日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

PDE阻害薬(抗血小板薬)解説

ぴーでぃーえーそがいやく(こうけっしょうばんやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 血液をサラサラにすることで血液が固まって血管がつまることを防ぎ、血栓の形成を予防する薬
    • 体内で血小板凝集が起こると血液が固まりやすくなる
    • 体内にホスホジエステラーゼ(PDE)という血小板凝集を進める酵素がある
    • 本剤はPDEを阻害するなどの作用により血小板凝集を抑え血液の流れをよくする抗血小板薬の一つである
  • 慢性動脈閉塞症に基づく潰瘍、疼痛、冷感などを改善する作用もある
  • 嚥下障害の改善効果なども期待できるとされる

詳しい薬理作用

体内で血小板の凝集がおこると血液が固まりやすくなり、血栓の形成や血流悪化に伴う疼痛や冷感などの症状があらわれる。

体内で血小板凝集などに関わるホスホジエステラーゼ(PDE)という酵素がある。PDEを阻害すると血小板凝集が抑えられる。

体内で血小板凝集を促進する物質にトロンボキサンA2(TXA2)という物質がある。TXA2の働きを抑えると血小板凝集作用が抑えられる。

本剤はPDE阻害作用による抗血小板作用と血管拡張作用、TXA2による血小板凝集を抑える作用により、血流を改善することで血栓の予防や冷感などを改善する作用をあらわす。

なお、本剤のシロスタゾール(主な商品名:プレタール)は非心原性脳梗塞(アテローム血栓性脳梗塞やラクナ梗塞など)の予防などで推奨される薬だが、血栓予防効果に加え脳卒中後に起こる嚥下障害の改善効果も期待できるとされている。

主な副作用や注意点

  • 出血傾向
    • あおあざができやすい、皮下や歯ぐきの出血、鼻血などの症状がみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 肝機能障害
    • 頻度は稀である
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸などが続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 精神神経系症状
    • 頭痛、めまい、不眠、一過性の意識消失などがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

プレタール

  • 散剤やOD錠により、嚥下能力の低下した患者などへのメリットが考えられる

シロスレット

  • 剤形がゼリー剤であり、嚥下能力の低下した患者などへのメリットが考えられる

薬の種類一覧

PDE阻害薬(抗血小板薬)の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:液剤

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 裁判官は医師の過失をどのように判断するのか 裁判官が語る医療訴訟の実像
  2. おいおい、簡単に医師を辞めちゃいけないよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
  3. 中古機器、「美品」を買えて喜んだのも束の間… 開業の落とし穴
  4. AIは放射線科医に代わるのか? 答えはNo 学会トピック◎第78回日本医学放射線学会総会
  5. 過去5年の得点率から今年の対策を考える 総合内科専門医試験 「一発合格」への道
  6. 糖尿病患者の腎症進行の原因物質を同定、新たな治療… シリーズ◎腎臓を守る最新の治療戦略
  7. 5年ぶり改訂、高血圧治療ガイドラインが発表 降圧目標を下げ早期からの生活習慣改善を強調
  8. 吸ステ単剤:オルベスコが初めてランクイン NMO処方サーベイ
  9. お別れを言いに来たミチオさん ぐるぐる訪問看護
  10. 100床の外国人専用病院計画で露見した制度の穴 リポート◎“自由診療だけの病院”は病床規制を無視できる?
医師と医学研究者におすすめの英文校正