日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

白内障治療薬(点眼薬)解説

はくないしょうちりょうやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 眼の水晶体のタンパク質の変性を阻害し、水晶体が白く濁るのを抑え、白内障の進行を抑える薬
    • 白内障では眼のレンズ(水晶体)が白く濁ることで、景色が白く霞んだり、まぶしく感じるなどの症状があらわれる
    • 水晶体のタンパク質が変化(変性)することが白内障進行の原因の一つとされる
    • 本剤は水晶体のタンパク質変性を阻害する作用をあらわす

詳しい薬理作用

白内障は眼のレンズ(水晶体)が白く濁り、見えづらくなる病気で、景色が白く霞んだりまぶしく感じるなどの症状があらわれる。

白内障の治療は手術が中心となるが、症状が軽い場合には目薬で対応する場合もある。水晶体の水溶性タンパク質が変化(変性)することが白内障進行の原因の一つとされている。

白内障治療薬は水晶体のタンパク質変性を阻害することで、白内障の進行を遅らせる作用をあらわすとされている。

主な副作用や注意点

  • 眼など局所への副作用
    • 非常に稀だが、充血、痒み、刺激感などがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

カタリン カタリンK

  • 使用などに関しての注意
    • 「カタリンは錠剤」「カタリンKは顆粒剤」をそれぞれ溶解液に溶かしてから使用(点眼)する
    • 溶解後は光を避けて冷所で保存し、3週間以内に使用する

カリーユニ

  • 薬液が懸濁しているので、使用前によく振り混ぜてから点眼する

タチオン

  • タチオン点眼用の使用などに関する注意
    • 錠剤を溶解液に溶かしてから使用(点眼)する
    • 溶解後は光を避けて冷所で保存し、4週間以内に使用する

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「○○は否定できない」では患者は救われない 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《3》
  2. 経口薬処方だけで帰すと危険な「鋳型便秘」 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  3. “億ション”を買い、すぐギブアップした研修医 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  4. 今年の試験会場はどこ?失敗しないホテル選び 総合内科専門医試験 「一発合格」への道
  5. 事例に学ぶ診療所のキャッシュレス決済導入 診療所経営駆け込み寺
  6. 家族も親戚もいないと入院できないんですか? 記者の眼
  7. PCI後の抗血小板薬2剤併用は1カ月に短縮可能 JAMA誌から
  8. 「2191人の無給医」より驚いたこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  9. 「いざ投稿!」実際の論文投稿の流れはこうだ 市中病院からトップジャーナルを狙おう!
  10. SGLT2阻害薬の臨床試験が読者医師に強い印象 医師1000人に聞きました
医師と医学研究者におすすめの英文校正