日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

抗真菌薬(膣錠)解説

こうしんきんやく(ちつじょう)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 抗真菌作用により真菌の一種であるカンジダの増殖を抑える抗真菌薬の膣錠(外用薬)
    • 膣カンジダ症は膣内のカンジダという真菌(カビ)が増殖し、おりもの異常や痒みなどがあらわれる
    • 真菌は細胞膜により覆われていて、これがないと真菌は生きていけない
    • 本剤は真菌の細胞膜を障害することにより抗真菌作用をあらわす
  • 製剤や薬剤の規格によって使用方法が異なる場合があり適切な使用方法の理解などが必要となる

詳しい薬理作用

膣カンジダ症は免疫力低下やホルモンの変化などにより膣内のカンジダという真菌(かび)が増殖し、おりもの異常や痒み、膣の刺激感などがあらわれる。真菌(かび)は細胞膜により覆われていてこれがないと生きていけない。

本剤は真菌の細胞膜合成などを阻害することにより抗真菌作用をあらわす外用膣錠となる。本剤の中には同じ成分であっても「1日1回タイプ」、「週1回使用タイプ」など使用方法が異なる製剤があり、適切な使用方法の理解などが必要となる。

主な副作用や注意点

  • 使用部位(膣周囲)への症状
    • 刺激感、痒みなどがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

アデスタン

  • 通常、1週1回600mg(300mgを2錠)を膣深部に挿入する

オキナゾール

  • 規格による使用方法の違いに関して
    • 膣錠100mg:通常、1日1回1錠を膣深部に挿入し、6日間継続使用する
    • 膣錠600mg:通常、1週1回1錠を膣深部に挿入する

エンペシド

  • 通常、1日1回1錠を膣深部に挿入し、一般的に6日間継続使用する

フロリード

  • 通常、1日1回1錠を膣深部に挿入し、一般的には6日間継続使用で改善が得られるとされる(菌の再発出現防止には14日間投与することが望ましいとされる)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50代産婦人科医の過労自殺が問い掛けること リポート◎医師の過労死認定裁判の真実
  2. 胃瘻は必要だけど「PEGの造設」には反対! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  3. 医学部受験「バブル」はひとまず終息しました 記者リポート
  4. 25歳男性。動悸、失神 日経メディクイズ●心電図
  5. 耳鳴は難聴の代償反応、治療は脳リハで インタビュー◎耳鳴は拍動性の有無、聴覚検査などを基に診断
  6. [file005]部下が言うことを聞かなくて…… 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  7. 遺伝子治療に沸く米国と足をすくませる日本 記者の眼
  8. 診断の質を高める3つのReflectionを 診断エラー学のすすめ
  9. しばしば誤嚥性肺炎の原因となる意外なあの疾患 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」
  10. 8歳女児。左頸部と左鎖骨部の紅斑、痂皮、掻痒 日経メディクイズ●皮膚
医師と医学研究者におすすめの英文校正