日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

痔治療薬(内服薬) 解説

じちりょうやく(ないふくやく)

痔治療薬(内服薬)の解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • 肛門の周囲や内部などの血流などを改善して腫れ(浮腫)を改善することで痔核による出血、痛み、かゆみなどを改善する薬
    • 痔核は肛門の周囲や内部の血流が悪くなり腫れた状態で出血や場合によっては痛みやかゆみなども伴う
    • 患部の血流を改善することで痔核の腫れ(浮腫)の改善が期待できる
    • 本剤は肛門周囲や内部などにおける血流改善作用などをあらわす
  • 薬剤によっては抗炎症作用や患部の治癒促進作用などをもつ
詳しい薬理作用

痔の中で痔核は肛門の周囲や内部の血流が悪くなり腫れた状態であり、排便時に出血や場合によっては痛みやかゆみなどを伴うこともある。

痔核の治療には患部を温めたり、内服薬の使用により血流を改善する方法がある。血流を改善することで腫れ(浮腫)などが改善する。

本剤は痔核における血流の改善作用などによって腫れ(浮腫)などを改善し、出血、痛み、腫れ、かゆみなどの症状を改善する。薬剤によっては抗炎症作用や治癒の促進作用などをもつものもある。

痔の中で痔核は肛門の周囲や内部の血流が悪くなり腫れた状態であり、排便時に出血や場合によっては痛みやかゆみなどを伴うこともある。

痔核の治療には患部を温めたり、内服薬の使用により血流を改善する方法がある。血流を改善することで腫れ(浮腫)などが改善する。

本剤は痔核における血流の改善作用などによって腫れ(浮腫)などを改善し、出血、痛み、腫れ、かゆみなどの症状を改善する。薬剤によっては抗炎症作用や治癒の促進作用などをもつものもある。

主な副作用や注意点
  • 皮膚症状
    • 頻度は稀だが、発疹などがあらわれる場合がある
  • 消化器症状
    • 吐き気、食欲不振、下痢などがあらわれる場合がある
一般的な商品とその特徴
ヘモクロン
  • 血流改善作用、浮腫を改善する作用、創傷部の治癒を促進する作用などをもつ
ヘモナーゼ
  • 抗炎症作用、浮腫や血流の改善作用、創傷部の治癒を促進する作用などをもつ
  • 肛門部手術創の治療に使用する場合もある

薬の種類一覧

痔治療薬(内服薬)の医療用医薬品(処方薬)
内用薬:カプセル剤
内用薬:錠剤

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。