日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

非ステロイド性抗炎症薬 (外用薬)解説

ひすてろいどせいこうえんしょうやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 炎症を引き起こすプロスタグランジンの生成を抑え、関節炎や筋肉痛などを和らげる薬
    • 体内で炎症や痛みなどを引き起こす物質にプロスタグランジン(PG)がある
    • 体内でPGはシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素などにより生成される
    • 本剤はCOXを阻害しPG生成を抑えることで、炎症や痛みなどを抑える作用をあらわす
  • 薬剤によって貼付剤(貼り薬)、塗布剤(塗り薬)、坐剤(坐薬)など様々な剤形が存在する
    • 製剤によって使用回数や使用方法などが異なるため注意する

詳しい薬理作用

体内で炎症や痛みなどを引き起こす物質にプロスタグランジン(PG)がある。体内でPGはシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素の作用などによって生成される。

非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)はCOXを阻害することでPGの生成を抑え、炎症や痛みなどを抑える作用をあらわす。本剤はNSAIDsの外用製剤であり、貼付剤(貼り薬)、塗布剤(塗り薬)、座剤など様々な剤形があり症状やその用途によって選択して使用する。

主な副作用や注意点

  • 使用部位における局所での副作用
    • 発疹、発赤、刺激感などの症状があらわれる場合がある
  • 全身への副作用
    • 外用薬においても喘息発作などの症状があらわれる可能性があるので注意する
    • 坐薬(坐剤)に関しては内服薬と同様(又はそれ以上)の作用があらわれる可能性もあるので十分注意する

一般的な商品とその特徴

モーラス

  • リウマチによる関節痛などに使用する場合もある(特にテープ剤)
  • 光線過敏症に関しての注意
    • 頻度は稀であるが、重篤化する場合もあるので十分注意する
    • 本剤の貼付部を紫外線にあてると、紅斑、発疹、刺激感などの皮膚症状があらわれる場合がある
    • 本剤をはがした後もその部位を少なくとも4週間は紫外線にあてないように注意する

ロキソニン

  • 剤形に関して
    • 貼付剤(パップ、テープ)、塗布剤(ゲル)もあり症状や用途などに合わせて選択が可能である

MS温湿布 MS冷湿布

  • 本剤の「温」と「冷」の違いは成分に「温:トウガラシエキス」、「冷:メントール」を含む点
  • 刺激性があるため、本剤に触れた手で眼や鼻腔などに触れないように注意する

ボルタレン

  • 剤形に関して
    • 貼付剤(テープ)、塗布剤(ゲル)、坐剤(サポ)もあり症状や用途などに合わせて選択が可能

インテバン

  • 剤形に関して
    • 塗布剤(軟膏、クリーム、外用液)、坐剤もあり症状や用途などに合わせて選択が可能

薬の種類一覧

非ステロイド性抗炎症薬 (外用薬)の医療用医薬品(処方薬)

外用薬:挿入剤

外用薬:貼付剤

外用薬:皮膚塗布剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  2. 60歳代男性。背部痛 日経メディクイズ●救急
  3. 多国籍都市・上海で「外国人医師」になってみた 友成暁子の「ママドクターが見た中国の医療事情」
  4. 多剤処方の原因は「他院の医師」…どうする? 日経ヘルスケアon the web
  5. “泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり リポート◎特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を探せ!
  6. 「HIV内定取消事件」で医療者の取るべき行動とは… 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  7. 胃瘻は必要だけど「PEGの造設」には反対! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  8. 受診券を用いた風疹抗体検査数、12万件超えに 39~56歳男性に対する「風疹の追加的対策」開始
  9. [file005]部下が言うことを聞かなくて…… 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  10. 「HPVワクチンの積極的な接種勧奨の再開を」 産婦人科医とともに堀江貴文氏らが訴え
医師と医学研究者におすすめの英文校正