日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

アバタセプト 解説

あばたせぷと

アバタセプトの解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • 免疫反応に関わる細胞の異常な活性化を抑えることで関節リウマチの症状を改善し、骨などの損傷を防ぐ薬
    • 関節リウマチでは異常な免疫の異常により炎症がおきて関節の腫れや痛みなどがあらわれ関節の腫れが続くと骨が壊される
    • 関節リウマチではT細胞という免疫細胞が活性化されていて、炎症をおこす要因となる物質を過剰に産生している
    • 本剤はT細胞の活性化を抑え炎症をおこす要因となる物質の過剰産生を抑える作用をあらわす
詳しい薬理作用

関節リウマチは免疫の異常によって炎症反応がおこる自己免疫疾患の一つで、関節の腫れや痛みなどがあらわれ、関節の腫れが続くと骨が壊されてしまう。

体内で炎症反応を起こす要因となる物質として、インターロイキン(IL)、TNFαなどの炎症性サイトカインというものがある。炎症性サイトカインはT細胞という免疫細胞からの指令により産生され、関節リウマチでは免疫の異常によりT細胞が活性化されている状態にある。

本剤はT細胞の活性化を抑えることで炎症性サイトカインの産生を抑え、関節リウマチにおける関節の腫れや痛みなどを改善し骨の破壊を防ぐ効果が期待できる。

主な副作用や注意点
  • 消化器症状
    • 口内炎、吐き気、胃炎、腹痛、便秘などがあらわれる場合がある
  • 感染症(重症感染症を含む)
    • 頻度は稀だが、肺炎(ニューモシスチス肺炎、細菌性肺炎など)や結核、敗血症などには特に注意が必要
    • 急性の発熱、咳、息苦しさなどがみられた場合は放置せず医師に連絡する
  • アナフィラキシー
    • 頻度は非常に稀だがおこる可能性がある
    • 皮膚の痒み、蕁麻疹、声のかすれ、息苦しさ、意識の混濁などがみられる場合がある
    • 上記のような症状がみられる場合はすみやかに医師に連絡する
一般的な商品とその特徴
オレンシア
  • 点滴用製剤と皮下注射製剤がある
    • 一定の条件を満たせば、在宅での皮下注射による投与も可能
    • シリンジ製剤のほか、より簡便に皮下注射による投与が可能なオートインジェクターの剤形(剤型)がある

薬の種類一覧

アバタセプトの医療用医薬品(処方薬)
注射薬:キット類
注射薬:散剤

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。