • 同系統の抗うつ薬の中では効果発現までの要する時間が短いとされる
  • 細粒剤があり、嚥下能力の低下した患者などへのメリットが考えられる
プロチアデン
  • 尿閉のある患者などへも原則として使用しない

薬の種類一覧

三環系抗うつ薬(第二世代)の医療用医薬品(処方薬)
内用薬:カプセル剤
内用薬:散剤
内用薬:錠剤

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。