薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 抗炎症作用や免疫抑制作用などにより、皮膚炎などにおける湿疹、痒み、赤みなどを和らげる薬
    • アレルギー性の皮膚症状は何らかの原因によりアレルギー反応がおこり湿疹や痒みなどがあらわれる
    • 副腎皮質ホルモンは抗炎症作用、免疫抑制作用、細胞増殖抑制作用、血管収縮作用などをもつ
    • 本剤は副腎皮質ホルモンを元に造られたステロイド外用薬
  • 乾癬などの免疫異常による皮膚症状の治療に使用される場合もある
  • 本剤は作用の強さによって大きく5段階に分類される
    • 作用の弱い順に、V群(ウィーク)、IV群(マイルド)、III群(ストロング)、II群(ベリーストロング)、I群(ストロンゲスト)に分けられる
  • 本剤の剤形には、軟膏剤、クリーム剤、液剤などがあり薬剤によっては用途などに合わせた選択が可能な場合もある

詳しい薬理作用

アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎(かぶれ)などは何らかの原因によりアレルギー反応がおこり、湿疹や痒みなどの皮膚症状があらわれる。

副腎皮質ホルモンの一つであるコルチゾールは抗炎症作用、免疫抑制作用、細胞増殖抑制作用、血管収縮作用など様々な作用をあらわす。

本剤はコルチゾールを元に造られたステロイド外用薬で、抗炎症作用や免疫抑制作用などにより湿疹、赤み、痒みなどの皮膚症状を改善する作用をあらわす。また本剤は細胞増殖抑制作用などにより、表皮の過剰増殖などが原因でおこる乾癬の治療などに使用する場合もある。

本剤は各薬剤がもつ血管収縮作用(抗炎症作用にもつながる)の強さや臨床上での効果により、大きく5段階に分類されている。作用の弱い方から順に挙げると、V群(ウィーク)、IV群(マイルド)、III群(ストロング)、II群(ベリーストロング)、I群(ストロンゲスト)となり、I群に属する薬剤が最も作用の強い薬剤となる。一般的には、皮膚症状の重軽度などを診断し、それに合わせて薬剤の強さを使用部位の皮膚の厚さ(薬剤の吸収度合いに違いが生じる)などを加味して選択する。また本剤は薬剤によっては、軟膏剤、クリーム剤、液剤など様々な剤形をもつ場合があり、皮膚病変の状態や使用部位、季節などに合わせた剤形選択が可能な場合もある。 

主な副作用や注意点

  • 皮膚の色素脱失
    • メラニン産生を抑える作用により部分的に皮膚の色が抜け落ちて白くなる場合がある
  • 皮膚萎縮
    • 頻度は稀だが、表皮細胞の増殖抑制作用などにより、皮膚が薄くなり血管が浮き出てみえるような状態になる場合がある
  • 皮膚の感染症
    • 免疫抑制作用などにより、皮膚真菌症(カンジダ、白癬症など)があらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

ロコイド

  • 一般的にIV群(マイルド)に分類される
  • 軟膏剤、クリーム剤があり用途などによって選択が可能

リンデロン

  • 名前は「リンデロン」で同じでも、主成分の種類や配合薬剤などにより効果などが変わる場合がある
  • 製剤名とその効果など
    • リンデロン‐V:一般的にIII群(ストロング)に分類され、軟膏剤、クリーム剤、液剤があり用途などによって選択が可能
    • リンデロン‐VG:リンデロン‐Vに抗菌薬(ゲンタマイシン)を配合した製剤で、軟膏剤、クリーム剤、液剤があり用途などによって選択が可能
    • リンデロン‐DP:一般的にII群(ベリーストロング)に分類され、軟膏剤、クリーム剤、液剤(ゾル)があり用途などによって選択が可能

ネリゾナ

  • 一般的に、II群(ベリーストロング)に分類される
  • 軟膏剤、クリーム剤、液剤があり用途などによって選択が可能
  • ネリゾナクリームとネリゾナユニバーサルクリームに関して
    • ネリゾナクリーム:水分を多く含む基剤であり、衣服にシミがつきにくく使用感や展延性などがよいとされる
    • ネリゾナユニバーサルクリーム:水分より油脂を多く含む基剤であり、クリーム状の軟膏ともいえる製剤で乾燥面にも比較的効果あり、皮膚の冷却効果などもあるとされる

アンテベート

  • 一般的に、II群(ベリーストロング)に分類される
  • 軟膏剤、クリーム剤、液剤があり用途などによって選択が可能

デルモベート

  • 一般的に、I群(ストロンゲスト)に分類される
  • 軟膏剤、クリーム剤、液剤があり投与などによって選択が可能

薬の種類一覧

副腎皮質ホルモン(ステロイド外用塗布・噴霧薬など)の医療用医薬品(処方薬)

外用薬:貼付剤

外用薬:皮膚塗布剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 48歳男性。微熱、咳嗽、胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線
  2. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
  3. 最も早い大予測! 2020診療報酬改定はこうなる 日経ヘルスケアon the web
  4. 腹痛による不登校を繰り返す児童で考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
  5. 「市販薬が効かない」と言う花粉症患者への処方は? 総復習!花粉症診療
  6. 両側気胸はバッファローチェストが原因? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  7. 胸部X線画像に現れる人騒がせなあの徴候 撮っておきClinical Picture!
  8. 開業の融資獲得に準備した2つの“秘密兵器” 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  9. その爪の赤色、出血? それとも腫瘍? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
  10. その「暴れる患者」はただの暴れん坊なのか? EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」
医師と医学研究者におすすめの英文校正