日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

NMDA受容体拮抗薬 解説

えぬえむでぃーえーじゅようたいきっこうやく

NMDA受容体拮抗薬の解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • アルツハイマー病による神経細胞障害や記憶や学習能力の障害などを抑える薬
    • アルツハイマー病では異常なタンパク質が蓄積し、神経を興奮させる物質が過剰に放出される
    • 神経を興奮させる物質により脳内のNMDA受容体というものが過剰に活性化されると神経細胞や記憶などが障害される
    • 本剤はNMDA受容体に作用し、この受容体の過剰な活性を抑える作用をあらわす
  • 他のアルツハイマー病治療薬との併用に関して
    • 本剤はコリンエステラーゼ阻害薬(ドネペジルなど)と併用が可能
詳しい薬理作用

アルツハイマー病では脳に異常なタンパク質が蓄積し、記憶や思考能力が徐々に障害されていく。

脳内の神経興奮伝達物質であるグルタミン酸という物質が記憶や学習に関わっている。アルツハイマー病では蓄積している異常なタンパク質によって興奮性の伝達物質であるグルタミン酸が常に放出されている状態になっている。過剰に放出されたグルタミン酸は脳内のNMDA受容体(NMDA型グルタミン酸受容体)というものに作用し、この受容体が過剰に活性化することによって神経細胞の障害や記憶・学習機能の障害があらわれるとされる。

本剤は脳内のNMDA受容体に対して阻害作用を示し、この受容体の過剰な活性化を防ぎ、神経細胞障害、記憶や学習障害を抑える作用をあらわす。

アルツハイマー病では脳に異常なタンパク質が蓄積し、記憶や思考能力が徐々に障害されていく。

脳内の神経興奮伝達物質であるグルタミン酸という物質が記憶や学習に関わっている。アルツハイマー病では蓄積している異常なタンパク質によって興奮性の伝達物質であるグルタミン酸が常に放出されている状態になっている。過剰に放出されたグルタミン酸は脳内のNMDA受容体(NMDA型グルタミン酸受容体)というものに作用し、この受容体が過剰に活性化することによって神経細胞の障害や記憶・学習機能の障害があらわれるとされる。

本剤は脳内のNMDA受容体に対して阻害作用を示し、この受容体の過剰な活性化を防ぎ、神経細胞障害、記憶や学習障害を抑える作用をあらわす。

主な副作用や注意点
  • 消化器症状
    • 便秘、食欲不振、下痢、吐き気などがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状
    • めまい、頭痛、眠気などがあらわれる場合がある
  • 肝機能障害
    • 頻度は稀である
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
一般的な商品とその特徴
メマリー
  • メマンチン製剤
  • 主に中等度から高度のアルツハイマー病に使用される
  • OD錠、ドライシロップ剤があり、嚥下能力が低下した患者などへのメリットが考えられる

薬の種類一覧

NMDA受容体拮抗薬の医療用医薬品(処方薬)
内用薬:液剤
内用薬:錠剤

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。