日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

グリチルリチン製剤解説

ぐりちるりちんせいざい

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • グリチルリチン酸の効果により、肝臓の働きを改善したり皮膚の炎症などを抑える薬
    • グリチルリチン酸は生薬の甘草(カンゾウ)などに含まれる成分
    • グリチルリチン酸は体内で様々な作用をあらわす
    • グリチルリチン酸には、抗炎症作用、免疫調節作用、肝細胞増殖作用などがあるとされる

詳しい薬理作用

グリチルリチン酸は生薬である甘草(カンゾウ)などに含まれる成分で様々な作用をもち、肝機能異常や湿疹、皮膚炎などの治療に使用される。

グリチルリチン酸の作用には、抗炎症作用(抗アレルギー作用、炎症を伝える伝達物質の阻害作用などによる)、免疫調節作用(免疫細胞の調節作用による)、肝細胞への作用(肝細胞の障害を抑える作用や肝細胞増殖促進作用があるとされる)、ウイルス増殖抑制作用などがあるとされる。

本剤はグリチルリチン酸を含む製剤であり、皮膚炎、口内炎など多くの病態に対して使われている。また、肝臓への作用からグリチルリチン酸は肝庇護薬(かんひごやく)のひとつにもなっていて、慢性肝炎などの肝疾患の治療に使われることもある。

なお、本剤の特徴的な副作用として(甘草と同様に)偽性アルドステロン症(高血圧、低カリウム血症などがおこる)があり注意が必要となる。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 腹痛、吐き気などがあらわれる可能性がある
  • 偽性アルドステロン症(偽アルドステロン症)
    • 頻度は非常に稀である
    • 手足のだるさ、しびれ、つっぱり感、こわばりなどがあらわれる場合がある
    • 上記症状に加え、力が抜ける感じ、こむら返り、筋肉痛などがあらわれ、だんだんきつくなるなどの場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 甘草を含む製剤との併用に関する注意
    • 併用により本剤に含まれるグリチルリチン酸が重複し、偽アルドステロン症(偽性アルドステロン症)があらわれやすくなる場合がある
    • 甘草は多くの漢方製剤の構成生薬となっているため、本剤と漢方薬の併用時にはより注意が必要

一般的な商品とその特徴

グリチロン配合錠 ネオファーゲンC配合錠 二チファーゲン配合錠

  • グリチルリチン酸にグリシン、メチオニンを配合した製剤
    • グリシンやメチオニンは体内で解毒作用などをあらわす

薬の種類一覧

グリチルリチン製剤の医療用医薬品(処方薬)

注射薬:キット類

注射薬:液剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 【レッスン6】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:18
  2. ランチョン廃止で900万円を失った学会の運営術 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《3》 FBシェア数:1816
  3. 若い女性の膀胱炎の診断に尿検査は必須? 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:50
  4. 79 歳女性。体幹・四肢の環状紅斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:1
  5. 「無給医」は法律上、あり得ないのか 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:42
  6. 「20日間無料」のサービスに申し込んだら… 開業の落とし穴 FBシェア数:9
  7. 「無給医は必要悪」では済まされない シリーズ◎医師の働き方改革 FBシェア数:333
  8. 寄り添う看護 病院珍百景 FBシェア数:59
  9. 製薬マネーの減少が学会を窮地に追い込む 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《2》 FBシェア数:1352
  10. 医療需要の急減に備え、データに基づく経営判断を 日本病院会副会長・大道道大氏に聞く FBシェア数:19
医師と医学研究者におすすめの英文校正