日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

抗真菌薬(膣錠)解説

こうしんきんやく(ちつじょう)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 抗真菌作用により真菌の一種であるカンジダの増殖を抑える抗真菌薬の膣錠(外用薬)
    • 膣カンジダ症は膣内のカンジダという真菌(カビ)が増殖し、おりもの異常や痒みなどがあらわれる
    • 真菌は細胞膜により覆われていて、これがないと真菌は生きていけない
    • 本剤は真菌の細胞膜を障害することにより抗真菌作用をあらわす
  • 製剤や薬剤の規格によって使用方法が異なる場合があり適切な使用方法の理解などが必要となる

詳しい薬理作用

膣カンジダ症は免疫力低下やホルモンの変化などにより膣内のカンジダという真菌(かび)が増殖し、おりもの異常や痒み、膣の刺激感などがあらわれる。真菌(かび)は細胞膜により覆われていてこれがないと生きていけない。

本剤は真菌の細胞膜合成などを阻害することにより抗真菌作用をあらわす外用膣錠となる。本剤の中には同じ成分であっても「1日1回タイプ」、「週1回使用タイプ」など使用方法が異なる製剤があり、適切な使用方法の理解などが必要となる。

主な副作用や注意点

  • 使用部位(膣周囲)への症状
    • 刺激感、痒みなどがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

アデスタン

  • 通常、1週1回600mg(300mgを2錠)を膣深部に挿入する

オキナゾール

  • 規格による使用方法の違いに関して
    • 膣錠100mg:通常、1日1回1錠を膣深部に挿入し、6日間継続使用する
    • 膣錠600mg:通常、1週1回1錠を膣深部に挿入する

エンペシド

  • 通常、1日1回1錠を膣深部に挿入し、一般的に6日間継続使用する

フロリード

  • 通常、1日1回1錠を膣深部に挿入し、一般的には6日間継続使用で改善が得られるとされる(菌の再発出現防止には14日間投与することが望ましいとされる)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「無診察治療」を巡る訴訟、裁判所の判断は? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
  2. シャワーで頭痛発生!疑うべき疾患は? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  3. 感染性腸炎の問診を「昨夜、生ものを食べませんでし… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
  4. レッスン12◆異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  5. VTE患者が抗凝固療法を中止した場合の再発率 BMJ誌から
  6. 冠動脈造影CTは誰に実施すべきか? BMJ誌から
  7. 「志水太郎 vs AI診断」は志水氏の圧勝 診断エラー学のすすめ
  8. CEA上昇も再発・転移所見なし。どう解釈? AntaaQAピックアップ
  9. 医療崩壊を盾に勤務医を犠牲にするのか シリーズ◎医師の「働き方改革」
  10. 吉本興業と大学医局の共通点 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
医師と医学研究者におすすめの英文校正