日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

α1遮断薬(点眼薬) 解説

あるふぁわんしゃだんやく(てんがんやく)

α1遮断薬(点眼薬)の解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • 眼圧を上げる眼房水の排泄を促進し、眼圧を下げて緑内障の悪化を防ぐ薬
    • 緑内障では眼の圧力(眼圧)が高くなり、視野を狭くするなどにより目がみえづらくなる
    • 眼圧が高くなる要素に眼房水という体液があり、この体液の排泄にα1受容体というものが関わっている
    • 本剤はα1受容体を遮断し、眼房水の排泄を促進する作用をあらわす
詳しい薬理作用

緑内障は眼の中の圧力(眼圧)が高くなってしまうことで視神経にダメージが加わり、視野が狭くなるなどして目がみえづらくなる病気。

眼圧が高くなる要素として眼球を満たしている眼房水があり、この体液が多くなると眼圧が高くなり、緑内障が悪化する。α1受容体というものが眼房水の排泄に関与していて、この受容体を遮断すると眼房水の排泄が促進する。

本剤はα1受容体遮断作用により眼房水の排泄を促進させることで、眼圧を下げる作用をあらわす。

主な副作用や注意点
  • 眼など局所への副作用
    • 充血、刺激感、異物感などがあらわれる場合がある
一般的な商品とその特徴
デタントール
  • 通常、他の緑内障治療薬で効果が不十分な場合に使用される
  • 本剤(デタントール点眼液)の使用を禁止する全身疾患がなく、副作用も少ないとされる
  • 内服薬(デタントール錠、デタントールR錠)もあり、主に高血圧治療薬として使用される

薬の種類一覧

α1遮断薬(点眼薬)の医療用医薬品(処方薬)
外用薬:目・耳鼻用剤

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。