日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

抗アレルギー薬(点鼻薬) 解説

こうあれるぎーやく(てんびやく)

抗アレルギー薬(点鼻薬)の解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • 鼻粘膜におけるアレルギー反応を抑えることで、くしゃみ、鼻水などのアレルギー症状を抑える薬
    • アレルギー性鼻炎は花粉などのアレルギーの原因となる物質により、鼻の粘膜でアレルギー反応が起き、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどが生じる
    • 体内のアレルギー反応を引き起こす物質にヒスタミンなどがある
    • 本剤はアレルギー反応を引き起こす物質を阻害することで抗アレルギー作用をあらわす
詳しい薬理作用

アレルギー性鼻炎は鼻の粘膜でアレルギー反応が起こり、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどが生じる。アレルギー反応が起こる原因は花粉やハウスダストなど様々である。

アレルギー反応はヒスタミンやロイコトリエンなどの体内のアレルギー反応を引き起こす物質が放出されることにより起こる。これらの物質が鼻の粘膜の炎症などを引き起こし、くしゃみや鼻水などの症状が生じる。

本剤は体内でアレルギーを引き起こすヒスタミンなどの物質の働きを抑えることで抗アレルギー作用をあらわしアレルギー性鼻炎の症状を改善する。本剤に使われる成分にはヒスタミンの受容体を阻害することで抗アレルギー作用をあらわす抗ヒスタミン薬(ケトチフェンやレボカバスチンなど)や免疫細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質(ケミカルメディエーター)の遊離を抑えることで抗アレルギー作用をあらわす薬(クロモグリク酸ナトリウム)などがある。

主な副作用や注意点
  • 鼻腔症状
    • 刺激感、乾燥感などがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状
    • 眠気、頭痛などがあらわれる場合がある
一般的な商品とその特徴
ザジテン
  • ケトチフェン製剤
  • 主に体内のヒスタミンや炎症を起こす化学物質の働きを抑えアレルギー反応を抑える
  • 点鼻薬以外の剤形に関して
    • 内服薬があり、アレルギー性鼻炎、喘息、皮膚疾患などで使用される
    • 点眼薬があり、主にアレルギー性結膜炎で使用される
リボスチン
  • レボカバスチン製剤
  • 主に体内のヒスタミンの働きを阻害し、アレルギー反応を抑える
  • 点鼻薬以外の剤形に関して
    • 点眼薬があり、主にアレルギー性結膜炎で使用される
インタール
  • クロモグリク酸ナトリウム製剤
  • 主に免疫細胞からの化学伝達物質の遊離を抑えることで抗アレルギー作用をあらわす
  • 点鼻薬以外の剤形に関して
    • 内服薬、吸入薬、点眼薬があり用途などに合わせた選択が可能

薬の種類一覧

抗アレルギー薬(点鼻薬)の医療用医薬品(処方薬)
外用薬:目・耳鼻用剤

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。